秋田書店が漫画雑誌の読者プレゼントで景品数を水増し掲載していたことがニュースになっていますが、告発し懲戒解雇になっていた女性社員の話によると、「プレゼントの数に多少の違いはあっても全誌で何らかの不正はあった。」らしいので、同じく秋田書店の「GOLFコミック」の賞品も以下同文なんでしょうな。

中小の雑誌出版社には耳が痛いことで。(笑)


次のゴルフ本の書評は、まあまあ新しめのゴルフダイジェスト新書です。
GD社のプレゼント景品はゴルフメーカーからのバーター提供なんで水増しはないと思いますが。

ゴルフは100球打つより見てなんぼ!  (ゴルフダイジェスト新書)ゴルフは100球打つより見てなんぼ! (ゴルフダイジェスト新書)
(2013/05/15)
タケ小山

商品詳細を見る
ゴルフダイジェスト社刊 2013年5月

<内容>
「解説のプロが教える、必ず80台が出る‘ゴルフの見方'
 スウィングよりも「観察眼」を磨け! NHK Eテレ「趣味Do楽~藤田寛之シングルへの道」やTBSの情報番組「サンデーモーニング」スポーツコーナー、CS「ゴルフネットワーク」などに出演、“屋根裏のプロゴルファー”としてお馴染みの解説者がこっそり教える“うまくなるためのプロゴルフ観戦ポイント”。
 テレビ観戦、または試合会場で、ちょっと視点を変えれば、ワンシーンの中にたくさんの「なぜ?」があるはず。スウィングはもちろん、振る舞いや作法をしっかり見て、その意味を考える。これこそがスコアアップに繋がるのです!」

<目次>
第1章 プロの試合はこう見る!
  ・人気選手のプレーを効率よく観戦できる民放局
  ・試合の流れを重視するCS局  他

第2章 プロの「技」を目で盗む
  ・アプローチの遼、総合力の勇太
  ・飛ばなくてもパーは取れる  他

第3章 プロの「戦略」からスコアメークのコツを学ぶ
  ・クラブセッティングはロフト角が肝!
  ・飛ばし屋はウェッジが勝負  他

第4章 プロの試合はこうしてできた
  ・招待試合から始まったプロツアー
  ・景気に左右されやすい日本ツアー  他

第5章 プロの「練習」を真似して上手くなる
  ・「ゴルフが上手くなりたい」じゃ上手くなれない
  ・球は曲がったままでいい!  他

コラム
  ・空飛ぶプロゴルファー
  ・平均ストロークのからくり
  ・直輸入プロが日本を強くする!

<著者/タケ小山(こやまたけあき)>
[プロゴルファー、ゴルフ解説者。1964年生まれ。東京都出身。89年に米フロリダ州のグレンリーフリゾートの所属プロとして渡米し、米ツアーを中心に各国ツアーに参戦。08年に早稲田大学大学院に入学し、スポーツマネジメントを学ぶ。テレビやラジオなど幅広いメディア活躍し、軽妙なトークと辛口解説で人気。]

この本の内容はこちらが詳しいです。
takekoyama.jpg


この本はTVのゴルフ番組の解説者であるタケ小山氏が、解説者の立場から、ただ漫然となにも考えず練習するよりプロの試合を見て勉強して上達しようっていうゴルフ本です。

つまり通常のレッスン本は巷に山ほど溢れていますので、違った切り口での上達法、というかプロの試合の観戦方法(こっちがメイン)を教える本です。

ですので、レッスン的な中身はたいしてないです。(即効的な効果もなし)
また内容も既知のことばかりなので、ワシには何の感想もありません。

まっ、切り口が変わった本というだけ。
ただ試合の見方だけを書いても売れそうもないので、少しレッスン的な内容を入れたみたいな感じですな。

著者タケ小山氏はアメリカでツアー挑戦していて、96年から「ザ・ゴルフチャンネル」で解説を始め、01年に怪我で専属解説者になり、解説者になったら以前よりゴルフが上手くなったという経歴。

第3者的な立場から見ると、勝つべき選手及びプレーはリズム・ペースが変わらないが、勝てない選手はそれなりの理由があることが見えてきたわけで、アベレージは下手な練習を積むよりプロの試合を色んな角度から見ろ!という持論を展開しています。



例えば、藤田寛之プロの左ひざの高さが変わらないところや、松山英樹プロの左足の蹴り込み、また宮里藍ちゃんのゆっくりスウィングだけでなく体を回転させるスウィングなどをどう自分のスウィングの参考にするか?を写真入りで解説してたり、

またプロのコース戦略を具体的な試合&コース図で解説もしてるところが見どころですかね?

ただタイガーのスウィング改造に伴うB・ハーモン→H・ヘイニー→S・フォーリーのコーチ変遷分析は少しフムフムでしたが。

終わりの方に書いてある「30yのアプローチ&1mのパットなどの地味なことをどれだけ続けられるかが上手くなる人とそうでない人との差」は確かですな。

ゴルフダイジェスト新書シリーズは、基本的に100切り・90切りターゲットの軽いゴルフ本です。
まっその層が一番ゴルフ書を買う層なんで自然ちゃ自然ですが、この内容で目からウロコって言ってるようじゃ万年ヘタです。(笑)

ワシは男子ツアー2試合&女子ツアー1試合をコースまで観戦に行ったので、ある程度はプロの試合の見方はわかります。

気に入った選手について回るか?定点見学か?プロの練習見るには練習日がいいとか?
まあワシには軽くてたいした感想はないです。


え~、ワシのこのゴルフ本の評価は★★★です。(満点は★五つ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)