今日は仕事だったので見に行けなかったが、
ワシの地元岡山県の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブで開催された、
国内女子ステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」での期待の香妻琴乃プロ初優勝はならなかったな。

ワシはタダ券を持っていたので行きたかったが、仕事のため断念。

昨日の初日にトップに立ち今朝の地元紙でもこんなに大きく載って期待していたのだが、

sanyou

期待の美人ルーキー香妻琴乃は最終日78と崩れトータル3オーバー15位タイに終わったな。
そして彼女の非公認応援ブログでありワシも応援している新井麻衣は96Tと残念な結果に。



え~ゴルフコミックを探し求めて、ついにレディースコミックまで読んでしもた。(笑)

オッサンには禁断のレディースコミックなんで、
何も事前知識ありましぇ~んで読んだ「くさか里樹」のゴルフコミック評。

あたしが伝説
あたしが伝説 小学館 (1999/09)  平成12年Judyオリジナル連載 全4巻

<内容>
「就職活動も彼との仲もうまくいかない黄金澤朝(こがねざわあした)。そんな彼女がゴルフバックを偶然手に入れ、その中のクラブを振った時人生に新たな光が…。」


この本には最初に作者からのメッセージとしてゴルフをやったこともなければ、
観に行ったこともないのにゴルフ漫画を描くことになったとの言い訳?がありました。(笑)

そのためか?女性誌のためか?ゴルフシーンが少なかったが、4巻も続いたのでなかなか読ませます。

今まで女流漫画家によるゴルフ漫画としては故中尊寺ゆつ子さんぐらいしか記憶がないが、
中尊寺ゆつ子さんのオヤジギャルが流行ったのが1990年頃で、くさか里樹作品が1999年。

その後にあったかな?
あっ、単行本ではないが、楽天GORAのもとみやあゆみ「ゴルフ煮っころがし」があったな。


肝心の内容は、まず登場人物は、

主人公は黄金澤朝(こがねざわ・あした)20歳の女性で身長なんと186cm。

そして彼女のコーチになる名倉真澄は23歳で元天才プロゴルファーだったが、
ボール右側頭部直撃事故でプロゴルファーを引退しコーチとして朝の才能を見出す。

朝が恋心を寄せる五月緑は35歳でゴルフ場の研修生で4回プロテスト不合格。
朝が入社するゴルフ場のオーナーが和歌山美枝子で大学時代五月と恋人同士で今は名倉真澄と恋人。

ゴルフなんて大嫌いだったが、7番アイアン1本で初ラウンドが前半105、後半46。
段々とゴルフの魅力にとりつかれ、そしてプロトーナメントに推薦で出場、伝説となるコミック。

レディースコミックですので基本は登場人物4人の愛憎の人間関係ですな。

感想書いてる人が少ないのはやはりレディースコミックにゴルフは少数派のせいかな?




蛇足だが、

ほとんどいないけど、女性で180cmを超える身長だったら、アップライトに打ててゴルフに非常に有利なことは確か。

そこで昨年、バレーボール女子代表だった187cmの宝来麻紀子が、
プロゴルファーを目指したが今年6月首の痛み・頭痛⇒手の痺れで転向断念。
hourai

また身長は170cmだったが元プロレスラー・ブル中野も引退後プロゴルファーを目指すが断念。

やはりいくら一流アスリートでも10代にゴルフを始めなきゃ難しいですな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)