土日がトラブル処理で朝から夜までバタバタしグッタリしていた今朝、嬉しいニュースが!


「井戸木鴻樹が快挙を達成!逆転で米シニアメジャータイトルを獲得!」
ゴルフ情報ALBA.Net 5月27日(月)8時39分配信

ワシはサンテレビの「原田伸郎のめざせパーゴルフⅢ」を見てるので純粋に嬉しい。
職人のような目立たないプロなんで、こんなメジャータイトルをとるとはびっくりしてます。

idokijpg.jpg

<全米シニアプロ選手権 最終日◇26日◇ベリーブCC(6,959ヤード・パー71)>

 米国シニアメジャー初戦「全米シニアプロ選手権」の最終日。6バーディノーボギーの“65”をマークした井戸木鴻樹が日本人初の快挙となる米国シニアツアーのメジャータイトルを獲得した。

 井戸木は前半から4つのバーディを奪い首位をいくケニー・ペリー(米国)を猛追。ペリーが中盤に4ボギーを叩いたのに対し、井戸木は後半も2つバーディを奪い逆転。結果2位に2打差をつけ、米国シニア初優勝をメジャータイトルで飾った。

 1打差の2位タイにはケニー・ペリーとジェイ・ハース(米国)、さらに1打差の単独4位にはマーク・オメーラ(米国)が入った。

 井戸木と同じく米国シニアのメジャータイトルを目指した室田淳は最終日“67”をマークして単独5位。尾崎直道は予選ラウンドに3オーバーと出遅れたが、決勝ラウンドで巻き返しトータル3アンダー19位で4日間の競技を終えた。


【最終結果】
1位:井戸木鴻樹(-11)
2位T:ケニー・ペリー(-9)
2位T:ジェイ・ハース(-9)
4位:マーク・オメーラ(-8)
5位:室田淳(-7)
6位T:ジム・ルトレッジ(-6)
6位T:カーク・トリプレット(-6)
6位T:ダフィ・ウォルドルフ(-6)
6位T:ラス・コクラン(-6)
6位T:ロッド・スピットル(-6)

19位:尾崎直道(-3) <ゴルフ情報ALBA.Net>


[井戸木鴻樹のプロフィール]
所属先 小野東洋GC
ツアー通算 2勝
身長 167cm
体重 62kg
血液型 A型
生年月日 1961年11月02日
出身地 大阪府
出身校 茨木市立豊川中学
ゴルフ歴 10歳~
プロ転向 1982年
得意クラブ 1W
趣味 オオクワガタのブリーダー 車


[バイオグラフィー]
プロ入りから約8年はランキングが上がらず苦節の日々を送ったが、1990年の「関西プロ」で初優勝。その後は、コンスタントに成績を残しシードをキープ。1996年、1999年にはシードを逃したものの、不調の原因がはっきりしていたため翌年には復活を果たした。2003年は出場権のある試合すべてに参戦する皆勤賞を達成したが、2004年は賞金ランキング63位とやや低迷。2005年も「サントリーオープン」の6位タイが最高位と本来の力から見ると不本意な形で終わった。ところが2006年に入ると「ブリヂストンオープン」で3位タイになるなど活躍し、シード権を手中に収めている。

関西方面以外の人はあまり知らないと思うので、井戸木プロはこんな方です。


飛ばないが球が曲がらない職人で、男子ツアー年間表彰で「FWキープ率」の部門では井戸木鴻樹プロが何度も受賞しているくらいの職人です。
+関西人です。(笑)

今まで海外のメジャーでは須貝昇プロが2002年に全英シニアオープンゴルフ選手権していますが、2003年からチャンピオンズツアーのメジャー競技になったため格及び価値が違います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)