また泣けたゴルフコミック(漫画)がある。

いや何度読んでも泣けるゴルフコミック(漫画)がある。



オッサンになって涙もろくなったこともあるが、
ゴルフと人生を描いたこの2作品を読むといつも涙が出る。

さっき仕事に疲れたんで、会社のデスクの下に置いてある箱から
久々に、何度も読んではいるが、この2冊を手にして読んで、また泣けた。

会社の者に涙を流していることがばれないようにしているが、ね。(笑)



それはどちらも高橋三千綱作品

フェアウェイに見る夢 (GSコミックス)フェアウェイに見る夢 (GSコミックス)
(2005/02/25)
高橋 三千綱、里見 桂 他

商品詳細を見る


オン ザ ティ (ヤングチャンピオンコミックス)オン ザ ティ (ヤングチャンピオンコミックス)
(1994/09)
高橋 三千綱

商品詳細を見る


作品的にも内容的にも「フェアウェイに見る夢」の方が「オン ザ ティ」より上だと思うが、両方泣けますね。

両方とも少しお涙頂戴的な要素も強いし昭和の匂いも好き嫌いが分かれるが、ゴルフ好きな中年には良いと思いますね。

ただ「オン ザ ティ」は本宮ひろ志の個性が強すぎるのが少しだけマイナスポイントですな。

え~、当然どちらも原作小説は読んでますが、漫画の良さは独特で。





もう一つ何回見てもカウパー腺液が出るのが(笑)、

バーディバディGO!! (アクションコミックス(アクションピザッツ))バーディバディGO!! (アクションコミックス(アクションピザッツ))
(2011/10/12)
尾崎 晶

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)