週刊ヤングジャンプで約13年連載の「GANTZ」が終わったな。

最近はあまり読んでなかったけど、
かつてこのブログでも『コミック「ZETMAN」と「GANTZ」』と、
『金曜特別ロードショー「ANOTHER GANTZ」 と松山ケンイチ&小雪結婚』で感想を書いてるけど、ラストがハッピーに終わって良かったな。


今週は昨日・一昨日の夜はやっとウォーキングも再開。

さて、そろそろゴルフの練習も再開し、
来月ぐらいには久しぶりのラウンドもしようかと思ってます。
(ギアも久々にポチってしたし。笑)


次のゴルフコミック評は、御大高橋三千綱さん原作の「光る風」

光る風 1―愛蔵版 (プレジデントムック ALBA TROS-VIEWプレミア漫画シリーズ)光る風 1―愛蔵版 (プレジデントムック ALBA TROS-VIEWプレミア漫画シリーズ)
(2013/06/05)
不明

商品詳細を見る
 ALBA刊 (2013/6/5)
<内容>
「ゴルフレッスン誌・ALBAにて好評連載中の「光る風」が待望のムック化! 孤児院育ちのプロゴルファー・真田光二郎。実力はあるのになぜかツアーの半分しか出場しないため、優勝はわずかに1回。謎多き真田の生き方を通して、大人のゴルフの魅力を描く本格ゴルフストーリー。
 ゴルフマンガの巨匠・高橋三千綱が放つ本格ゴルフストーリー待望のムック化!謎が多いため“ミステリアス真田”と呼ばれているが、彼の正体は一体…!?」


2009年ALBA 10/22発売号より連載中していて、4年目にやっと出た!!と
単行本化(同時電子書籍化)されたので、さっそく書店で立ち読み。(笑)

そして愛蔵版『光る風』2巻は7月4日(木)に発売予定と、一旦出版すると決めたら続きも早い。


以前このブログで「前略 高橋三千綱先生 ゴルフで光る風が見えますか?」に書いたが、原作の高橋三千綱さんは芥川賞作家でもありゴルフコミック原作の大家です。

ワシが読んで感想書いたゴルフコミック(漫画)だけでも、

「Drタイフーン」
「我が人生にゴルフあり」 
「オン・ザ・ティ」
「プロゴルファー」「新プロゴルファー」「BJボビィになりたかった男」 
「フェアウェイに見る夢」 とあり、特にバカバカしい「Drタイフーン」は好きでした。
また小説を漫画化した「フェアウェイに見る夢」と「オン・ザ・ティ」は泣けますねぇ。


そして画の高橋功一郎さんは、
「Bite! グリーンを狙え!」2009年全2巻に書いたが、
Bite! (1)  グリーンを狙え (角川コミックス・エース 225-1)Bite! (1) グリーンを狙え (角川コミックス・エース 225-1)
(2009/01/05)
高橋 功一郎

商品詳細を見る
なかなか面白いゴルフコミックを書くのですが、ゴルフ漫画不遇の時代だったので運が悪かったな。



「光る風」の主人公はお気楽でマイペースなプロゴルファー真田光二郎 37歳 独身。
ツアーの半分くらいしか試合に出ないので実力未知数。しかし予選落ちは過去1回のみ。

え~以前感想は単行本化されてから書くって書いたけど、
ここ3年ぐらい立ち読み(笑)していないので、その後の現在に至る展開はさっぱりわからん。

ただこの1・2巻ぐらいまでは連載時に既読部分でもある。

え~感想は、ムック版だから大きくて読みやすいな。

主人公真田は高橋三千綱作品によく登場する「気楽な素浪人」タイプ。

高橋さんいつもの主人公で本気を出さない(出せない)、
実力はあるのに勝負に非情になれない心優しき清貧の素浪人いう感じ。

で、風の声を聞くことが出来る。

この漫画、連載開始当時、正直言って読み始めてのワクワク感がなかったんだよな。
スーパーショット打って、ミスしても明るく、またスーパーショット打って、また・・・の繰り返し。

この1巻は「フジサンケイでの優勝争い」
「日本オープンで本気を出してツアータイ記録のハーフ28、しかし後半手首を痛めて・・・」

石川遼、片山晋呉、ガルシア(セベか?)を連想するライバルたち・・・
昔の「Drタイフーン」は全部実在のプロが登場してたけどね、今は肖像権があるから。

この第1巻は全部試合シーンの連続なんで落ち着き具合がもう一つかな?
今後段々と主人公の性格や生い立ちがはっきりしてくるはずですが、
なんせ途中で連載読むのをやめたからわからんなぁ。

この後の感想は第2巻、第3巻で復習してからまた書くわ。
3巻は出るかどうかはまだ未定だが。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

私が現在連載を毎回読んでいるゴルフ漫画は「風の大地」、「親玉’S マスターズ」、「新・千里の道」、「インパクト」、「ゴルフは気持ち(メンタル)」、「雑木荘」、「花(?)の高校女子ゴルフ部」、「賭專(かけせん」ぐらいかな?

全部立ち読み、もしくは喫茶店で読んでますが。(笑)

どれもこれも今はゴルフコミックはあまり面白いのはないけどね、惰性だから。(笑)

骨折でのボルト&プレートをとるのは断念しました。
もう痛いのはコリゴリですわ。

URL | dell92 ID:-

ここ数年はゴルフ漫画を読むことがほとんどなかったです。
担ぎ屋どおもをネット・カフェで最終回まで読んだくらいです。
新・千里の道もは主人公がなかなか優勝しない展開ですね(風の大地も)
千里の道も、竜崎遼児のインパクトも途中から読んでないのでネット・カフェでまとめ読みを、いずれはしたいと思ってます。
管理人さんは、ボルトが足に入っているようですが、自然に骨と同化して治るなんて技術ないもんですかねえ

URL | 名前忘れた ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)