明日6日は休日出勤だが、ただこの3・4・5日は久々の3連休。

足首の痛みがまだ取れないので練習が出来ず。
捻挫後3週間経ったが、回復は一進一退だな。

で、することもないのでパチにノコノコ出掛けてケツの毛まで毟られた。(笑)


昨日まではアマチュアが活躍したサイバーエージェント・レディス最終日の
感想を書こうかと思っていたが、3・5日と2連敗したのでテンションが上がらず、ゴルフ本の書評なんぞを。

無意識のショートゲーム無意識のショートゲーム
(2013/08/24)
デイブ・ストックトン、マシュー・ルディ 他

商品詳細を見る
青春出版社刊 2013年8月

<内容>
「“残り30ヤード以内"は1ラウンドで50打以上。なのに、多くの人はあまりにもドライバーやアイアンのフルスイングの練習に力を入れすぎています。逆にいえば、ショートゲームさえ上手くなれば、ショットはそのままでもスコアが急によくなるのです。PGAのトッププロも心酔するショートゲームの達人が、全ての状況に対応できるたった2種類のアプローチショットを伝授。これからは、バンカーに入れるのが待ち遠しくなるかもしれません。」

<著者>
●デイブ・ストックトン
「抜群のショートゲームで、メジャー大会5勝、PGAツアー通算11勝、チャンピオンズツアーで通算14勝を挙げている。指導者としてもミケルソン、マキロイなど数多くの一流選手に大きな影響を与え、『ゴルフダイジェスト』誌が選ぶ最新の指導者トップ50で13位にランクイン。カリフォルニア州で妻キャサリンと共に暮らしている。」

●ルディ,マシュー
「ゴルフダイジェスト」誌のシニアライター。多くのゴルフレッスン書のライターを務めている。

<目次>
1章 プロだけが知っているスコアメイクの本質—The Essence of Scoring
2章 アマチュアが陥りやすいショートゲームの誤解—Increasing Your Short‐game Awareness
3章 完璧にマスターしておきたい「低いショット」—Low Shots
4章 ゴルフの幅が大きく広がる「高いショット」—High Shots
5章 「バンカーショット」の苦手意識をなくす—Bunkers
6章 スコアに直結する「トラブルショット」への対応—Trouble Shots
7章 スイングより重要な「メンタル」の整え方—Mental Game
8章 練習についての考え方と各ショットのドリル—Practice and Drills
9章 上手くなるほど用具への意識は高くなる—Equipment
10章 3パットがなくなる「パッティング」の極意—Putting



青春出版社のこのデイブ・ストックトンの「無意識の〇〇シリーズ」の第1作は、
無意識のパッティング無意識のパッティング
(2012/05/17)
デイブ・ストックトン、マシュー・ルディ 他

商品詳細を見る

この作品のワシの感想は⇒「無意識のパッティング」に書いたが、

デイブ・ストックトンはマキロイ、ミケルソンというメジャーチャンプを始めプロに絶大なる支持を受け結果を出しているが、考えすぎて不調になっているのを「無意識に帰す」という作者の説は、彼らトッププロはジュニア時代からゴルフのセンスが人並み外れてあった天才なので出来たわけで、

ワシみたいに練習場派でショットには自信があったが最初からパッティングやアプローチに苦手意識のあるタイプには、最初からの無意識のセンスがなく苦手意識が凝り固まっているので今一つであった。


しかし今回のこの第2弾「無意識のショートゲーム」は良い本です。

前回よりより具体的に理論+ショットドリル(画像付)という、
練習場派にも納得のゴルフ書で、アプローチのみならずパッティングに関しても解説しているので◯です。



特に基本の「距離の短く低い球は左手で、高い球は右手」というワードが改めて再認識されたな。

低いショットでは左手1本で打つドリル。(スイングの大きさとスピードを身につけるのに有効。)
また左肩が上がる(右肩が下がる)クセ矯正には、右手で左肩を押さえながら左手1本で打つ。

また高い球を打つには、
インパクト時に右の手のひらを空に向けたまま右手でクラブヘッドを意識的に放り投げる感覚(手を返さない)だとか色々タメになります。

そしてもう一つ、バンカーショットでは、
ソールのバックエッジのどの部分を砂に当てるかということに意識を集中させること。
具体的には練習法としてボールの○センチ前に引いた線にバックエッジをぶつける。とか◯です。


また、様々なショートゲームの中から最適なショットを見極めて選ぶ方法や、
精神的なプレショット・ルーティンが、身体的なプレショット・ルーティンと同じく重要だとか、
また前著ではなかったメンタル面のテクニックや流行のベリーパター(中尺)にも触れていますな。



え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★★★です。(満点は★5つ)


無意識のショートゲーム アプローチは“考えない”ほど上手くいくみたいです。
これは初級者より中級者以上向きのゴルフ本ですな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)