今日は午前中ワールドカップ日本vsコートジボワールを見て、負けたのを確認してから練習場へ。

感想は別になし。(笑) FIFAランキング通りの結果とでも言うべきか?

2014615.jpg

以前「次のドライバーはフォーティ―ンに決めた!」に書いたけど、
買う買うと言うだけでなかなか買わず、このブログにゲロンディーで検索されてきた人にも悪いことをしていたが、

やっと「GelongD(ゲロンディー) CT-214 ドライバー」を買いました。

ゴルフを始めるのは基本的に4月からだし、3・4月が忙しく1ヶ月間休みもない中で足首を捻挫したりして、ゴルフのモチベーションも上がらずぐずぐずしていたのだけど、やっとポチっとしました。

GelongDの意味は確か「Get Long Drive(ゲット・ロング・ドライブ)」の略だったかな?

昔49インチを使用して飛ばし屋として一世を風靡したワシですが、
ええ歳こいたオッサンというワシの年齢的なものを加味して、
スペックは ロフト10.5°で47.75インチ・SRシャフトでネットで4万円弱。

シャフト重量がSシャフトで60g(総重量307g・D8)、SRシャフトで55g(総重量303g・D7)でトルクはほぼ同じだし、シャフトは表示より1ランク硬いらしいんで、オッサンはオッサンらしく過信せず大人しく4g軽いSRにした。

というのももう競技に出る気がないので、いざとなったらもう1インチ伸ばしてもいいかなっても思ってるしね。


で、肝心の初の試打の感想は、
まっ久しぶりの練習でもあって、今のR11と比較しながら打ってみました。

hikaku.png saizu.png

R11は460㎤、フォーティーン・ゲロンティー450㎤、
シャフト長は46インチ、フォーティーン・ゲロンティー47.75インチ

R11は1インチ伸ばして46インチにしてるから、結局今のクラブから1.75インチしか長くないわけだ。
昔43インチが標準時代に44.5インチを振ってたし、一番長いときで48⇒49インチまで振ってた人間として別に全然長くない。(笑)

R11と打ち比べしながらの感想は、
試打感想の多くにあった左にいかないって感想とは全然違って、ワシの場合ドローとドフックばっか!

まぁ確かにワシはフッカーなんですが、これは怪我をしにくく左にいかないクラブではなかった。
プッシュ気味に打てばまあまあストレートになるが、思惑と違ったな。

打感はR11と比較してはいけないけど硬め、飛距離はこの練習場は距離は150yぐらいしかないのでわからず。

でもそんな馬鹿っ飛びって感触じゃなかったな。

まっいいや。これから打ち込んで調整して行って、
なんであればフェースをオープンにチューニングもするかも?


そして帰宅後はサントリー・レディースの文字通りの横綱相撲を見て、スターツシニアゴルフトーナメントも観戦。

そんな日曜日。おっ娘からビールの父の日プレゼントも届いてたな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)