いい歳をして分別もあるおじ様のワシ(笑)が、
なんでこんなオタク漫画を読まないといけないのか?とかなり悩んだが、
ゴルフ漫画を究めるブログとしては仕方ないので読んだゴルフコミック(漫画)評。

ゴルフ131 ゴルフ132 
ゴルフ133 ゴルフ134
ゴルフ13 コミック 1-4巻セット (KCデラックス)
2010年2月~2011年11月 講談社全4巻

<内容>
『「仮面のメイドガイ」の奇才・赤衣丸歩郎最新作!!
世界最高峰のゴルフの祭典「ミスターズ カップ」に突如現れた天才少年・球田球太郎(たまだ きゅうたろう)~古より伝わる「聖なる力を持つ」とされるゴルフクラブの継承者である彼と、彼に付き従う13人の聖女達が織り成す(というかかき回す?)ゴキゲンvルンルンvファンタジー登場!!』

<作者/赤衣丸歩郎(あかい まるぼろう)>
『月刊少年マガジン』(講談社)増刊『マガジンイーノ』連載。
『選ばれし聖なる魂』を持って生まれた主人公・球田球太郎と、ゴルフクラブに宿った13人の聖女の物語。タイトルのゴルフはゴキゲン・ルンルン・ファンタジーの略である。『マガジンGREAT』が『マガジンイーノ』に改称した2009年の1号から休刊となる2011年の14号まで連載、単行本書下ろしにて完結。 



作者は通称「赤いマルボロ」で、作者いわくゴルフの略はゴキゲン、ルンルン、ファンタジーの頭文字。

あのゴルゴ13のさいとうたかをさん「さいとう・たかをのゴルフ13」というエッセイを書いていますが、ゴルとくれば13なんで、この漫画のタイトルもゴルゴ13をパクっていますな。(ストーリーの中にスナイパーも出てくるし)

何の因果かこんなオタク萌え漫画を読まないといけないハメになったのか?運命を恨みながらも読み進めていきました。

本来漫画は好きなんだけど、読みたくもない漫画を読む行為は義理マンと同じの匂いがしましたな。

で、読んでみたが、まず画のタッチがワシの好みに合わない。
だから気持ちがストーリーについていけない。

おっぱい好きでスケベだけど女の子には優しい主人公と、きわどい衣装のメイドや聖女の女の子達が敵に対して力を合わせて戦っていくという、ゴルフ漫画の皮を被ったオタク萌え漫画でしたな。(笑)

そしてワシの一番困ったのは、各クラブの聖女たちが区別がつかないことだった。(笑)

20147051.jpg

掲載誌の休刊等で、最後の大きな山になるであろう巨大隕石と残りのクラブの聖女たちは出せなかったけど、なんとかうまく収まりましたな。結局最終的にクラブの聖女は9人しか登場せず。

ゴルフとの関連でいえば、各クラブのロフトに準じて各クラブの聖女のおっぱいの大きさが決まっていることぐらいか?

20147052.jpg 

例えばロフトの一番ない1番ウッド(ドライバー)がペチャパイで、一番ロフトが多いPW(ピッチング・ウェッジ)が一番巨乳。

で、巨大な敵との戦いで「聖女祝福合体砲」などという戦隊もの風な必殺技を出したりするわけで、

20147053.jpg

主人公は天才ゴルファーなんだけど、おっぱい好きのスケベで、ゴルフのゴルフ勝負で必殺技を使う際に必ずセクハラをするために、その後で「悔い改めなさいバカーッ!!」と鉄槌を下されるのがパターン。

で、この本の中で登場するクラブの聖女が以下の9人。
たぶん構想では13人いたはずと思いますが。

・フィーナ・・・15歳のヒロイン。英国人で神鉄の第五聖女。5番アイアン(マッシー)に宿る。
・イザベラ・・・神鉄の第一聖女。1番アイアン(ドライビング・アイアン)に宿る。
・オリヴィア・・・神鉄の第三聖女。3番アイアン(ミッド・マッシー)に宿る。
・アナスタシア・・・神鉄の第七聖女。7番アイアン(マッシー・ニブリック)に宿る。
・マリア・・・・白銀の聖女。 PW(ピッチング・ウェッジ)に宿る。金髪と聖女一の巨乳。
・ドロテア・・・神木の第一聖女。1番ウッド(ドライバー)に宿る。一番のまな板貧乳。
・クラリス・・・神木の第五聖女。5番ウッド(クリーク)に宿る。
・ステラ・・・神鉄の第六聖女。6番アイアン(スペード・マッシー)に宿る。
・ブリジット・・・神木の第三聖女。3番ウッド(スプーン)に宿る。

この漫画を読み終えて少し疲れが出たな。微熱が出そうだ。(笑)

感想は特にない。
そして問題はこの漫画をどこに置いておくかだ。
嫁さんに見つかれば、こんなもんを隠れて読むオタクと思われてもかなわんし、困ったな。(汗)

そしていやいやながら面白くもないゴルフ漫画の感想を書くようになったら終わりですな。(笑)


ゴルフコミック(漫画)のカテゴリーの中には、
1990年代後半からオタクゴルフ漫画が出現してワシは全部書評書いてますが、
●「ゴルフ19」
作画/みやす のんき ヤングジャンプコミックス 1997年~1998年 全3巻
●「へ~ん○しん!!-そなたバーディ・ラッシュ」
作画/水無月すう 月刊ヤングジャンプ 2009年 全2巻
●「Bite! グリーンを狙え」
作画/高橋功一郎 角川コミックス・エース 2009年 全2巻
●「バーディバディGO!!」
作画/尾崎晶  双葉社  2011年 1巻

       どうなんでしょ? こんな漫画?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)