最近忙しくてゴルフ本を探すのも読むのにも全然余裕がないので、
amazonのKindle版で安いゴルフ本を購入して読みました。

ただワシは未だKindle版や電子書籍には300円以上出す気がないので、
素人作のゴルフ小説でたった99 円(笑)のKindle版を読んでみた。

あんまりいないんじゃねえかな? こんな雑食系の本書評ブロガーは!(笑)

ナホバGC殺人事件(第4版)ナホバGC殺人事件(第4版)
(2013/05/05)
松田 源地露

商品詳細を見る

著/松田 源地露、表紙イラスト/弓指 智寛
フォーマット: Kindle版・33 ページ 出版社: ONC; 4版 (2013/5/5)という本です。

<内容>
「果たして、これは犯罪なのか?
 度重なる2つの事故の共通点の多さに、女刑事和代は苦悩する。
 最先端IT技術も絡んだ驚くべきトリック!

 本格ゴルフミステリー ナホバGC殺人事件
 全11話、ここに完結!」



このゴルフ本をスマホで読んでから感想書くために色々調べてみたけど、作者は50代?の奈良県のアベレージゴルファーである素人さんの処女作らしいです。

いわゆるネット小説というジャンルでmixi.で2006年ごろネットで連載していたものをKindle版で出したものですな。たぶん。

え~、内容の前にワシは改めて気づいたが、
これはKindle ダイレクト・パブリッシングのセルフ出版(いわゆるKDP)というやり方で、無料でできるファイル変換: 原稿のアップロードから Kindle 本への変換まで、コストは一切かからず出版の手順は簡単なシステムで出した本でしょう。

このシステムはほんまにええわ。お金かからなくて。

今まで○百万円出して紙の本を自費出版しても、親戚知人友人が買ったらもう買う人いないという素人作家残酷物語と比較して、確かに初期費用かけず簡単に出版出来るわけで、またワシみたいに金額の安さだけでポチッと購入する人間もいるから、どうせ作者の自己満足の世界なら非常にいいかも?

そしてあとから随時に修正や追加も可能だし、こりゃ作家志望の方はこれからはこれですな。

いまや書籍の大巨人Amazonだから出来ることで、そのパワーは今後旧態然の自費出版界を駆逐するでしょうな。

え~感想はミステリーだからあまり筋は書けないけど、2つの殺人の方法が納得できないし、
ストーリーが短すぎて、感想はなんとなく読んでなんとなくフ~ンという感じだな。

よう知らんけど、舞台になるコースは奈良県の実在の9ホールのコース「ナパラゴルフGC 一本松コース」をイメージしてる のかな?

またネットサークルとか掲示板とか、2005~2006年当時のゴルファーをとりまく状況が懐かしく思えますけど、体裁面から言えば1話ごとにページ区切りをして改ページするべきだと思いますね。


そして表紙のイラストはセンスがあってなかなか良いと思いましたが、
ディープなゴルフ本読みのワシから見れば、このゴルフ本の評価はやはり★★になりますな。(満点は★五つ)

関係者以外ではたぶんワシが初めて感想書いたわけなんで、この評価は仕方ないけど、
価格が99円なら購入者から叱られないかも?と著者もよくわかって価格をつけたような気がしますね。(笑)


そしてワシがKindle版に対して思ったことは、


ワシは内容と金額が合うような作品は納得するけど、高いだけで内容とのバランスが合わないものや、需要と供給のバランスを考えてない身の程知らずの価格の本が Kindle版には多いと思うな。

特に古いコミックが1冊300円以上するなんて、滅多に誰も読まないからこの金額ではなくて、需要を無視してるわ。

古本で100円ぐらいで買えるものを500円なんて馬鹿にしてるというか商売下手だな。

例えば1年で10冊も売れなかったものは、次年は半額とかにしてもいいんじゃないかな?
また新刊も売れる時期があるので、1年経つごとに5%か10%とかプライスダウンしてもいいのは?

そして新人の素人作家が実績もないのに、生意気に1冊1000円とか800円とかの価格をつけるのはダメだと思うな。

身の程知ってください。
海の物とも山の物ともつかないものがそんな生意気な金額つけないでくれよな。

なんぼamazonに抜かれるのか知らないが、処女作は最高でも500円程度の安価にして読んでもらって実績を積んでから次作から高くしてください。身の程知らずの価格設定じゃ逆に読まれないな。と思う。
(ただワシは500円でも電子版は読まないけどねw)

まぁ紙版は経費的に考えて売価1000円以上するのは仕方なく、電子版と紙版の同時発売中であれば価格が紙版に近づけるのは仕方ないが、ゴルフものでは知名度のあるマーク金井でさえKindle版は安く設定してたくさん売ってますな。

最後にもう一つ確認しておきたいことは、200円以内なら読んで後悔しても仕方ないと諦められるが、安かろう悪かろうじゃいけないのである程度のレベルにしてもらいたいな。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)