え~、一つだけはっきりしておきたいことですが、
ワシはこのブログでゴルフ本の書評をかなり書いてますが、
別に書評家みたいなおおおそれたもんじゃなく、
ただのブロガーであり、ここはゴルフをメインにした戯言ブログです。

ワシはコレクターでもなく、オタクでもなく、ましてやアフィリエイトでもないんで、書評を書いたゴルフ本を人に紹介しようとかの驕りや野心もなく、ただのブログのネタで書いてます。(笑)

ウェブの世界でゴルフ書評まとめを書いてる人もいますが、ゴルフの本(特に基礎テクニック以外の)に関心のある人は非常に少ないので、商売でなく、謙虚に、正直に書かないと続かないと思いますな。


次のゴルフ本は、久々の坂田信弘大先生の新刊です。

9割プロになる賢人のゴルフ術 (ワニブックスPLUS新書)9割プロになる賢人のゴルフ術 (ワニブックスPLUS新書)
(2013/08/24)
坂田 信弘

商品詳細を見る
ワニブックス (2013/8/24)

<内容>
「古閑美保・上田桃子・有村智恵など多くのプロゴルファーを輩出、プロテスト参加者の9割が合格する「坂田塾」塾長。2度の全国優勝を成し遂げた、大手前大学ゴルフ部総監督。小学館漫画賞を受賞した人気ゴルフ漫画『風の大地』原作者。数々の輝かしい実績を持つゴルフ界の伝説的指導者・坂田信弘が、「坂田塾」や大手前大学ゴルフ部での秘話を交えながら、上達の技術とその哲学を語る。」

<著者略歴/坂田信弘>
「1947年10月11日、熊本県生まれ。京都大学中退後、プロゴルファーを目指し、基礎体力作りのため陸上自衛隊入隊。任期満了後、75年に27歳でプロテスト合格。88年ナイジェリア・イバダン・オープン優勝。93年より「坂田ジュニアゴルフ塾」を開塾。古閑美保、上田桃子をはじめ、世界に通用する数々のプロゴルファーを育て上げるなか、大手前大学ゴルフ部総監督として、2009年、2012年度全国大会優勝に導いている。漫画原作者として、小学館漫画賞を受賞した『風の大地』や『奈緒子』(共に小学館)など多数」

<目次>
第一章 心の基本・技の基本・体の基本
第二章 途中を見つめる、素朴なる勇気と覚悟がゴルフを上手くする
第三章 ゴルフに大事なことは、一つのことに向かおうとすることだ
第四章 大手前大学ゴルフ部総監督・坂田信弘物語


ゴルファーなら誰でもご存じの坂田信弘塾長の新刊です。
ワシは「風の大地」に代表される漫画本のことやこの本でとりあげている坂田塾のことを書いた本「坂田塾、ゴルフ上達の方程式」 なんかを読んで色々書いてますね。

この本は「ゴルフトゥデイ」の連載「我と来て、遊べや師匠のないゴルファー」(2004年~2012年)から加筆修正を加え再構成したもので、ゴルフトゥデイの三栄書房2009年12月刊の 「山あり、谷あり、ゴルフあり」と同じく坂田節爆発のエッセイ?(いや信念集)です。(笑)

帯には「賞金女王2名、大学日本一2度達成!ゴルフ界のカリスマによる上達の極意と秘話」とあり、
坂田大先生が平成5年に「マスターズの取材から熊本からマスターズ王者を育てたい」と考え作ったのが坂田塾。

いままでに塾出身者からは2012年までに61名がプロテストを受験し55名が合格。
女子は21名がプロテスト11名がシード選手となり、賞金王が2人。
有名どころでは古閑美保、上田桃子、有村智恵(中退)、原江里奈、服部真夕、井芹美保子、土肥功留美、笠りつ子、青山加織、宅島美香、中山三奈などというすごい実績の坂田塾です。
平成5年熊本で最初の坂田塾スタートし、全国で6か所で小5から高3まで、素人コーチによる無報酬のボランティア(レッスンフィー、練習場代、ラウンド代、用具まですべてタダ)で教える私塾。(現在は神戸塾のみ)

タイトルの「9割プロになる」の意味は、塾卒業生61名がプロテストを受験し55名が合格。9割のプロ合格率というものすごい実績です。そりゃ塾長は自慢しても良いでしょな。(笑)

内容は第1章から第3章までが20年に渡る坂田塾での教えとその教えからプロのなる人間の素質などを語り、第4章が坂田塾の落ちこぼれを集めて指導2年目で無名校から大学日本一までのぼりつめた大手前大学女子ゴルフ部のその後。

なかには坂田塾長らしい語録と信念がこれでもかと溢れていて、

例えば、

「基本は学ぶものではなく、鍛えるもの。そして幾層にも厚重ねした基本を作る」

「打球は目線で追うのではなく首筋の記憶で追え!この鍛錬には6番アイアンが最善」

「40過ぎたら体幹スイング、究極の体幹スイングが体の回転主体のジャイロスイング」

「プロゴルファーになる資質は「ゴルフが好き」という気持ちが太いかどうかで、ジャンボも青木も晋呉も石川遼も大のゴルフ好きだから練習も挫折も楽しい。ゴルフは好きという覚悟が一番大事」

「高いフィニッシュこそ、インパクトで体を止めない方法。さらにフィニッシュで5秒止まるだけで体が鍛えられる」

「久しぶりのゴルフ、無意識に球から離れてしまっている。まずは球に近づいて立ってみるのが一番の処方箋」

「坂田塾生が強いのは基本力。骨膜まで鍛え骨膜で覚えたスイングは強い。(シード選手に聞いたら何を教わってきたか全然覚えていない、塾長が怖すぎて)らしいです。」

で、最後は「ゴルフが楽しい」と思えれば、夢と希望は消えない。との結論です。


坂田ワールドが好きな方とジュニア指導者には良いと思いますが、(笑)
え~このゴルフ本のワシの評価は★★★です。(満点は★五つ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)