くそー!身体中がかゆい!
頭から目から首・腕・脇・腹・足が全部かゆい。

薬飲んでるけど、持病のアレルギー性鼻炎が仕事のストレスからか?身体中にかゆみが広がっている。

今週は仕事がピークなのに明日は仕事ゴルフ。
ゴルフなんてをやってると自分の首を絞めるだけなのはわかっているが、
プレー後にも仕事をするつもりだが終わりそうもない。あーダメだ。

そんなイライラの中で、よく本が読めると思われるでしょうが、これは以前から書いて準備していた記事。
ブログ書かないとイラつくのでアップしたが、書いてもあまりストレス解消にはならなかったな。ほんま。



え~次のゴルフ本は「月イチ」「シングル」という、アベレージの本能をくすぐる刺激的なタイトルの本です。

onoderasingle.jpg
なぜあの人は月イチゴルファーなのにシングルになれたのか?―スコアメイク欲張り納得ガイド 文庫
小野寺 誠 (著)

主婦の友社刊  2015年2月

<内容>
「アマチュアゴルファー永井花奈のコーチとしても脚光を浴びる小野寺誠の短期でスペード上達したい人向けのヒント集。

「実力はそのままでもスコアをアップすることはできる! 」をコンセプトにした小野寺誠のスコアメイク欲張り納得ガイド。小野寺氏は2014年の日本女子オープン(メジャー大会)で3位になって話題となったアマチュアゴルファー永井花奈のコーチとしてさらに脚光を浴びている。第1章 10打損をする人の原因は何? 第2章 5打簡単に縮まるショットの考え方 第2章 シングルに学ぶコースマネージメント術 第3章 良いスコアを出すためのヒント 第4章 確率の高いスイングをマスターするドリル 第5章 突然の大叩きを防ぐラウンド中の素振り 短期でスペード上達したい人向けの目からウロコのヒント集。 」

<目次>
序章 本当の「100切り」こそシングルへの道の始まり(スコアがよくならないには理由がある/安定した「2桁スコア」を出すコツとは何か? ほか)/
第1章 安定したゴルフに必要な技術を短期間で覚える(いつも同じように曲がってしまう球筋は「保険」になる/フィニッシュの安定がシングルへの道 ほか)/
第2章 シングルを目指すための実戦テクニック(朝の練習は、「弾道」の確認ではなく「打感」の確認/後方にスパットを設定するとグッドショット連発!! ほか)/
第3章 シングルを目指すためのショートゲーム(グリーン周りで使う「絶対の1本」をつくろう/グリーン周りのアプローチはピンを抜く ほか)/
第4章 短期間でレベルアップする練習法(ドライバーのティアップの高さを変化させて打つ練習もしてみよう/フェアウェイウッドは、ティアップとマットの交互打ちで慣れること ほか)

<著者/小野寺 誠(おのでら まこと)>
「1970年生まれ、東京都出身。16歳で渡米して最新スイング論を学ぶ。21歳で帰国し、1996年にプロ入り。トーナメントに出場する一方で、一般アマチュアからトップアマ、ツアープロまで幅広くコーチングを展開。世界のトッププレーヤーのスイング分析にも定評がある上に、過去5000人を超すアマチュアを指導した経験などから多くの講演を行ない、ゴルフTV番組にも出演。
著者は『100を2度と叩かないゴルフレッスン』『100を切れない人の読むだけで解決する勘違い62』(主婦の友社)、『「飛ばす」「狙う」を理解するゴルフ練習メニュー200』(池田書店)、『ミスが減り、スコアが伸びる最強のゴルフ練習法』(PHP研究所)など多数。171センチ、72キロ。JGM所属。 」




著者小野寺誠プロの本はなんか軽くて平凡な感じがして、今まで一冊も読んでなかったのだが、この刺激的なタイトルに少し嫌な予感がしてたんだよね。
それにamazonを見ても小野寺誠プロの本には書評が少ないから、小野寺プロの本はあまり読まれていないような気がする。

まず最初の第1章が「本当の「100切り」こそシングルへの道の始まり」から始まっていて、ん?と思いながら読み進めたが、内容はシングルになるための最低条件に過ぎなく、これは90切りターゲットの本?ではねぇの?と疑問が湧いた。

えっ?表紙帯に「短期スピード上達タイプ向き」って書いてるので、この本はシングルになれるための本じゃねぇの?と疑問に思ったわけだ。

そうしたら、この本をよく読むと、小さな文字で『同じ主婦の友社の同じく小野寺誠プロの「100を2度と叩かないゴルフレッスン」(2012年刊)と「100を切れない人の読むだけで解決する勘違い62」(2013年刊)を再構成し、大幅に加筆修正したもの』と書かれていた!

えーー!またまたタイトル詐欺疑惑の本です!!

100切りの本を、シングルになれる本とかに装いを変えて、タイトルを大げさに偽ってはいかんな!!

この本は、山口信吾さんの売れた本「普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法 」 の柳の下の二匹目のドジョウを狙ったようなタイトル詐欺疑惑本ですな。(笑)

51SklKdQ2rL__SX345_BO1,204,203,200_
この本は普通のサラリーマンではないエリートサラリーマンの山口さんがハンディ10の57歳で、シングル入りを目指して年間100万円のゴルフ代を使い2年間で(還暦寸前に)ハンディ8なった本です。ウソじゃないけど、タイトル詐欺疑惑です。(笑)
つまり出版社のタイトルの付け方が上手かったわけで売れたわけです。

しかし、山口さんの本があまり悪く言われなくて評価が高いのは、わかりやすい納得の内容だったからね。



それに比べ、この小野寺プロの本は看板に偽りありです。(笑)

この本は悪くはないけど普通のありふれた内容でタイトル的な意味でのヒントや秘訣は少ない。
これに書いてる基本を出来ないとシングルになれないのは確かですが、これはありふれた普通の最低条件です。

出版元の主婦の友社もDNPの子会社になり、「金のかかり売れそうもない本は出さない」という方針なのかも知れないが、こういう目先を変えただけの本の出し方はどうなんでしょうね?!

ただ、用心深いワシは、こういうタイトルが怪しい本は買うことなく図書館から借りて読んでますがね。(笑)


まぁアベレージはシングルや飛ぶって言葉に弱いからね。

本能的にこの言葉を目にすると読んでしまう。

だってそうでしょ!
これを読んでるあんたも、
シングルの文字を見つけてこのブログの読んでるわけでしょ?!(笑)


え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★です。(満点は★五つ)

新刊って言っても、もう半年が経っているので少し辛口ですが、
内容は普通なのに、タイトルに故意的な偽りがありますので、こういう結果になりました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)