8日から土日も連続で出勤して、やっと23日に約2週間ぶりに休めました。
特に土日の休日は暑い中での仕事で、なおかつ朝夕の寒暖の差があって風邪を引きました。

体力が弱ってる中で抵抗力もなく、持病のアレルギー性鼻炎がパワーアップした感じでしたな。
でも、どちらにせよ9月~11月は忙しいので、ゴルフなんてする暇もなけど、たぶんラウンドは後2~3回かな?


え~なんかkindlle版のビンボーくさい本ばかりの話題が続いたので(笑)、
このへんで久々にゴルフ本としては高価な税込¥1,620というゴルフ本の書評をば。

今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則
(2014/05/29)
マーク 金井

商品詳細を見る
192ページ 出版社: 実業之日本社  2014年5月

<内容>
クラブとシャフトで飛距離は変わる!あなたに本当に合った、今どきクラブの選び方。

クラブとシャフトで飛距離は変わる!
あなたに本当に合った、今どきクラブの選び方

パーシモンからメタル、チタン、そしてデカヘッド…。
ゴルフのドライバーの進化は、日々、とどまるところを知りません。
とりわけここ数年は、クラブメーカーによる新製品開発のサイクルが
短くなって、次から次へと新製品が登場してきています。
そのうえクラブに関する情報は雑誌やテレビ、そしてインターネット上に、これでもかと
いうほど氾濫していて、多くのゴルファーがその流れについていけなくなってきています。

いったい今どきのドライバーはどうなっているのか。どうやってクラブを選べばいいのか、
そしてそもそも自分に合ったドライバーとはどんなドライバーなのか。
現在メディアで引っ張りだこの人気クラブアナリスト・マーク金井が、
そうした多くのゴルファーの疑問に答えます。

●飛んで曲がらないドライバーとは?
●ドライバーは軽いほど飛ばせるのか?
●究極に飛ばせるドライバーヘッドとは?
●ここぞの飛びがとにかくすごいドライバーとは?
●そもそも自分に合うクラブとは?
●スライスを直してくれるクラブとは?
●100を切るためのクラブとは?
●自分に合ったシャフトとは?
●ヘッドとシャフトのマッチングはある?
●フレックスはどうやって選べばいい?

などなど、全部で36の項目に、マーク金井が独自の視点で回答し、クラブ選びの法則を示します。
またそのなかで、今どきのぶっ飛びクラブの性能を生かすスイングについても解説。
最新性能を備えた今どきドライバーを使って、今より30ヤード
飛距離を伸ばすための道筋を、わかりやすく語ります。

「最新ドライバーの性能を知って、うまく打てるように
スイングを改善すれば、30ヤードの飛距離アップが可能ということです。
自分のような55歳のシニアのオッサンにもできるのですから…」(マーク金井)

<目次>
第1章 まずはクラブのことを知っておこう―今どきクラブの基礎知識(曲がらないドライバーとは、どんなドライバーか/ 飛んで曲がらないドライバーはあるのか ほか)/ 第2章 ホントに飛ぶクラブとは―物理と体力、そして感性とのせめぎ合い(究極に飛ばせるドライバーヘッドとは/ ディープとシャロー、どっちが飛ぶのか ほか)/ 第3章 自分に合うクラブを選ぼう―マーク流クラブ選びの極意(そもそも自分に合うクラブとは/ 自分に合うクラブはどうやって探すのか ほか)/ 第4章 シャフトを見極める―今どきのシャフト選びの極意(自分に合ったシャフトとはどんなシャフトか/ 軽いシャフトほど飛ばせるというのはホントか ほか)/ 第5章 クラブの目利きになる―売り文句にだまされないために(クラブの長さは何を基準に計っているのか/ ロフトの数字は何を表しているのか ほか)

<著者略歴/マーク金井
「1958年9月16日生まれ、大阪府出身。クラブアナリスト。ゴルフ誌だけでなく、TV、ラジオなど、さまざまなメディアで活躍する、自称「ゴルフ芸人」。ハンデ3の腕前と豊富な知識を生かした、わかりやすい試打レポートには定評がある。一方でクラブ設計者としても活躍。メーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し、販売も手がける。また、悩めるゴルファーのために自らゴルフスタジオ・アナライズを主宰している 。」

野村タケオ
「1966年8月17日生まれ、京都府長岡京市出身。大阪デザイナー専門学校卒。インテリアデザインの会社を経て、1992年に上京。フリーイラストレーターとして活動を始め、現在は自称「ゴルフバカイラストレーター」として、新聞、雑誌をはじめ、さまざまなメディアに作品を提供」



この本は以前から少し気になって本屋で2回ぐらい立ち見してたゴルフ本です。

この本の作者マーク金井氏は2013年07月13日「マーク金井の書かずにはいられないNEO」の「電子書籍と紙の本は共存共栄できるのか!?」のなかで書いていたが、電子書籍をよく売ってるマーク金井が電子書籍を出す時にこだわっているのは、紙の本では絶対やれない(やっても売れない)、超ニッチなテーマ。そしてanmazonの中古に対抗出来る150円前後の価格設定の良さで売れています。

で、今回の久々に高額価格の部類に入る1,500円を超える本を出したわけで、かなり迷いましたが、少しばかりボンビーネタが続いていたし久々に書くので購入して読んでみた。

この本はゴルフ芸人ことクラブアナリストのマーク金井氏と人気ゴルフイラストレーターの野村タケオ氏(シングルハンデ)との対談形式で、しかも野村タケオ氏の面白いイラスト付の本です。
そして帯にはホリエモンの推薦の言葉と「新しいドライバーに5万円を使う前に、これを買って読んでください」とのコピー。

そうだね、これはシングルながらもスライサーの野村氏が金井氏からゴルフクラブの真実を聞き出す形式をとっていて、漫画&イラスト入りで読みやすいな。

クラブの基礎知識からホントに飛ぶクラブ、自分に合うクラブ選び、シャフト選びの極意、そしてクラブの目利きになるなど初級者から中級者のクラブ選びへの確かな指南書となっています。

ほんまマーク金井氏は上手いね。
素人(元GD編集)がクラブアナリストとして自分の売り方をよくわかっている。そしてゴルフ本の作り方も。

ゴルフの本を買う層と言えば男性。基本男は道具好き。
ブログでも人気なのは試打ブログに工房ブログ。
数字データ的な裏付けと感覚をわかりやすい言葉で伝えることが出来れば、信頼が出来るわけだ。

まぁ内容的には基本的な流れは既知のことだけど、本の構成が良いのと平易さがなかなかです。
ただ金額が1,500円超なのがマイナスポイントですが、それを新しいドライバー5万円を買う前に読めば!ってことで割高感をなくしてますな。

一つなるほどって感じたのが、今までの日本のゴルフメーカーのターゲットがずっと「団塊の世代」だったという事実。それがゴルフクラブの功罪に繋がっていたを感じた。日本のクラブの割高感と見栄をくすぐる表示。

え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★★です。(満点は★五つ)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)