これから仕事でパーティに出かけますので、その前に書いておきます。


11/09のNEWSポストセブンによると

「上杉隆・モテゴルフ10箇条に「彼女のバンカー跡をならせ」等」

「ゴルフ女子が増えたいま、男性ゴルファーたちのひそかな夢は、女性とゴルフに行き、「カッコイイ」と思わせること。そこでスコア70台を誇る「ゴルフジャーナリスト」の上杉隆氏が、モテるゴルフの10箇条を伝授する。」

uesugi

「みんな誤解しているけど、かっこいいゴルフというのは、無理してかっこつけるゴルフではないんです。むしろマナーやルールに忠実な正しいゴルフをすることが、必然的にかっこいいゴルフになるんです」

そういうと上杉氏は、ゴルフバッグにいつも入れているというルールブックを取り出した。

「世界共通のルールでは、スコアの過大申告がノーペナで申告通りになるのに比べ、過少申告の場合は即失格になる。プロであれば後に厳重な罰則が加えられます。まず自分に有利なことはしないというゴルフの基本原則を理解することが、かっこいいゴルフの第一歩。たとえばドロップする場合も、確実にホールから遠ざける位置に置けば間違いない。こういうさりげないところに、案外女性は気づくかもしれません」

上手くなるより先に、やることがある。以下の10箇条は、ゴルフデートの「絶対ルール」と心得てほしい。

【1】1歩1ヤードを意識せよ
【2】ラインの真後ろに立ってはいけない
【3】クラブは2~3本持ち歩け
【4】ルールブックを携帯せよ
【5】気づいたら即、目土せよ
【6】バンカーだけは大叩きするな
【7】彼女のバンカー跡をならせ
【8】パッティングラインは中腰で読め
【9】グリーンマーカーで差をつけろ
【10】カップのボールは離れて取れ
  ※週刊ポスト2011年11月18日号


これは週刊ポストというオッサン御用達の雑誌の載ってる軽い雑文の類だが、
上杉さん、これは当然すぎる基本中の基本のマナーでしょう?
ポスト読者層に合わない若手ゴルファー対象のような内容と思われますが。(笑)


そこでワシの思うモテゴルフ5箇条は

1.コース選定  
  オシャレでセンスの良く食事の上手いフラットなコース選び    
      山岳コースや河川敷や池やバンカーの多いコースなんて絶対ダメです。(笑)

2.彼女より早く彼女のボールのところに行き
  打ちにくい場所だったら良いところに蹴り出すぐらいの気配り


3.ユーモアのある会話

4.褒めまくる

5.当然ラウンド代や食事代はオゴリで送り迎え

そして基本の最低限マナーは80台でまわる技術の習得済に尽きるな。

100叩きだと彼女の面倒を見るほど余裕もなく、大叩きして感情のコントロールが出来ないだろうしね。


ワシはオッサンだからデートというより熟女さんとツーサムでラウンドしたいなぁ。
あくまで願望だけどね。(笑)
  



上杉さんの書いたものではGDOのJr.ドン・ヴァン ナッタ「大統領のゴルフ」にならった「首相のゴルフ」が少し面白いかな?

Style Top > GOETHE×GDO > ジャーナリスト上杉隆が描く、政治家とゴルフ

首相のゴルフ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)