週刊モーニングで6年半連載していた
なかいま強作「ライスショルダー」が今週号で終わってしまったな。

今朝コンビニでタバコ買ったついでに立ち読みして確認しました。(笑)

ライスショルダー(17) (モーニングKC)ライスショルダー(17) (モーニングKC)
(2013/10/23)
なかいま 強

商品詳細を見る

この17巻は2013年10月23日に発売、18巻は2014年01月23日頃の発売予定とのこと。

この「ライスショルダー」は、なかいま強作品で講談社の漫画誌「モーニング」にて2007年第7号(2月1日発売)から隔週連載開始、2012年第24号(5月10日発売)より毎週連載。
岩手県の田舎町に住む、秋野おこめは身長193cm、体重92kg(実際には103kg)の体格とケタはずれのパワーを持った18歳の女の子。父を捜すため、岩手から上京。ボクシング経験が皆無にも関わらず、天性の闘争本能とパワーを買われて女子プロボクサーの道を歩むことになるストーリー。

これは珍しい女子ボクシング(コメディ)漫画で、6年半で連載終了。

raissyoruder

ワシは全然単行本は読んでなくて連載読み派で、だいたいが行きつけの喫茶店で読んでたわけ。

作者なかいま強(なかいまつよし)はプロフィールによると、
「1960年4月13日生まれ、沖縄県出身。血液型O型。84年、『わたるがぴゅん!』(月刊少年ジャンプ)でデビュー。同作は2004年まで20年間にわたる長期連載となる。ほか代表作に『うっちゃれ五所瓦』(第35回小学館漫画賞受賞)、『黄金のラフ〜草太のスタンス〜』など。趣味はゴルフ。」

ワシは彼のゴルフコミック「黄金のラフ~草太のスタンス~」がお気に入りでした。

黄金のラフ ~草太のスタンス~ 33 (ビッグコミックス)黄金のラフ ~草太のスタンス~ 33 (ビッグコミックス)
(2012/01/30)
なかいま 強

商品詳細を見る

このブログで「黄金のラフ~草太のスタンス~」 連載12年弱で完結!!にも書いたが、軽くて笑えて気楽に読めるのが好きでした。

特に主人公のチームきりたんぽ(藤本草太・太子治・谷田部光一)の3人以外にも、マイト竿崎、 ムーベス・ジェラウン、ファクソン兄弟、園越鮒子など面白いキャラがいて笑わせてくれたな。(笑)
これらの登場人物にはモデルがいてデフォルメの切り口が秀逸でネーミングも最高でした。

この「ライスショルダー」も「黄金のラフ」と同じくスポーツコメディ漫画で笑わせてくれました。。

で、「黄金のラフ~草太のスタンス~」と同じく、突如連載終了。
まだまだ人気があって十分連載できるのに、突然前触れもなく連載終了したのもまったくも同じ。

そういえば「黄金のラフ」も連載終了は11月だったな。

打切り説もありますが、またこれも作者なかいま氏が作品に対して飽きたような印象を持ちましたな。

なかいま氏は意味もなくダラダラ連載を引き延ばすのが嫌いなんじゃないかと思いますね。

ストーリーが一区切りしたら、その後の展開考えてみて自分で面白い構想が浮かんでこない場合、すっぱりと終わらしちゃう傾向があると思います。

坂田大先生とはまったく逆ですが。(笑)

最終話は主人公・秋野おこめ(名前の順番を変えたら関西では大変なことになる、笑)が、女子ヘビー級チャンピオンで無敗のワーニャを破ってチャンピオンに。

なんかあっさりしたラストでした。

また読む漫画がなくなってしまったな。



そしてその他の漫画情報として、

漫画「寄生獣」を実写映画化!
日本の特撮第一人者・山崎貴監督メガホン
スポーツ報知 11月20日(水)7時4分配信

『1990~95年に「月刊アフタヌーン」に連載された人気漫画「寄生獣」が、「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られる山崎貴監督(49)のメガホンで実写映画化されることが19日、分かった。主演には、若手の成長株として映画界で注目を集める染谷将太(21)を抜てき。脇を深津絵里(40)、橋本愛(17)が固める。米ハリウッドで何度も映画化が試みられるも、テーマの壮大さなどから実現しなかったが、日本のVFX(特撮)の第一人者によってついに世に送り出される。

 「パラサイト」と呼ばれる生物に脳を支配された人間が、別の人間を食べるというショッキングなストーリーと同時に、地球上での人間の存在価値を問う深遠なテーマで絶大な人気を誇った「寄生獣」が、20年の時を経て実写映画化される。

 原作は90~95年に連載されたが、その直後に米ハリウッドのプロダクションが原作権を取得。「タイタニック」「アバター」で知られるジェームズ・キャメロン監督が映画化を切望したとの情報もあった。日本の映画製作者は手を出すことができなかったが、今年に入って契約が失効。十数社の競合の末、東宝が映画化権を獲得した。
 2部構成で、パート1を来年12月に、パート2を2015年に公開するという超大作。』

寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット
(2010/01)
岩明 均

商品詳細を見る

あの名作が20年ぶりにやっと映画化か?

昔に「アフタヌーン」は月刊なんで次の号が出るまで非常に待ち遠しかった作品でした。

ただこれも立ち読みでしたが。(笑) その後単行本で何度もまとめ読みしたな。

kisei
深津絵里の高校教師田宮良子役はいいかも?
ミギ―の声優とボスの広川市長役が誰かがポイントですな。

この漫画はワシの漫画ベスト10に入る傑作なんで、
映画化は嬉しいが、ジェームズ・キャメロン監督に映画化してもらった方が良かった気も若干するな。

またまたゴルフには関係ない記事だけど、寒くてゴルフやってねえぇし。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)