なんとか夜のウォーキング&ストレッチも続いていますな。
最近は素振り用バットも持参したりしてやってます。(少し危ないヤツかもw)


え~2014年9月12日(金)~14日(日)開催の新しい大会
「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権」
ですが、

katayamaomote2.png 

katayamaura2.png

なんとチケット代が、オドロキの
¥50,000(限定100枚)、
¥30,000(限定150枚)、
¥15,000(限定1000枚)の3種類のみで
、前売りチケットのみで、当日券の販売はないとのこと。


その3種類は9/12(金)~14日(日)3日間通し券 (9/12、13、14各1枚3枚綴り)
限定100枚(¥50,000) ・・・
ネスレ日本マッチプレー オリジナルチェア引換券
ドライバーをはじめ豪華賞品が当たる抽選券
プロ仕様ヤーデージブック(ホルダー付き)
クラブハウス前駐車券
クラブハウス入場証
クラブハウス内レストラン昼食券(ワンドリンク付)

限定150枚(¥30,000) ・・・
ネスレ日本マッチプレー オリジナルチェア引換券
ドライバーをはじめ豪華賞品が当たる抽選券
プロ仕様ヤーデージブック(ホルダー付き)
葛城北の丸駐車場クラブハウス入場証

限定1000枚(¥15,000) ・・・
ネスレ日本マッチプレー オリジナルチェア引換券


まあ非常に強気なチケット代ですな。
また子どもにも同じチケット代が必要とは!オドロキ!

そして強気の理由が、
最低の15,000円の分でも9月12日入場用1枚、9月13日入場用1枚、9月14日入場用1枚の3枚セット。
つまり最終日に仲間と一緒に行こうとしても当日券の販売はないので、仲間も15,000円分買わないといけなくなるわけ。

普通は女子の場合前売通し券(各日共通・4枚つづり)で6千~8千円くらい。(当日券3千~4千円)
そして男子ダンロップフェニックスで前売決勝1日5千円(当日券6千円)

これらから考えると非常に高価でセレブ用に価格ですな。

ゴルファー&ゴルフファンの高齢化によるゴルフ人口大幅減少が叫ばれているご時勢に、お金を持っている金持ちのシニアしか見られないという、皮肉にも時勢にマッチした大会形式ですな。(笑)

たぶん協賛スポンサー枠もあるので、タダ券をもらった招待客と、なんらかの関係があるために購入した客しかいないような気がします。また初日にギャラリー少なすぎて、その後タダ券が発生しそうな気もする。(汗)

そしてワシの予想ですが、5万円のチケットの方が売り行きが良いような気がします。

まぁ出場プロにはチケット代に相応しいプレーをしてもらいたいと思います。


大会開催趣旨としては、
「リーマンショック以降、企業のグローバル化が叫ばれていながら、海外で活躍したいという意欲に燃えた人々が減少傾向にありますが、その中でも夢を抱き、その実現に向け自分の可能性を試したい世界に挑戦しようとする人々はいます。そういった方々をネスレ日本は積極的に応援したいという想いがありました。
日本で創業して100年もの間、日本独自のイノベーションを起こし続け、グローバルのネスレの中でも存在感を示し続けてきたネスレ日本と、己の技(戦略)を磨き世界の強豪達の中で活躍を続けてきた片山晋呉プロ(以下「片山プロ」)の、“グローバルリーダーとして活躍するために挑戦し続ける人達に、世界で戦うという志を届けたい“という共通の想いが、ゴルフトーナメント開催という形につながりました。
本大会の目的は、グローバルな活躍を目指すゴルファーへ、片山プロのDNAである「世界で勝つために大切なことは、“勝ちたいという強い想い”」と、ネスレ日本の「世界で勝つための戦略」を伝え、海外への挑戦を支援することにあります。」
ということらしい。

そして新しい試みとして、より近くで試合を見られるように、マナーを守ることを前提に、ローピングをしない試みと、さらに、BS-TBSでの生中継に加えてインターネット中継も行われ、コースに設置されたカメラのパノラマビュー機能で、試合中の選手をリアルタイムに見られる。つまり、視聴者の手で中継シーンを切り替えて観戦できるというがある。

確かに日本ツアーでは1975年から2003年まで「日本プロゴルフマッチプレー選手権」というメジャー大会が行われていて、本大会は約11年振りに久々のマッチプレー方式での大会なります。

ただゴルフ発祥の頃は主流だったといわれるマッチプレー方式は、テレビ中継全盛時代になり、マッチプレーのどのホールで終わるかわからないとか最後に残った選手が全然人気のない無名の選手同士だったら視聴率とれないとかテレビの都合によって廃れていった経緯があるわけで、どうでしょうか?

ただネスレ日本が主催なんで、賞金総額6,880万円で優勝賞金4,000万円とは太っ腹です。

そして副賞もグローバルチャレンジサポート1,000万円とヨーロピアンツアー公式戦 「ハッサンⅡ世トロフィー2015年大会」(モロッコ王国開催)の出場権とレクサスNX200tという豪華版。

地上波を外して経費削減をし、インターネット中継とパノラマビュー機能で新ゴルファー層を狙っていますな。

テレビ放映はBS-TBS
9月13日(土)14時00分~16時00分
9月14日(日)14時00分~16時00分 (両日とも生放送)

インターネット放映は
ネットでの生中継 9月12日(金)、13日(土)、14日(日)


画期的で豪華で面白そうだけど、ワシはこの両日とも休日出勤で見られないな。
結果が気になるので、後で入場者数とか反響を調べるけどね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)