もう少し、もうちょっとで、この2か月間苦しみぬいてきた案件が終わり、通常の師走の忙しさに戻る。

この2ヶ月でだいぶ痩せたな。

食欲もなくなり、以前なら昼なんて外に定食類700~800円を食べて腹も出てたんだけど、
この2ヶ月はコンビニでサンドかおにぎり一つ。。。まっ安くついて家計には良かったんだけどね。

それにずっと立ち上がると立ちくらみ。
まぁ内に貯めると良くないので、ずっとボヤいて発散させてたけどね。(笑)


え~定例の週1回のブログ更新ですが、
次のゴルフ本は昨今のゴルフ業界で最多出版数を誇る、売れっ子レッスンプロの中井学さんの本です。

nakaising.jpg
「ゴルフ シングルになれるのはどっち?」 中井 学 (著)
PHP研究所刊  2015年7月

<内容>
「たとえばドライバーで飛ばす練習と、飛ばさない練習のどちらをあなたは選ぶでしょうか。ドライバーは距離を出すためのクラブですから、誰でも飛ばす練習をしたくなることでしょう。実は、そこに落とし穴があるのです。
ゴルファーたちが迷いそうなこのような設問を、本書ではピックアップしてみました。常識的に正しいと思われていたことが実は上達を妨げていたり、多くのゴルファーにとってタブーと考えられていたことが上達の近道だったりすることが多々あります。
果たして、あなたはシングルゴルファーになれるタイプでしょうか。自己テストを早速始めてください。そして、上達のキッカケづくりに役立ててください」(本書「はじめに」より)
シングルプレーヤーになれる人の練習法、スイングの考え方、コースマネジメントはどっち? 「二択クイズ」に答えながら最短最速のスコアアップ法が楽しく身につく本。」

【例題】
◎ドライバーは、(A)飛ばす練習をする (B)飛ばさない練習をする
◎クラブは、(A)縦に振るもの (B)横に振るもの
◎練習は、(A)ドライバーから打ち始める、(B)ウェッジから打ち始める
◎練習グリーンでは、(A)短い距離を多く打つ (B)長い距離を多く打つ
◎スタート前の練習は、(A)スイングを考えない (B)必ずスイングをチェック
◎ミスしたときは、(A)スイングを見直す (B)アドレスを見直す
◎アプローチは、(A)振り幅で距離を調整 (B)見た目の距離感でスイング

<著者略歴/中井 学>
「1972年(昭和47年)大阪府生まれ。14歳からゴルフを始め、高校3年時に日本ジュニア出場。その後アメリカに留学。シトラスカレッジ(カリフォルニア州)では大学選抜として活躍。永住権を得られず、アメリカでのプロ転向を断念し1997年帰国。2003年よりプロコーチ活動開始。これまでに数多くの選手の初優勝、初シード入りに貢献する。ツアーに帯同すら傍ら、2009年より本拠地を東京に移しレッスンを展開。プロ、アマ問わず、多くの悩めるゴルファーの駆け込み寺となっている。」




ワシが今まで読んだ中井学さんの本は、全部池田書店の本ですが以下の通り、
「なぜプロはラウンド後に、アマはラウンド前に練習するのか?」と、
『ゴルフ「無駄な知識」を捨てる技術』 と、「ゴルフ パットシングルになる!」 の3冊です。

全般的に内容は100切り・90切りのアベレージ対象の本を数多く出されていて、ワシにとってはチト軽い。
ただゴルフ上達本を買って読む層の中心は、このアベレージ層。出版社からすればターゲットに間違いはない。

しかし、中井さんは現在ゴルフ上達本で一番の出版数を誇るお方です。
たぶん、PHP研究所からターゲットは100切り・90切りのアベレージで、なおかつ本のタイトルに「シングル」を単語を入れてくれって要請されたと思うんだけど、中井さんもあちこちで色々書きすぎて、もうネタが不足しているような気がするな。(笑)

というのも、いくらわかりやすいっても、シングルになれるのはどっちって!?自己テストのような本はないと思うが。(笑)
そんな単純に分類してもねぇ。ネタがないので、今までの分を使い回ししているような印象を受けたな。

「シングル」って単語を入れるだけで、中上級のような本に思えるし憧れもありで、売れやすい本の定番なんだろうな。
内容的には全然そんなことはないのだが。

一番最初の問題「練習は(A)ドライバーから打ち始める、(B)ウェッジから打ち始める」で言えば、
ドライバーもありだけど、大きなクラブからは引き算式の練習になり距離感が身につかない。短いクラブからクラブの番手ごとのキャリーが等間隔になるかの足し算的練習が必要。ウェッジから打ち始めるのが正解とのこと。

「(A)テークバック中はボールを見ている、(B)テークバックの始動でクラブヘッドを見る」では、
クラブヘッドを目で追うのは腕や手に依存している証拠で、テークバックは胸を右に回すだけでいいと単純に考えれば、アドレスの目線が変わりにくくなるとのこと。

ただこの例題ではワシも異論があって、ボールなんてじっと見てるなんてないんじゃなくてボンヤリ見てる方がいいんじゃかな?
ボールをじっと見つめてボールロゴがキッチリ見えたら打つのは、緊張して足が地についていない時ぐらいじゃないのか?

う~む、よく考えたら中井さんの本は今迄一冊も買ってない。
パラパラ立読みして買うまでもないと全部図書館で借りたな。だって内容が軽いからお金がもったいない。(笑)

まっ半年たっても誰も書評の一つも書いてないぐらいだから、内容は推して知るべし。

え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★です。(満点は★五つ)

あと今年は2~3冊は書評を書けそうですが、
さ来週ぐらいになって、ある程度仕事のかたがついたら、飲んで歌って爆発するぞーーーーー!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)