1週間に2度の骨拾いと、本日4か月半ぶりにクラブを握る。

20日が親父の葬式、27日が叔母(大阪)の葬式ということで、1週間に2度も親族の骨拾いしました。なんか疲れましたね。。。。で、気を取り直して、今日、去年の9月以来4ヶ月半ぶりにクラブを握り、ゴルフ練習場へ。これが今年初の練習であり、かなりスタートが遅いようだが、この10年間の練習スタート日を調べてみたら、2011年・2012年は両脚骨折のためスタートが遅いのは仕方ないとして、だいたい最近はこの時期なんで、ゴル... 続きを読む

ゴルフなミステリ小説 「陸橋殺人事件」

昨日の日曜日は雪で、葬式のドタバタで疲れていたので夫婦で家の中でのんびりしていたな。ただ葬儀の後始末も、まだまだ色々しないといけないことがたくさんあって大変なんだけどね、そろそろゴルフ本の書評コーナーの再開します。ただ今度は叔母が危篤。ワシらの親の世代がそろそろ危ない時期ですな。え~最近ゴルフなミステリーを取り上げることが多い気がしますが、この本は父の葬儀の前にamazonの中古で注文していた本なんで仕... 続きを読む

父の死と、不意の涙

休みだった16日(土)、友達のお父さんの通夜が夕方からあるので、午前中に何か月ぶりにゴルフの練習を始動しようかと思ってクラブを車に積んで出かける途中、携帯にオヤジの入所している施設から、「お父さんの具合がどうも悪いので来てください。」と連絡があった。以前このブログで書いたように、オヤジはもう1月いっぱいと医者からは宣告されていた。さっそく見舞いにかけつけてみると、確かに死期が迫っていて、ここ数日が... 続きを読む

ゴルフな漫画②「世紀末博狼伝サガ 4・5・6巻」

え~3日連続のアップになりますが、次はゴルフコミック(漫画)評です。というのも、ゴルフ本の書評ばっかり書いてると、自分で飽きてマンネリになるので,今回はゴルフ漫画評ですが、ただ今回のは本流ではない遊び的なアップだけどね。(笑)本流のゴルフコミック(漫画)史からしたらオマケのトピックス的なゴルフな漫画本が、 世紀末博狼伝サガ「賭けゴルフ編」第4巻~第6巻 1997年1月・5月・9月 集英社 ジャンプコミックス... 続きを読む

ゴルフなミステリ小説「ペテン師どもに乾杯」

珍しく続けて書いてるようだけど、オヤジの寿命が長くて今月いっぱいと医者から言われている。オヤジは自分の好きなように生きてきたし、もう十分長生きしたので問題はないが、ただ喪主になるワシの仕事が詰まっているので、段取りを考えておかないといけないわけで・・・・え~次のゴルフ本はネットで、ひょんなことからその存在を知った、36年前の古いゴルフ本の書評です。ペテン師どもに乾杯 (ハヤカワ文庫 NV 223) 文庫 ロビン... 続きを読む

ワシのゴルフ本書評の目指すところってというか、行きつく先は?

Web界では前人未到(自分で言ってりゃ世話ない、笑)のゴルフ本書評コーナーの600回を控え、このブログが目指すところっていうか、行きつく先はどこなんだろうか?とふと考えてみた。塵も積もれば山となるの例え通りに、「もうないわ、ダメだ。」とか何度もボヤキながら細々やってきたが、ワシは別にゴルフ本のコレクターではない、ただのゴルフブロガーという立ち位置で書いてる。ワシはブログ10年選手なんでわかるが、ブログで自... 続きを読む

イ・ボミ処女作「ゴルフ賞金女王 イ・ボミのおしえ」

早速、この週末3連休は休日出勤です。まだまだ全然クラブを握る気にならんけど、ワシのゴルフの始動はいつになるやら?(笑)え~次は、2015年日本女子ツアー7勝で約2億3千万円と男女通じての史上最高獲得額を叩き出して賞金女王になった、、ゴルフ界で人気・実力ともずば抜けた存在のイ・ボミ(27)が初めて書いたゴルフ本の書評です。イ・ボミが処女かどうかは知らないが、処女作であり旬な本であり、そしてオジサン好みの... 続きを読む

藤田寛之プロの「全力中年 遅咲きの花が咲き続ける理由」

今年の正月休みは何年かぶりに1日も休日出勤がない平穏な、いやヒマ過ぎな休みだった。まぁたいしたことやってないけど、正月恒例同級生との麻雀大会は久々に優勝したな。年末年始にこのブログは更新していなかったけど、意外にアクセスはありましたな。(笑)え~仕事なんかしたくなけど、暇すぎるのも困るし、新年第1発目の投稿はゴルフ本の書評コーナーです。全力中年 遅咲きの花が咲き続ける理由 (朝日新書) 藤田寛之 (著) ... 続きを読む