このブログはゴルフ本書評やゴルフコミック(漫画)評、ゴルフ映画評、長尺パターなどをゴルフ中心(約75%)に書いて、残りの25%が日記などを書いている。

しかし、アクセスはゴルフ以外のその25%の記事に集中してアクセスが40%を超えるのが現状。

熟女の水沢アキ、高岡早紀、美熟女山田佳子などのゴルフに関係ない熟女から、
中島恵利華や生駒佳与子など熟女プロゴルファーそして巨乳ゴルファーでのアクセスが多いわ。

しかし最近真面目な記事が多いのはワシのチ●コレーダーに反応する話題がないんだな。
 (悲しいことにフニャチン気味でもあるがw)



え~、上記のことを踏まえて、予約投稿ですが(現在宴会中)

ワシは2年前に「やっぱり高岡早紀がええわ♪」
1年半前の「高岡早紀が妊娠&再婚かぁ・・・・」でも書いたが彼女のファンです。(笑)、

sakitakaoka



まっ少し時間が経って(勃ってはいないw)少し古い話だが、

「高岡早紀に、なんと!AV出演の噂が流れている。
“平成のスキャンダル女王”の異名通り、数々の浮名を流した高岡。」

妖艶な魅力でドラマや舞台で活躍中の女優・高岡早紀(39)にAVメーカーから1億円で オファーがきているとの情報が浮上していた話があった。

takaoka


高岡早紀は昨年9月未婚のまま第3子を出産し、現在第3子の父親である実業家A氏と事実婚の関係にあるが、12月9日号「週刊朝日」でそのA氏が多額の借金を抱えたまま行方をくらましたと報じてられていた。

(以下引用)

「不動産業を中心に展開しているとされるA氏は、具体的な仕事内容は謎に包まれている。

 だが、決め手となった口説き文句が「芸能界の仕事を辞めても全部面倒を見る」という言葉だったと伝えられており、かなり金回りのいい人物だと見られていた。離婚や出産を経験して金銭感覚がシビアになった高岡が、経済的に頼りがいのあるA氏に惚れたのは自然な流れだろう。

 ところがだ。同誌によると、A氏は複数の人物や企業から借金をしていたが、返済期日が迫った今秋に突如姿を消し、電話もつながらない状態になったようだ。

 金を貸したうちの一人の知人によると、A氏は「妻が保阪に支払う慰謝料が必要だから」と数千万円を借り、その時は数カ月で返済したという。だが、今度は「妻の母親が代表を務める会社が芸能活動などに使うから」と借金を頼み、3千万円を借りたまま姿を消してしまったという。

 また、A氏に金を出したある企業は、出資の際に虚偽の説明をされたとして「詐欺的だ」と断じ、A氏と高岡の母親に内容証明を送ったと証言しており、金が戻らなければ訴訟を起こすと息巻いている。
高岡の母親は美容効果があるという水を会社で販売しており、高岡を広告塔に使っている。経営は決して順風満帆とはいえないものの、家に高級車を3台所有していたが、そのうち2台はA氏の借金のカタに取られてしまったという。
 さらに、A氏は暴走族上がりのグループに出資話を持ち掛けて数千万円を出させていたようだ。だが、それも踏み倒しているらしく、激怒したグループがA氏を探しまわっているという。

 「A氏は残った資金を元に、新ビジネスで再起を目指しているそうですが、居場所が分かると元手になる資金をすべて返済に充てなくてはならないため、行方をくらましたようです。今回の件は『借金』と見るか『出資』と見るかで、詐欺かどうかの判断が分かれますが、いずれにせよ、再起が厳しいのは間違いない。A氏が表に出てこなければ、債権者が高岡の母親を訴える可能性もあります。高岡はA氏と連絡は取っているようですが、彼女は今の状況を分かっていないのか、A氏を信頼しているのか、離れていながらも着替えを送るなどして世話を焼いているそうです。」(週刊誌記者)

 A氏の周辺にはキナ臭い話が以前から流れており、今回の騒動は高岡家も被害者だと見る向きがある。数々の男たちを手玉に取って"魔性の女"と呼ばれていた高岡だが、今回ばかりはA氏の方が一枚上手だったようだ。」(引用 メンズサイゾー)」



その後の話に進展があって週刊朝日2012年3月2日号で、
「愛知県警、高岡早紀(39)に任意の事情聴取を行う…
高岡の“内縁の夫”をめぐって噴出する疑惑の解明に動く」
との情報

(以下引用)

 "内縁の夫"をめぐって噴出する疑惑の解明に向け、ついに愛知県警が高岡早紀(39)への事情聴取に踏み切った。 高岡本人が「容疑者」ではないものの、その伴侶が方々で集めたお金の行方を追った。

 2月10日(金)午後10時40分ごろ。高岡が任意の事情聴取を受けるとの情報を頼りに、横浜市内の高層ビルを
張り込んでいた記者の前に、ホンモノの高岡が現れた。
 その数分前には、3人の刑事がくたびれた様子で出ていったのだが、母親と兄らしき男女に付き添われた高岡は、飄々としていて疲れた様子を微塵も見せない。

 高岡の周辺者が明かす。
 「この日は愛知県警の捜査員が出向いてきて、弁護士同席のもと、高層ビルの一室で任意の事情聴取をした。
ドラマロケの合間を縫い、3時間の予定が4時間余りにも及んだが、高岡サイドは自身の"潔白"を主張したそうです」

 警察が捜査に乗り出す理由は、高岡の"内縁の夫"として知られるX氏(44)が方々から多額の金を集めたまま姿を消してしまったからだ。

 高岡がドラマ共演をきっかけに保阪尚希(44)と結婚したのは1996年のこと。2男に恵まれたものの、布袋寅泰(50)との"不倫チュー"などがきっかけで2004年に離婚した。その後も歌舞伎役者の中村獅童(39)や市川海老蔵(34)らと浮名を流したが、X氏とパーティーで知り合って間もなく、一昨年9月に第3子となる女児を出産した。籍こそ入れなかったが、かつて保阪と暮らした都心の戸建てにX氏を迎え入れて同居していた。

 X氏が少なくとも5人の知人からそれぞれ数千万円単位のお金を出させたまま、昨秋から姿を消して連絡がつかない ことは「週刊朝日」2011年12月9日号で表沙汰になった。

 X氏は取材に対して、「トラブルはすべて和解して解決した。妻とも円満にやっている」と話していたが、その後、愛知県在住の被害者がX氏に対する被害届を提出したことで、県警の捜査員が1月中旬から関係者への聴取に乗り出したのだ。

 だが、"疑惑"の対象はX氏のみにとどまらない。
 たとえば、2千数百万をだまし取られたと訴える福岡県在住の会社社長は、X氏ではなく高岡の母親が社長を務めるバニラポット社を相手取って損害賠償請求の訴訟を東京地裁に起こしている。

 会社社長の知人が語る。
 「この会社社長はほかに被害者がいることも知らずに、"水"への出資を求められた。Xに早紀ちゃんと引き合わされ、手続きの段には早紀ちゃんの母親も同席したそうで、それで信用してしまったそうです」

 この"水"は、バニラポット社が高岡を広告塔にして宣伝・販売する「プラチナ入りの水」のことで、X氏が発案し、周囲から資金を集めて昨年7月に販売を始めたが、これもトラブルのもととなっている。

 事業に携わった関係者が、こう証言する。
 「4千万円を出したという別の会社社長もいます。彼も、Xに早紀ちゃんと引き合わされて『高岡を使って媒体に出す。ミヤネ屋やスッキリ!!でPRさせる』とアピールされた。早紀ちゃんの母親も同席して契約の手続きをしたが、実際にはメディア露出はほとんどナシ。今も数十万本の在庫を抱え、販売を担うバニラポット社は事務所や倉庫の賃料を払わず、会社社長に渡すはずの売り上げも振り込んでいないそうです。」 とのこと。

※週刊朝日 2012年3月2日号.、引用「アルファルファモザイク」



これは脱ぐ脱がないどころの話ではなく、
彼女の身辺があわただしくなってきましたねぇ。

AV出演の噂には、高岡早紀はNHK出演中であり、離婚後もオールヌード映画やTVに主演したが乳首等は見せず、また子供達が思春期や幼児であり映像の残るAV出演はないと思っていましたが、

それどころではない話になってきたようですな。





まっ、AV出演は事件になるかも知れないのでなくなったとして、
気楽な本題の話に戻り、

出産後の写真

sakitakaoka

この画像を見る限り、水沢アキの例を持ち出しまでもなく、子供を3人も産み若い時の張りをなくし、かつての巨乳がしぼんだ可能性がありますな。

アイドルとしてデビューし1994年22歳で映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」で巨乳を披露し、1995年23歳で篠山紀信の写真集「one、two、three」でヘアヌード、1996年保阪尚希結婚、2004年離婚、色々な浮名流し「平成のスキャンダル女王」との呼ばれ、2010年未婚のまま実業家A氏と事実婚&出産という波乱の人生。

そして今回の騒動。。。。

彼女は離婚直後の2005年「female フィーメイル「夜の舌先」でも
2007年日本テレビ「愛の流刑地」でも濃厚な濡れ場を演じたが、残念ながら乳首露出なし。(笑)








ただワシは2007年TBS系の「肩ごしの恋人」の室野るり子役がベスト演技だと思うな。

 この作品は全然脱いでないけどね。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)