今日から新年度スタート。
ということなので朝ミーティングでそれなりのお話をする。

しかし新年度が始まったばかりなので昨年度後半のような数字のプレッシャーはまだまだ希薄でのんびりムードだな。

今日は黄砂で空が霞んでいた。
そしてゴルフのスコアも最近かすみっ放し。
まっボチボチ行きますわ。(笑)





今日の映画は、

隠された記憶 隠された記憶
ダニエル・オートゥイユ (2006/10/06)
タキコーポレーション

この商品の詳細を見る


以前から書いてるように別にマイナーな映画を選んで観ているわけではない。ただ観たいDVDがあまりなくていつもこんな映画になる。
最近レンタルショップでDVDを選ぶ時間が非常に長くなってしまった。

この映画は衝撃のラスト?って言われてるけど、実際私は1回目はそれを見逃してしまったな。(笑)

このラストが象徴しているように、一言で言えば数々の謎が解明されないし観客の考え方でどのようにでも解釈できる映画ですな。

カンヌ映画祭で監督賞獲得した映画だから、冒頭からラストまで何度も続く固定カメラの長回しの多用(これは他に撮影者がいるということ)も面白いが、誰もが抱える忘れたい罪の記憶をテーマの最後まで「隠された」謎解きになんとなく落ち着かなく消化不良が残ります。

それはともかく「イングリッシュ・ペイシェント」「ショコラ」のジュリエット・ビノシュがキレイですな。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)