あー!せっかく7Wを買ったのに練習する暇がない。
明日明後日の土日も休日出勤だす。


「書店員や漫画ファンらが昨年1年間で最も薦めたい作品を選ぶ「マンガ大賞2013」は3月21日、吉田秋生さんの「海街 diary」に決まった。
 舞台は神奈川県鎌倉市。祖母が残した家で生活する3姉妹のもとに、亡くなった父親の異母妹がやって来る。海の街で暮らす人々が織りなす絆の物語。「月刊フラワーズ」(小学館)に連載中で、コミックスは5巻を刊行している。」


しかしなぁ、
オッサンが少女マンガ読むわけねえだろ!そんな漫画知らんわ。
候補作10作品中でワシが唯一読んでいる『テラフォーマーズ』(原作:貴家悠 作画:橘賢一)は9位か・・・

ワシはこの漫画は4巻まで持ってるし、連載も読んでる。



ゴルフコミックを探して早〇年、
まだ読んでない古いゴルフコミックをわざわざ中古で買うのも躊躇していたのだが、
たまたま入ったお好み焼き屋さんの古い漫画本棚に未読作品がありました。


それは、
みどり
みどり 1 (SPコミックス)
作/山崎匡佑 週刊リイドコミック 全5巻 1991~1992年 

ゴルフ部の高校2年春野みどりがアマ推薦でリイドクラシックトーナメントに出場する。
そこで涂 阿玉、平瀬 真由美、ローラ・デービース、吉川なよこなど当時の有名プロとまわり、そして最終日は最終組で岡本綾子、小林浩美と優勝争いをして2位タイになる。

ドラコンで297y飛ばしたり、研修生となってプロテストトップ通過で、
全米女子オープンなどの世界を目指す前向きのゴルフ漫画でしたな。

感想はまずまずですが、この当時はトッププロが実名で登場したりして肖像権関係ない時代でしたな。(笑)


しかし、どこかで見た主人公だと思えば、
作者 山崎匡佑が本名 山崎享祐でアルバトロス・ビューに連載していた

「明日があるぞ!かぐや姫」と一緒?の主人公みたいです。
かぐや
作/小池一夫、画/山崎享祐 1987年~1988年 スタジオシップ 全2巻


どうも「かぐや姫」のキャラを使用して、また別のゴルフコミックを書いたみたいな感じですな。

また、その後に本名山崎享祐の作者名で
アクションコミックス「あっち向いて!PAR」全3巻 1989年もある。(これは未読)
アッチ
昔は「青木功 ゴルフ五輪書」(日本文芸社)など書いてたみたいなので、どうも「明日があるぞ!かぐや姫」でゴルフ漫画家として認識されたので柳の下に二匹目のどじょうで書いてたみたいな気がしますな。


それからそのお好み焼き屋さんの薄汚れた漫画本棚を探していると、もう一つ古いゴルフコミックを発見!(笑)

それは、むつ利之「BIG」(ミスターマガジンKC)
BIG

「名門!第三野球部」でおなじみのむつ利之作品で、
むつ利之は月刊少年マガジン2002年8月号から2003年8月号連載で全4巻の
「Great shot(グレートショット)」 画/むつ 利之、作/桑沢 篤夫もありますね。

で、この「BIG]は「ミスターマガジン1991年No.1~No.11連載。全1巻。

何をやっても長続きしない北沢栄吉が主人公。
母親がキャディをやってるゴルフ場の研修生となり、一流プロになって金儲けを目指す。

性格は前向きで豪快で300y以上飛ばし、研修生同士の1クラブマッチとか佐山三兄弟の秘蔵っ子桧山とのTVマッチの流れの中で、ゴルフが好きなことを知り最後まであきらめないことの大切さを知る。最後のページは全英オープン最終ホールプレーオフになるパットを入れるシーンで終わる。

まっ昔のゴルフコミックでなんということはない漫画です。



ちなみにこのお好み焼き屋さんにはなんとあの名作ゴルフコミック「青空しょって」もあった。

まっ全部手あかで薄汚れてましたけど、こんなゴルフコミックばかり置いててマスターはゴルフ好きかもしれない。
青空

ただこの店の漫画本は最近15年以内の漫画が全然ない、昔の漫画ばっか!
ある意味すごい店です。(笑)

しかしこのお好み焼き屋さんは結構繁盛してるんだけどね。
漫画本を入れ替えることは全然頭にないみたいです。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)