あ~あ、せっかくのお盆同級生ゴルフを期待してたのに、この猛暑のために幹事を中心にビビッてなかなかまとまらないんだな。

ワシも実はこの猛暑の中では死ぬかもしれないので、本当はゴルフはどっちゃでもいいのだが、夜の宴会だけは楽しみなんでやって欲しいんだけどね。

まぁとりあえずお盆も何日か休日出勤があり、
そして娘も帰省するので、息子の彼女も入れての待望のカラオケが楽しみちゃ楽しみかな。

そして嬉しい話題もありました。
石川遼君が高校生で初優勝した、岡山で一番高い接待コース「東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ」に9月仕事(社費=タダw)としてコンペ参加出来ることになったんで、あのコース久々なんで楽しみですわ。(笑)



え~今日は本の書評は、恒例のゴルフ本ではなく、先日書店で面白そうな本を物色中に見つけた野球漫画本。

yakyunmanga.jpg
野球マンガ大解剖 (サンエイムック) ムック – 2015/7/23
三栄書房刊  2015年7月

<内容>
「さまざまな世代に愛される野球マンガ。高校野球を舞台としたマンガを紹介し、あらゆる野球マンガを分類分析する。ほか、赤星憲広、大谷翔平らのインタビュー、マンガ「ちばあきおと「キャプテン」」なども収録。」

「タッチにダイヤのA…野球マンガ大集合のムック、キャプテン創作秘話も」
コミックナタリー 2015年7月23日
「野球マンガを特集したムック「野球マンガ大解剖」が、本日7月23日に三栄書房より発売された。

巻頭には昨年、野球日本代表「侍ジャパン」の追加選手として選出された「キャプテン」の谷口タカオ、「タッチ」の上杉達也、「MAJOR」の茂野吾郎、「おおきく振りかぶって」の三橋廉、「ダイヤのA」の沢村栄純が登場。また侍ジャパンアンバサダーの赤星憲広へのインタビューも掲載されている。

そして先述した5作品のほかにも「巨人の星」や「ROOKIES」など幅広く野球マンガを紹介しており、三田紀房へのインタビューも掲載。ちばあきおの元担当編集者への取材をもとに井上正治が描き下ろしたマンガ「ちばあきおと『キャプテン』 マンガ創作裏話」も収録された充実の1冊だ。」




このムック本は高校野球の甲子園での激闘が始まる季節に合わせて出版された「野球漫画のまとめ本」です。

書評では「キャラ名を間違えたり校正ミスが多い!!」とボロクソに書かれていますが、
ワシはそんなオタク的なことには全然、まったくって言っていいほど関心がない。

ワシが関心あるのは、マトリックス分析を使って野球マンガ分析をしてる内容と、
1947年から2015年までの約70年弱の野球マンガコミック歴史まとめ見本なんだな。

分析の一つの方法として、二面から紐解く「マトリックス分析」があり、
この本では一つのベクトルが「本格派←→必殺技」、もう一つが「気合い←→ゆるさ」という面から、
ゴルフ漫画を下記の9タイプに分類し分析解説しているわけだ。


DSC_0278.jpg

タイプA 黎明期空想ほのぼの・・スポーツマン金太郎・ちかいの魔球他
タイプB 根性必殺技・・・・・・巨人の星
タイプC トンデモ超人・・・・・アストロ球団・侍ジャイアンツ他
タイプD 青春ラブコメ・・・・・タッチ・ジャストミート・ナイン・H2他
タイプE 本格リアル・・・・・・キャプテン・MAJOR・ROOKIES・ストッパー毒島他
タイプF 大爆笑&ファンタジー・すすめパイレーツ・逆境ナイン他
タイプG ノンフィクション・・・広島カープ誕生物語・江川と西本他
タイプH 多目的別視点・・・・・クロカン・グラゼニ他
タイプI  リバイバル・・・・・・MIX・ドカベン他

ただしかし、タイプFからタイプIは分類に無理があるような気がするけどね。(汗)


まぁこの本を買った理由は、ワシはこのブログでゴルフマンガ(コミック)評を専門に書いているので、いずれ機会があればゴルフ漫画の分析と歴史年表をまとめたいという気持ちがあって参考として買ったのだ。

DSC_0281.jpg

この出版史によると野球マンガの第1号は1947年井上一雄「バット君」学童社(漫画少年)で、次に田中正雄「ライナーくん」講談社(ぼくら)らしいが、ワシは生まれてねぇから全く知らんわ。

それにしても、この大解剖本を読んでみて、知らない野球マンガがいかに多いか気づいた。

というかワシは野球にあんまり興味がなかったので、ほとんど野球漫画読んだなかったことに改めて気づいたな。(笑)

この野球マンガ大解剖を読んでみて、今のところ、ゴルフ漫画の方が数もはるかに少なくてマトメやすいが、ゴルフ漫画(コミック)には少年雑誌に載った少年物より、はるかに大人(オッサン)向きのマンガと漫画誌が多くて、これは知ってるわ&懐かしいわ的なオタクが少なくて共感を得そうもないような気もするな。(笑)

ゴルフは大人のスポーツだし、昔は金持ちしかしなかったから歴史は浅いもんね。
だからワシが現在把握しているだけで、レッスン物を除くと約160作品ぐらいしかゴルフ漫画(単行本)がなく、そのマンガもマイナーなものが多いから知られていない現実がある。

ちなみに、ゴルフ漫画は少年誌では1974年藤子不二雄A「プロゴルファー猿」(少年サンデー)、大人誌では1978年名木宏之「イーグルマン」(徳間書店)が最初の単行本ですね。

それと、この雑誌では野球漫画が多すぎたので出版順にまとめているだけですが、本来はその時代の出来事や野球のニュースと併記して時系列的に年表を作らないといけないと思うけどね。それでないと漫画史のまとめにならないもんね。

ワシの「ゴルフ漫画(コミック)」コーナー ← ご興味があればどうぞ。
ただワシのゴルフ漫画マトリックス分析と年表はいつになるか分からんので、期待せずに待っててちょ。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)