「グリーン乗らなきゃ」安倍総理、ゴルフに例え応戦(13/10/21)


国会は、21日から衆議院の予算委員会で、本格的な論戦が始まった。
安倍首相は、民主党の前原元代表を前に、民主党政権時代のデフレ脱却策は、「効果がなかった」と切り捨て、アベノミクスの正当性を強調した。
民主党の前原元代表は「今のやっている中で、いい数字が出ているから、これをうまくいっているんだで、果たしていいんでしょうか。これが先にいったときに、金利の問題、出口の財政コストの問題、そういうものをトータルで示して、そして、それを評価するのが、正当な評価ではないのか」と述べた。
これに、安倍首相は「ゴルフで言えば、今バンカーに入ってしまった。グリーンの先に崖があるんじゃないかと心配してですね、ずっとパットで打ったって、これ出ないんですね。バンカーから出るためには、サンドウェッジなんですよ。われわれは、サンドウェッジを持ったんです。そして、ボールはグリーンに、まさに乗ろうとしてるわけですから、まずは、この道をしっかりと進めていくしか、われわれは道はない」、「うまくいったら外的要因、うまくいかなかったら、君たちが悪いというのは、通らないんですよ」などと述べた。


1 2
3 4
5 7.jpg
8.jpg


安倍首相はよほどゴルフが好きらしく今年2月の自民党の伊藤達也議員の質問にも同じ答弁をしてますな。
ザックリ&ホームランしないでね!
安倍首相いわく経済政策はサンドウェッジV


gdo

「ゴルフでいえば、グリーンの後ろに崖があるような妄想にとらわれて、バンカーでパターばかり打っているから結局グリーンに乗せられない。いま持つのはサンドウェッジだ」と首相。

これまでの腰の引けた消極的金融政策(バンカーでパターを持つこと)が、長期的なデフレを生んだとして、正当な積極的策を「バンカーでサンドウェッジを持つこと」と表現したのだ。

安倍総理の腕前は下関GCなど8コースの会員権を持ち、スコアは悪くても80 台の後半。よければ70台とのこと。


安倍首相は夏休みもゴルフ三昧だったらしく、
『週刊新潮』で安倍晋三総理大臣のゴルフクラブをチェックした方によると、安倍首相のクラブは、

【ドライバー】テーラーメイド 「グローレ」
 +USTマミヤ「ATTAS 4U(アッタス フォーユー)」シャフト
【FW】テーラーメイド「ロケットボールズ 2」
【アイアン】テーラーメイド「ロケットブレイズ ツアー」
【ウェッジ】タイトリスト「ボーケイ フォージド」ウェッジ
【パター】山田パター ハンドメイド

テーラーメイド派ですが、パターはアメリカのオバマ大統領にもプレゼントした山田パターで、
特に肝心のサンドウェッジは上級者用の「ボーケイ・フォージド・ウェッジ」

やはりSWには自信がありそうですな。(笑)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)