昨日はこの3か月間で一番アクセスが多い日だったな。

賞金王争いで森田理香子が注目されているので、
巨乳プロゴルファー 「乳を挟み込む派と乗っける派」にアクセスが増えるとは思っていたが、

予想もしてなかった女優の水沢アキ(58)が12月1日関西テレビのバラエティー番組「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演して「俳優のジャッキー・チェン(59)との交際や24歳で年収1億2千万円だったこと告白した」ために、「水沢アキの56歳ヌードで話題作DVD「やさしい手」を観たが・・・」にアクセス集中しましたな。(笑)

3分の2はゴルフのことを書いているので、ここはゴルフブログだと自分では思っていますが。(笑)



え~次は本題のゴルフ本の書評で、

ゴルフに泣かされた夜あなたが心にきざむスコアメイクの具体策ゴルフに泣かされた夜あなたが心にきざむスコアメイクの具体策
(2013/11/13)
永田 玄

商品詳細を見る
文藝春秋刊 2013年11月

<内容>
「42歳でゴルフと出会った著者は、20年にもわたる試行錯誤の末にボールを真直ぐに飛ばすためのスウィングを身につけた。その一部始終を記したのが『ゴルフに深く悩んだあなたが最後に読むスウィングの5ヵ条』(2012年11月刊)だが、年初の試合で105という屈辱的なスコアを記録して、ゴルフにはテクニックとは別次元の「メンタル」という伏魔殿があることに思い至った。前日の練習ラウンドは75で回ったにもかかわらず、ひとつ歯車が狂うと30打も余計に叩いてしまうゴルフの難しさを再認識し、日頃どのように練習を積み、プレー当日まで何を考えながらどのように過ごすかを徹底的に検証する。さらに、ミスが激減するアプローチの鉄則、ドライバーを真直ぐ飛ばすための心構え、ボールをカップに沈めるためのパッティングの秘訣などを列挙し、ラウンド一週間前からでも間に合う、スコアメイクのための知恵を網羅している。
 著者は、「人間が600年も続けてきたゴルフというゲームは、プレーヤーの心を映す鏡のようなもので、それは愉しいことばかりではなく、むしろ辛いことのほうが多い」と考え、本書では心を整えることが肝心と考える。姉妹編である前作『ゴルフに深く悩んだ~』と併せてお読みいただくと、ゴルフという魔界を歩くための攻略地図としてお役にたてるのではないだろうか。悩まないゴルファーは上達しない。ラウンドまでの1週間であなたのスコアはアップする!ゴルフの“強化書”メンタル編。」

<目次>
第一章 ゴルフ脳を使え!
第二章 どんなゴルフを目指すのか
第三章 練習の具体的なヒント
第四章 ゴルフ力でスコアを縮める
第五章 簡単で失敗が激減するアプローチ
第六章 ドライバーは友達か?
第七章 入れるパット
第八章 クラブ選びの基本

<著者/永田玄>
「1952年東京生まれ。マガジンハウスの雑誌編集者を経て、編集プロダクションを主宰。2010年には長崎県の野母崎ゴルフクラブのクラブチャンピオンに」



以前ワシは著者の前作「ゴルフに深く悩んだあなたが最後に読むスウィングの5ヵ条」を読んで非常にためになった。ゴルフが段々とボロボロになり悩み続けてたところに読んだため、余計に身体に染みたのかもしれない。

ゴルフに深く悩んだあなたが最後に読むスウィングの5ヵ条ゴルフに深く悩んだあなたが最後に読むスウィングの5ヵ条
(2012/11/22)
永田 玄

商品詳細を見る

で、今回待望の次作がこの作品です。
先月発売されたばかりなので発売ほやほやです。

著者は練習ラウンド75で回った次の日のラウンドで105という、
片手シングルでも一日で30打も違うことがあるゴルフの奥深さを感じて、
スイング論の次はメンタルということで、トイレの中で読むためのゴルフ本として書いたわけです。

著者いわく、トイレはゴルフは忘れやすいので毎日ゴルフ脳を鍛え集中できる場所ということ。

成功のイメージの世界に入り、結果を導き出す力が「ゴルフ力」
ゴルフは出来る限りシンプルに理論として整理し記憶するのがベストで、

『「ゴルフ脳」で集中力を高め、
 そのエネルギー(胆力)を導き出し、
 結果を実現する力、それが「ゴルフ力」』ということです。


ただワシが思うに、著者は前作が望外に好評だったが、
「最後に読むスウィングの5ヵ条」というゴルフを極めたゴルフの達人みたいに思われたのを自省して、今回は今でも起こるバカみたいな自分のミスを分析して、初心者にもわかりやすくメンタルとテクニックを解説しています。

前作より語る言葉も平易で初中級者にもわかるゴルフ本になっていますな。

ワシは難しい本が好きなので(笑)、残念ながら今回は前作より評価は下がります。
特に著者がけなしているオッサンフッカーなんで。(笑)

ただこの中に書いていたカエル足
「足全体でしっかり地面をつかんで下半身を安定」は良かったです。

ワシの欠点はレッスンでも指摘されたことのある右足踵のあがりが早いこと。

練習量が豊富だったころはそれなりにタイミングを調整できていたのだが、
足腰も弱り練習不足の今ではシャンクにヒッカケとミスの原因に。とほほ。

今度昔みたいにベタ足試してみようっと。


え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★★です。(満点は★五つ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)