ワシが幹事をしている27日(土)の会社のコンペですが、先週参加締切をしたのだけど、
肝心の若手中堅はほとんどいなくてオッサンばっかりで、むしろ協力社の方が参加者が多いという変な話。(笑)


え~次は恒例のバカの一つ覚えであるゴルフ本の書評コーナーですが、こんな100切りターゲットのムック本は普段は買わないのだけど、現在図書館に予約しているゴルフ本3冊がまだ来ないので、仕方なく時間稼ぎにネタ対策で購入した本。

出来る限りお金を使わず書評を充実させたいけど、仕方ない。(笑)

ワシの県では図書館が充実していて、一番の岡山県立図書館は入館者数・個人貸出冊数が9年連続日本一であり、自分の所在地図書館にない本でも、県市町立及び私立及び大学図書館全網羅横断検索で簡単にネットで借りれるシステムが充実しているわけです。



それでは元練習好きだった(過去形)ワシが選んだゴルフ本の書評をば、

rensyupargolf.jpg
本当に上手くなりたい人の ゴルフ練習法 (GAKKEN SPORTS MOOK パーゴルフ) ムック – 2015/2/19
週刊パーゴルフ編集部 (編集)・ 学研マーケティング刊  2015年2月


<内容>
「ラウンドよりも練習場での時間を多く過ごすアマチュアのために、週刊パーゴルフで掲載した練習法の特集を選りすぐって1冊にまとめたレッスンムック。練習の時に閃いたこと、気づいたことを書き込める、開眼実践ノートの付録付き。」



今回はゴルフ本じゃなくてゴルフムック本なんだけど、
世の中に数あるこういうゴルフムック本の中で、ワシが最後までどちらにしようかと迷ったのが下記の本。

teutialba.jpg
手打ちが直る!スイング修復(リノベーション) (プレジデントムック ALBA TROS-VIEW500円でちゃっかり上達) ムック – 2015/4/2 プレジデント社刊  2015年4月

これはタイトルに惹かれてパラパラと立読みしてみたが、最初がシニアの室田プロのドロー打ち講座で後はプロのスウィング解析写真が多くて、これじゃ手打ちが直らんからやめた。そんなに簡単に手打ちは直るわけがない。(笑)


で、この「本当に上手くなりたい人のゴルフ練習法」の本の中で少し注目した箇所は、
「ボールの位置」と「クラブを寝かせないコツ」だな。

●「適正なボール位置」

201564b 3

ボールの位置は、
体の回転主体(ボディーターン)派は番手を問わず左ワキの前が適正位置。ヘッド軌道がスイープなのでインパクト前後の上下動が少ないので、インパクトゾーンが長いので左ワキの前のボールを芯でヒットできる。
腕降り主体派は番手によって左ワキの前から鼻の前まで変える。
ヘッド軌道が鋭角なのでインパクトゾーンが短くヘッドの上下動が多いので、ボール位置を右に移動しないと短い番手でトップが出やすい。

これは知っていたけど、改めてその理由がわかったな。


そして●「クラブを寝かせないコツ」

201564b (1)

クラブをタメて腕を返してヘッドを走らせる意識が、右肩が下がってクラブを寝かせてしまいインパクト直前に手元が浮くわけで、振り遅れてフェースが開いているのを嫌がり、無理に腕を返せばヒッカケを招くという悪循環。

グリップエンドを止めてヘッドだけ下ろして打つ。手元よりヘッドを先行させて打つイメージで。

ただ永年のフッカーのワシには、これはなかなか難しいんだよね。。。。


まっこういうムック本はワンコインムック本など同じで、大きな写真入りでわかりやすく解説しているので人気ですな。

内容も普段雑誌で掲載したものに若干補足してまとめれば、時間もかからないし制作費も安くつくわけで出版社にも全然文句はない。今の時代は字がいっぱいの気難しい本は人気ないもんね。

え~この本は100切りの本なので、せっかく買ってみたけどあまり見るべきものはなかったな。
付録の「開眼実践ノート」もブログに書いとけば後で見直せるからいらんし。(笑)

確かに今のワシはヘタヘタで90切りに苦労しているけど、最盛期の10年前頃には月2回弱でベスト74を2回、そしてマグレじゃない証拠に75、76、77も各種コンペ(全部違うコース)で出した実績もあるわけで、言うなれば、「少しはわかっていた」わけです。ただ今はもうできないだけです。(笑)

え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★です。(満点は★五つ)

今回は我ながら書いてる内容も不本意です。やっぱり良い本を読みたいですな。(溜息)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)