寒いねぇ。
それに1月から3月は年度末でいろいろ忙しいんだよね。

ワシは現在ゴルフは冬眠中ですので、ブログも以下同文で寒いものです。(笑)



ParGolfのサイトに毎週水曜日の朝10時更新の中年には面白いコーナーがある。

それは、「中嶋常幸 50歳からのゴルフ健康体」シリーズ!

12月から始まって現在7回目。
中嶋プロとカイロプラクティックの専門家山根悟さんのゴルフと身体の対談シリーズです。

中嶋プロも中年を迎え右ひざと左ひざを手術して関節の柔軟性の必要性を語っていますな。

スイング面で重要なのは肩関節と股関節。セルフストレッチが有効。
前屈する、股割りするなど体操をして、一日1ミリでも可動域を広げる努力。
足首下、いわゆる外くるぶしと内くるぶしの下には26個の骨があり、捻挫を甘く見るな!とかタメになります。

どこまで続くかわからんが、長く続けば書籍化もあるかも?


(1)体は左右対称ではない!            (2)右利き社会で右肩が前に出ている          
 nakajima1.png nakajima2.png

(3)スイングは200ある関節の連動          (4)現代人は捻る動きが足りない!
nakajima3.png nakajima4.png

(5)ゴルフスイングに機能的な“トミーズ背中”   (6)“ずっと猫背のまま”は 血圧が高くなる!
nakajima5.png nakajima6.png

(7)捻挫を甘く見るな!
nakajima7.png


え~ワシは中嶋プロ関係では以下の本を読んでいるわけで、

40歳にしてわかる「理にかなう」ゴルフ40歳にしてわかる「理にかなう」ゴルフ
(2002/06)
中嶋 常幸

商品詳細を見る
 この本のワシの書評ですが、この本で石渡俊彦氏のことを知って以来ストレッチの大事さは知ってますな。
その他では、「中嶋常幸の真剣ゴルフ塾」と、奥さんが書いた「ロープ ― “隔て”から“絆”へ 夫・中嶋常幸復活の軌跡」を読んでます。

ほんとに中年になったら腰痛、肘・膝痛、五十肩に老眼にメタボと身体に変調と痛みが必ず出てきます。

ワシの持論は、「中年のオッサンはスイングよりストレッチが大事!」です。

     なんて書いても、ワシはたまにしかしないので身体もゴルフもボロボロですが・・・(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)