facebookで最近気になるのが、うちの会社を退職したSさん(ゴルフ友だった)なんだが、
最近facebookで場違いで小難しいフランスのアート記事を度々アップしているのんだな。

誰もシェアしないし、コメントもしないし、「いいね」さえ元部下(女)一人だけが偶にお義理でするだけ。

元々仏文出身で文学的な人ではあるのだけど、「Sさん!そんな記事書いたらダメだよ」とツッコミいれたいんだよね。

facebookなんて基本本名だし、上司から部下から取引先まで見てる「オフィシャル」なツールだから、凝ったこととか難しいこと書いてもムダ。何食ったとか◯◯に来てます的な人畜無害な平和なこと書くのが向いているんで、誰も興味のない小難しいこと書いても、むしろ変人としてウザいという評価をされるだけなんだよね。

facebookなんて基本検索されないんだから、無関心な人に真面目に書いても蓄積されず流れていくだけ。
同じ仏アートの趣味を持つ人間なんてfacebook友達にはいるわけないじゃん。

あの内容ならブログの方が向いてるけど、今更落ち目のブログ初めても反応はなくて読者は良くて一日数人程度。

まっfacebookするなら同じ趣味趣向の人を探して友達増やしていくしかなんじゃないかな?


てな、ことを忠告したいんだけど、コメントとか「いいね」をすると飛んで火にいる夏の虫。
あえて火中の栗を拾いたくないし、猫の首に鈴をつける役はしたくないしな。(笑)


いずれ本人も気づくとは思いますが。。。



えっ?ワシはfacebookしてるかって?
するわけないじゃん。見るだけ。(笑)、自らから友達申請もしないし。

見てのとおり長文派だし、こんな何の役にも立たないブログをダラダラ書いてる方が性に合うもんな。
気楽に自分のペースで書きたいことを書いてなきゃブログも約9年間も続いてないよ。




え~前段が長すぎてタイトルの話になかなか話が進まないが(笑)

あんまりゴルフ漫画誌評を本音で書く人はいないので、
出版社さんも評価が知りたいと思うので、ゴルフコミック(漫画)専門ブログとして、
ゴルフダイジェスト社のゴルフ漫画誌「ボギー 創刊第2号(2014年2月号)」の感想をば。

bogie2

全体的にまぁまぁじゃないですか?

3か月に1回発行の季刊ゴルフ漫画誌ということで、連載物は難しいだろうと思っていたが、
連載物を毎回読み切りタイプとして連載してて、意外に読めます。

ワシがまずまずと評価したのは下の作品

「カラッと日曜」 作:かわさき健、画:古沢優
「Last Tap」作画:かざま鋭二、協力:小笠原とんぼ
「4番!ゴルファー前田」 監修:大城英樹、作画:安堂ミキオ
「僕のマグノリアレーン」原案:上杉隆、監修:中井学、作画:秋本尚美

ただYoutubeで流していて目玉の「ホリエモン×雑巾王子 300Y飛ばしちゃってもいいですか?」は、評価以前にホリエモンが300y飛ぶわけない。
基本あまり運動経験のないド素人が300y飛ぶのは不可能で、そんなタイトル付けている時点で評価以前の話ですな。(笑)

まぁ先日同じGD社の山田パター工房社長の本 「パットがわかるとゴルフのことがぜんぶわかる」の書評を辛口に書いたから、少しバランスをとって、全体的にまずまずとの評価と言っておこう。(笑)

これは面白いっていう特筆すべき漫画はないけど、全体的なバランスがまずまずってことだが。(笑)

ただ、ワシの今現在連載中のゴルフ漫画では下記の2作を評価しているような人間ですが・・・(笑)

月刊「ゴルフレッスンコミック」誌では
「佐久間馨のゴルフってむずかしい? そんなの大ウソ!」
       脚本/あまくさとあそ・画/張慶二郎


月刊「GOLFコミック」誌では、
「とがしやすたかのゴルフ道」作画/とがしやすたか
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)