え~書いてませんけど、奥さんは17日の日曜日に退院しました。
短い独身生活だったな。


うむ、明後日のラウンドに備えて今日か明日練習しとこうかなぁ・・?



次のゴルフ本は、
最近ゴルフの技術的な本の書評が続いて堅苦しかったので軽めのゴルフミステリーです。

少し今月は書評のペースが少し速いかな?セーブしようかな?(笑)

悪夢の優勝カップ プロゴルファー リーの事件スコア 2 (プロゴルファー リーの事件スコア) (集英社文庫)悪夢の優勝カップ プロゴルファー リーの事件スコア 2 (プロゴルファー リーの事件スコア) (集英社文庫)
(2012/01/20)
アーロン&シャーロット・エルキンズ

商品詳細を見る
集英社刊 2012年1月

<内容>
「賞金ランキング98位。ジリ貧生活を送る女子プロゴルファー、リー・オフステッドに信じられないことが起きていた。放つショットは全て理想的な弾道を描き、ツアー初優勝も見えてきた!と、その時。コース内で倒れていた男を助けようとしたばかりに初優勝は夢と消え、続いて発生した毒殺事件に巻き込まれ…。試合の陰で、一体何が起きているの?ゴルフ中継の裏事情も垣間見える、好評シリーズ第2弾。」

<著者略歴>
「エルキンズ,アーロン
ミステリー作家。日本でも馴染み深い“スケルトン探偵”シリーズの『古い骨』でエドガー賞を受賞。この他、美術館学芸員クリス・ノーグレンのシリーズなど邦訳多数。妻シャーロットとの共著“Nice Gorilla”はアガサ賞を受賞。米国ワシントン州在住。

 エルキンズ,シャーロット
教師や司書として働いた後、作家に転向。エミリー・スペンサーの名でロマンス小説を発表している。夫アーロンとの共著“Nice Gorilla”はアガサ賞を受賞。米国ワシントン州在住。」


この本は以前読んだプロゴルファーリーシリーズの第2弾になります。

怪しいスライス プロゴルファー リーの事件スコア 1 (プロゴルファー リーの事件スコア) (集英社文庫)怪しいスライス プロゴルファー リーの事件スコア 1 (プロゴルファー リーの事件スコア) (集英社文庫)
(2011/09/16)
アーロン&シャーロット・エルキンズ

商品詳細を見る


ワシの書評はこちらです。

このシリーズは第5弾まであり2013年1月まで順次出版中ですな。
集英社としては力の入った企画でこの本の帯にはPR会社の女性達のお勧めコメントが入っています。

しかしねぇ、ワシはわからんけど女性が海外ミステリー、しかもゴルフって読む?
かなり狭い層を狙っているような気がしますね。(笑)

まっ、東野圭吾など人気作家がゴルフミステリー書けば売れるでしょうが。

内容的には第1作に続きゴルフライトミステリーですな。


主人公ラビットのリーが大会初日にコースレコードを出して初めてトップにたったのに、事情があってゴルフ肘に・・・・・まっミステリーはあまりスジを書いちゃいけないのでこれくらいにします。

原題は「Rotten Lies」なので日本版タイトルがあまり内容にくらべ良くないな。

今回はゴルフ中継のTV業界の裏側も数多く出てくるのでなかなか面白いですが、ただ1作に比べ犯人も犯行動機もアレッ??っていうオチなんでミステリーの完成度は第1作に劣りますね。

この作品は女性がメインターゲットらしくレディースコミック風の表紙であり、今回は恋人のグレアムとの仕事と恋愛の悩みとかロマンス小説の要素もありますね。

また以外に気付きにくいが20年前の作品なのでメタルやチタンヘッドみたいな古い言葉も出てきます。

え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★★です。(満点は★五つ)


そういえば最近は評価が普通のゴルフ本ばかりですな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「悪夢の優勝カップ プロゴルファー リーの事件スコア 2」 】

え~書いてませんけど、奥さんは17日の日曜日に退院しました。短い独身生活だったな。うむ、明後日のラウンドに備えて今日か明日練習しとこうかなぁ・・?次のゴルフ本は、最近ゴルフの技術的な本の書評が続いて堅苦しかったので軽めのゴルフミステリーです。少し今月は...
  1. 2012/06/27(水) 02:32:46 |
  2. まとめwoネタ速neo