ワシのブログの上位閲覧ページBEST3は、

「美魔女山田佳子さんの旦那とすっぴん」
『水沢アキの56歳ヌードで話題作DVD「やさしい手」を観たが・・・』
「懐かしの生駒佳与子&中島恵利華+往年の美人プロ日蔭温子」

ゴルフブログでもあり熟女ブログでもあるので、これらが不動のトップ3です。(笑)

それ以外の上位は時期的なものにもよるが、今のところ、

「遼、イチロー、圭佑、康介たち超一流選手の小学時代の作文を読んで考える」
『美人プロゴルファーの「危ない噂」 ファンが知らない激ヤバ素顔』 
『「アベレージゴルファー」とは・・・』 ぐらいかな?


ワシが真面目に書いてるゴルフ本書評・ゴルフコミック評・ゴルフ映画評なんて読まれやしねぇ。(笑)



え~、読みたいゴルフ本がないので仕方なく(笑)読んだ今月初のゴルフ本の書評。

ゴルフは科学でうまくなる---理論のツボを知れば、スコアは必ず縮まる! (KAWADE夢文庫)ゴルフは科学でうまくなる---理論のツボを知れば、スコアは必ず縮まる! (KAWADE夢文庫)
(2011/11/16)
ライフ・エキスパート

商品詳細を見る
河出書房新社刊 2011年11月

<内容>
「上達してきた人ほど、コースでスライスする理由は? 「厚いインパクト」の真の意味は?……など、アマチュアでも知っておくべきスイング理論やラウンド心理を解説。あなたのゴルフを確実に変えてくれる本!
 ゴルフは止まっているボールを打つ“静のスポーツ”。なのに、なぜ、狙いどおりのショットやパットができないのか?体と心のメカニズムを知れば、驚くほど上達する。」

<目次>
1章 飛ばしの科学
2章 パットの科学
3章 ボディの科学
4章 メンタルの科学
5章 道具の科学

この本の帯には
「ゴルフの上達の秘訣をここに凝縮!
理にかなったスイングで飛距離が伸び、曲がらない!!」

「ヘッドスピードの遅い女子プロの球が飛ぶ理由」
「プロが実践する、意外なストロークの軌道とは」
「腰の回転を意識すると、スイングが崩れる理由」
「プレッシャーを感じたときの、賢い対処法とは」
「なぜ、振り切れる範囲の重いクラブがいいのか」と書いてありましたが、


感想として、ワシにはほとんど知ってることばかりなので、あまりタメにはならなかったが・・・・


え~この河出書房新社の「ゴルフ KAWADE夢文庫」シリーズは今まで5作品読んだわけで、

●「ゴルフが突然うまくなる魔法の名言」
●「アプローチがピタッと寄る本」
●「ゴルフ 確実にうまくなる練習 やってもムダな練習」
●「頭がいいゴルファー悪いゴルファー」
●「パターが面白いようにはいる本」

基本的にこのシリーズは、
ゴルフ書やゴルフ雑誌に掲載されていたゴルフのコツを収集してテーマごとにまとめたシリーズ。

だからゴルフ関係の本や雑誌を良く読んでいる読者には既知のことが多いのだが、
初心者や万年アベレージ層にはタメになることあるかも。

この本の前書きに「時間もお金もない、しかしゴルフが上手くなりたいという人は、この本を一読してほしい。あなたの知らないことが書かれてあれば、その部分を読んだだけでも、あなたのハンディが一つ減るぐらいの効果があると自負している。」と書いてあった。

非常に謙虚です。(笑)

が、この言葉がいみじくも教えてくれるように、このシリーズは、
「時間も金もない、そして特に努力のしないヘタ人に、私たちが上達のコツをたくさんまとめましたんで、これだけ集めりゃ一つぐらいタメになるヒントがあるでしょ!」というコンセプト。(笑)

ゴルフのヒントを数打ちゃ当たるという理屈です。(笑)

まっ以前の作にワシは参考文献を明記していないと文句をつけていたが、
この本では最後に参考文献を明記していて改善されてましたな。

このシリーズでのワシのおススメは中級以上がターゲットの
「パターが面白いようにはいる本」と「ゴルフが突然うまくなる魔法の名言」ですな。

パターが面白いようにはいる本―必ずスコアがアップするGOLF術 (KAWADE夢文庫)パターが面白いようにはいる本―必ずスコアがアップするGOLF術 (KAWADE夢文庫)
(2007/04)
ライフエキスパート

商品詳細を見る
 ただパターがホールに入るわけではなくパットですがね。(笑)

ゴルフが突然うまくなる魔法の名言 (KAWADE夢文庫)ゴルフが突然うまくなる魔法の名言 (KAWADE夢文庫)
(2010/06/15)
ライフ・エキスパート

商品詳細を見る

100切り・90切りの人は、この「ゴルフは科学でうまくなる」を含め、
上記2冊以外の本がタメになるような気がしますな。

この本はゴルフの基礎知識として、初級者&アベレージに
クラブ・スイング・メンタルなどの知識を教えてくれて、まっ知っててもよかろうとは思います。


え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★★ですな。(満点は★五つ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)