超トップアスリートたちの小学生時代の作文を読んでトップアスリートになる条件を考えてみる。


「将来の自分」 石川遼

二年後・・・中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後・・・中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後・・・高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後・・・高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。
八年後・・・二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝

これを、目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。
それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。
でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。
みんなが一生懸命練習しているなら、ぼくはその二倍、一生懸命やらないとだめです。
ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば・・・」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。
来年には、埼玉の東京GCで行われる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。
今は優勝とか関係ありません。中学になってからそういうことにこだわろうと思います。
高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。
その試合で世界から注目される選手になりたいです。
ぼくは勝てない試合には今は出ません。
ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

遼くん作文


「僕の夢」 イチロー

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。
僕は三才の時から練習を始めています。
三才から七才では半年くらいやっていましたが、三年生の時から今までは三百六十五日中三百六十日は激しい練習をやっています。

だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。
そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。
ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。 僕が自信のあるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。
そして、ほとんどの投手を見てきましたが自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会四試合のうちホームラン三本を打てました。
そして、全体を通した打率は五割八分三厘でした。 このように自分でも納得のいく成績でした。

そして、僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。
だから、この調子でこれからもがんばります。
そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、
お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。
とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。

イチロー


「将来の夢」 本田圭佑

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

honda



「最後に残した三十六・三」 北島康介

北島


この超一流アスリートの小学生時代の作文を読んで「夢」の明確で具体的なことを賞賛しますが、しかし下の調査を見ると子供は想像力が無限でそんなに超一流アスリートだけに限定した夢でもないことがわかる。

小学生1

小学生2


これらを見ると意思の力もさることながら、夢を信じて愚鈍にも似た継続する力の方がすごいと思います。

そして親の力ですかね。


「遼くんのお父さん勝美さんは強面ですが、自分の子供の夢をかなえるために、サラリーマンの自分の給料ではやっていけないので、自分はゴルフをスパッと止め、子供用クラブをモニター支給してもらえるように各ゴルフメーカーにお願いして回った。そこで唯一協力してくれたのがヨネックス。」

それが優勝してからの契約争いは他社より安かったがヨネックスクラブ契約での決め手になったわけだ。


そしてインタビューでも、

「僕も家内も決して運動が得意とかそういうことはなくて、まあ「そこそこ」普通でしたね。遼も足はそんなに速くはない…普通です。反射神経も決していいわけではなく、どちらかというと鈍いほう。鈍いからゴルフも他の子に比べて上達が遅い。遅いからいっぱいやらないと追いつかない。」

「小学校2年生くらいの時から、ボールを打つ目が違っていましたね。集中力というか、我を忘れてというか、スクールへ行った時なんか誰よりもいちばん長く、最後まで打っている。ある時は終わりだと言われても、「あ、もう終わりなんですか?」くらいの感じで。」

「特別な教育をしてきたわけではないのですが、彼が「自分はこれをやりたい」という目標を口にしたとき、一生懸命やるなら、お父さんとお母さんは応援するよ、と。ただ、馬鹿げた目標なんで外には言えませんでししたが。
 小学校4年生でマスターズに勝ちたいと(笑)。馬鹿げているでしょう(笑)その夢があまりにも大きすぎて世間にはいえない。親しか認めてやれないんです。だからそういう部分では、彼も私たち両親や家族の期待とか応援とかいうものに、非常に感謝していると思うんです。」

「高校1年生のときに、ゴルフの試合に勝ってしまったのが想定外だったですし、その翌年にプロに転向して1億円プレーヤー、これも想定外。最初はボロボロだと思っていましたから。箸にも棒にもかからないはずだったのに、3年目が賞金王…。それまでずっと25歳までは使いものにならないと思っていた。まあ、想像するのはもうよそう、予想するのはよそうと(笑)。そういう感じになりました。 ただ、僕がいちばん注意しているのは、努力を続けることです。結果は、これはもうしょうがない。去年より努力したということであれば、結果がどうであれ、いつか必ず芽が出るわけです。ただ、努力しなかったら、いつか必ずしっぺ返しがくるわけです。それは僕が見ていてもわかります。うまい下手っていうのはあまりよくわからないんですけど、一生懸命やっているというのはわかります。」とある。



またイチローの父チチローさんも子供の夢を信じて自分を犠牲にして喜びを見出した人だな。

有名なエピソードだが、

「イチローのプロ野球の選手になるという夢をかなえるため連日放課後になるとキャッチボールの相手をし、イチローが野球が疲れた時にには、イチローの足を延々朝になるぐらいまでずっとマッサージした。そして中学の野球部時代3年間毎日イチローの練習姿を見守ったというチチローの愛情。」

石川遼とイチロー以外には親に触れていないが、これらを見ると、

超トップアスリートに必要なものは、当然の「実力」・「努力」以外に

「夢を信じる力」、「自分を信じる力」
「子供の夢を信じ共有出来る親」、もちろん「強運」
 そして「諦めの悪さ」だな。


またインテルの長友佑都いわく「絶対に諦めなかったから、今の自分がある」

「2005年、明治大学サッカー部入部直後に椎間板ヘルニアを発症し、試合に出場できずスタンドで応援する日々が続いた。この時期、サッカーができないストレスでパチンコなど遊興に溺れた日々もあったが、実姉や大学の同窓生の叱咤激励もあってこれを乗り越えることができた。」と語っている。

小学生から中学・高校と進み、段々冷静に周りが見えても自信は崩れず諦めの悪く愚鈍に見えるほど努力をすることだな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

お褒めの言葉、どうもありがとうございました。

URL | dell92 ID:-

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

URL | 履歴書の封筒 ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)