結局お誘いのあった25日(土)のゴルフは仕事のため不参加。
まぁ今年は多忙なゆえゴルフモードから遠ざかって、またタイミングも合わずで現在1.5ラウンドのみ。(笑)

そして練習も2ヶ月以上もせず。こんなんでよくゴルフブログ書けてるとは思いますが。(笑)

昨日26日はパチ後にTVで男女プロツアー最終日を見た。
特に女子の大山志保さんの優勝は良かったな。
また17番の吉田弓美子の入れ―って言ってからホールインワンしたシーンも。

そして二人のおっぱいがプルプルしていたところも良かったが。(笑)


え~次の本はゴルフコミック(漫画)コーナーに入れようとどうか迷ったけど、
基本レッスンコミックものは分類しにくいのでゴルフ本書評コーナーで書きます。

佐久間馨パープレーは誰でもできる (にちぶんMOOK)佐久間馨パープレーは誰でもできる (にちぶんMOOK)
(2014/09/29)
あまくさ とあそ

商品詳細を見る
日本文芸社刊  2014年9月

著者/あまくさ とあそ、画/張 慶二郎

<内容>
「ゴルフレッスンコミック誌『佐久間馨のゴルフって難しいそんなの大ウソ!』が好評連載中の佐久間馨プロの最新MOOK。あらゆる〝常識〟にとらわれてがんじがらめになっているゴルファー達に捧げる超画期的なレッスン書。Sスウィングの理解を深める動画レッスンの入ったDVDも付いて、充実の内容になっています。パープレーへの第一歩を踏み出せ!!
今回は佐久間氏初のコミックス化と45分のDVDが特別付録としてついていて、今まで以上にわかりやすくなっていて、必読の一冊。」

<佐久間 馨 (さくま かおる)>
「1955年生まれ。「ゴルフ科学研究所」主宰。 20年、機械のエンジニアとしてサラリーマン生活を送りながら、数々の競技に出場。その後、43歳で独立、「ゴルフ科学研究所」を設立。
ゴルフスウィングの解析を進め、科学的にスウィングメカニズムを解明し、さらにメンタルや戦略などパープレーで回るための方法として「Sメソッドゴルフ」を完成させる。アマチュア時代の最高ハンディはプラス4.1。2010ゴルフダイジェストアワード・レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。現在はゴルフ導夢(ドーム)(〒221-0862 神奈川県横浜市神奈川区三枚町691-1 ℡045-442-7034)を中心にレッスンを展開。主な著書は「練習ぎらいはゴルフがうまい!」(ゴルフダイジェスト社)、ゴルフは突然うまくなる」(現代書林)、「ゴルフはパープレーが当たり前!」(日本経済新聞出版社)等多数。 www.sakumakaoru.com/golfkagaku/」


この本は日本文芸社「ゴルフレッスンコミック誌」に連載中の
ゴルフ漫画『佐久間馨のゴルフって難しいそんなの大ウソ!』をまとめたものです。

sakuma_mokuji.jpg

佐久間氏初のゴルフコミック化のムック版DVD付の本です。

sakuma sswing

ただ、このコミックは以前紹介したように張 慶二郎の画がホラー?って思うほど怖いタッチです。
ずっとなんで?こんな変な漫画家にゴルフコミック書かせるのか?なんて思ってましたが、
読んでいると段々と新鮮で味がある画風だなと思えてきました。(笑)

ワシは佐久間馨氏の本は今までGD社の「練習ぎらいはゴルフがうまい!」
現代書林社の「ゴルフは突然うまくなる」、阿部出版社の「スコアがよくなる100の方法」
東邦出版の「ゴルフで100の壁に悩むのは常識の思い違いが原因です。」
日経新聞出版社の「ゴルフはパープレーが当たり前!―Sメソッドゴルフ・スコアメイキング編」と読んできて今回が6冊目になりますな。

佐久間氏の理論の基本である「誰でもパープレイが出来る(練習しないで)」というのが、
ジュニアから始めた者は別にしてオッサンが練習もせずパープレーで回れるわけないじゃん!?
とワシはどうしても気に入らなかったし違和感があった。

が、彼の理論はこのMOOKのコミック(漫画)版が一番読みやすくわかりやすいな。
ワシが根っからの漫画育ちだからかな?(笑) 少しやってみようかと思うだけの説得力があります。

ill_140801_02.gif

また、このコミックに出てくるゴルフ科学研究所所属の永江 直美プロですが、ものすごい巨人に描かれていますので、調べたら年齢51歳で身長175cm(体重68kg)とのこと。ただ残念ながらプロ生活で特筆すべき成績は残していないので無名ですが。

Sスウィングとは、人体の骨格と筋肉を研究し「自分で動かすパート」と「勝手に動かされるパート」を分類したわけで、

「自分で動かすパート」とはアウターシェル(腕、鎖骨、肩甲骨)で、
「勝手に動かされるパート」とはインナーコア(肋骨、背骨、骨盤)

そして、バックスウィングは左胸鎖関節を支点に、
スタート時に右ひじを少し後ろに引き、クラブが8時くらいを指すまで左腕をまっすぐ引く。
後は慣性力で勝手に行われるので、切り返しで肋骨を正面に戻して止めるだけ。
そして飛距離アップにはインパクトの直前にシャフトを逆しなりさせること。などなど。

そしてついでに付録のDVDも見てみましたが、ゴルフチャンネルの番組で使用したものなどのまとめ映像で、このDVDのためにオリジナルで作ったものではなかったですが、結構説得力がありました。

ただ、このコミック版の方が分かりやすかったかな?(笑)
え~このMOOK本ですが、ワンコインとはいかないが、DVDもついてて税込720円とかなり割安感がありますな。

え~ワシのこのゴルフ本の評価は意外に★★★★です。(満点は★五つ)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)