禁煙2週間経過。
まぁしばらくは続きそうですが・・・・


え~ワシはラウンドより練習場派なんで、以前は練習はよくやってました。
最盛期でラウンド月2回にゴルフ練習場は週3回ぐらいやってたな。

これぐらい練習してると、ショットの安定感と自信がある程度出てきます。

今は良くて週1回の練習なんで、上達というより現状維持ペースですかね?
週3回ぐらい練習するとほんまに上手くなります。ただ目的意識を持たないとだめですが。(笑)



え~次のゴルフ本は、ゴルフクラブアナリストであり自称「ゴルフ芸人」のマーク金井さんの本。

一生役立つゴルフ超上達法一生役立つゴルフ超上達法
(2013/07/31)
マーク 金井

商品詳細を見る
マイナビ刊 2013年7月

<内容>
「間違った練習法、間違ったクラブ選び、間違ったコースマネジメントをしていては、ゴルフはいつまでたっても上手くなりません。本書はクラブアナリストの第一人者であるマーク金井氏が、自らの経験を元にしてゴルフ上達の極意を解説。
 第1章では「なぜ練習しても上手くなれないのか?」という点に焦点を当て、正しいスイングを作る練習方法、どうすれば本当に上手くなれるのかを解説しました。第2章はクラブで飛距離を稼ぐ方法、方向安定性を挙げる方法について解説しました。第3章はコースに出ると上手く出来ないゴルファーのために、スコアをまとめるための考え方を解説しました。
 スイング、クラブ、考え方を見直せばあなたのゴルフは必ず生まれ変わる!KindleStoreで3カ月1位を続けた話題の電子書籍がついに紙版で登場!」

<目次> 第1章 一生役立つゴルフ練習法(打ち放題の練習場は危険が一杯。/ ボールを打ってもスイングは良くならない。/ 正しい素振りの練習法。 ほか)/ 第2章 一生役立つゴルフクラブの選び方(自分に合うクラブとは何か?/ 上達したいならば、逆球が打てるクラブを使う。/ 振り切れる範囲で重いクラブを使う。 ほか)/ 第3章 一生役立つゴルフ上達法(スイングは2人芝居、主役はクラブ、脇役は人間。/ アマチュアのリラックスは緩みを招くだけ。力んだ方が、力まないスイングが身に付く。/ 手首と右ひじの関節の曲げを意識すると、緩まないでテークバックできる。 ほか)

<著者/マーク金井>
「クラブアナリスト。ゴルフ誌だけでなく、TV、ラジオなどさまざまなメディアで活躍する、自称「ゴルフ芸人」。ハンデ3の腕前と豊富な知識を活かした、わかりやすい試打レポートには定評がある。
最近はクラブ設計者としても活躍、メーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計。悩めるゴルファーのために自らゴルフスタジオ・アナライズを主宰している。」



この本は最初Kindle版で発売され、好評なために書籍化されたゴルフ本です。
紙媒体不況のために、売れ行きのわからない本は経費が少なく出来るKindle版(電子書籍)で出し、売れ行きで書籍化になるという流れは今後増えるでしょうな。

ワシもスマホにKindleアプリをダウンロードしているが、目が悪いし、どうもスマホで本を読む気にならないので一度も読まず。ましてやタブレットなんてあんまり興味ない。(笑)

この本の感想としては、文字が多い。詰まりすぎで読みにくい。
ただこれでもKindle版より画像は増やしたらしいが。

この本は100切り、90切りターゲットの本であり、第1章の胆はトップでのシャットフェース。

第2章ではお得意ののクラブのことを書いていますが、具体的に出てくるクラブがなんか古く感じるな。2011年当時のクラブなんでしょうが、古めかしく感じて、ゴルフクラブの世界の変遷は2~3年で大きく変動することがよくわかりますな。

逆球(スライサーならフックしか出ない)が出るクラブを使ってスウィングを修正してから、まっすぐ飛ぶクラブを使うとかシャフトの選び方を解説しています。

そして第3章では、趣味の演劇から「ゴルフ演劇論」主役はクラブ、脇役は人間で、正しい形に自分を押し込んでいく作業が必要不可欠だと書いていますが。

内容的にこの内容ならKindle版だったら金額安いんでこんなもんかと思いますが、書籍化されて1,000円を超えると、内容の薄さに比べて割高感が強いですな。

どうもこのKindle版での人気ってのも、内容の良さとかじゃなく、Kindle版でゴルフ技術本も少なく珍しく、Kindle版を読む層ってクラブギアに関心高そうなのでマーク金井ってネームバリューに惹かれ購入したような気がしたな。


え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★です。(満点は★五つ)

最近辛口のような気もするが、これだけゴルフ本を読んでりゃ辛口にもなるわ。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)