珍しく続けて書いてるようだけど、オヤジの寿命が長くて今月いっぱいと医者から言われている。

オヤジは自分の好きなように生きてきたし、もう十分長生きしたので問題はないが、
ただ喪主になるワシの仕事が詰まっているので、段取りを考えておかないといけないわけで・・・・

え~次のゴルフ本はネットで、ひょんなことからその存在を知った、36年前の古いゴルフ本の書評です。

petenshi.jpg
ペテン師どもに乾杯 (ハヤカワ文庫 NV 223) 文庫
ロビン・ムーア (著)、宇佐川 晶子 (翻訳)

早川書房刊  1980年5月

<内容>
「おやじの仇をやっつけろ!石油の採掘権を騙し取り、父を死に追いやった、にっくき男ロイ・ロビンソン。仕返しを誓った息子クリフは一大作戦を練り上げて、戦争が終わるや、採掘権の奪回を開始した。相棒は軍隊で知り合った天才詐欺師、手段は競馬、カード、ゴルフ、クラップス、ボクシングーあらゆるギャンブルのいかさま勝負だ!しかしこの作戦の仕上げには、相棒も驚くとっておきの一手が用意されていた!第2次大戦直後のアメリカ各地を舞台に繰り広げる絶妙華麗なペテン劇。恋とスリルを織り交ぜて描く痛快クライム・ノヴェル!」

<著者/ロビン・ムーア>
「1925年、マサチューセッツ州ボストン生まれ。2008年死去。第2次大戦では米空軍に所属。49年ハーバード・カレッジ卒。その後ベトナム戦争などを取材。テレビ初期にプロデューサー、脚本家、ディレクターをつとめ、1956年にそれらの体験を生かした処女作「Pitchman」を発表。以後フィクション、ノンフィクションをとりまぜた作品を出版。代表作「フレンチ・コネクション(69年)」、「グリーン・ベレー(65年)」等で両作品とも映画化された。」




この本はシド・レヴィンのオリジナルストリーを元にロビン・ムーアが書き上げたコンゲーム(信用詐欺)小説です。

それも36年前という結構昔の本で、なおかつその当時の文庫本なんで文字がビッチリ詰まってます。(笑)
何の因果でこんな昔の文庫本を読まないといけないのか?と少し億劫でしたが、なんとか二晩で読み終えました。

簡単にあらすじを書くと、舞台は第2次世界大戦直後のアメリカで、詐欺師の父親から詐欺の教育を受け天才詐欺師であり弁護士でもある主人公クリスが、騙されて死んだ父親の仇を打って復讐をする話です。

ただその相手が海千山千のベテラン詐欺師・ペテン師達。
一筋縄ではいかない手ごわい連中です。(笑)
                            
アメリカ各地に住むそのペテン師たち一人ひとりから、亡き父の油田の採掘権利書を奪回するために、仕掛けたゴルフ、競馬、カード、クラップス、ボクシングという様々なギャンブルのいかさま勝負の騙しあい。
主人公のクリスは子供のときからカードの天才であり、ゴルフは15歳でハンディ0のスクラッチプレーヤーであり、若くして弁護士となり、まずは陸軍の法務監室に勤務し、そこで相棒のピートと出会い、父の復讐のために詐欺テクニックを披露して資金作りをしていくわけです。

そして物語中には様々なギャンブル勝負が登場するのだが、ゴルフのいかさま勝負が何度も出てきますので、ゴルフなミステリ小説と言って過言ではないと思います。

ゴルフの賭けは、最初は戦争が終わり軍隊を除隊する前に、上官たちとのでかいニギリ勝負ですが、今まで2年間この日のためにヘタを装ってきた仕掛けで勝ち、もう一つ最後の賭けでゴルフボールを600ヤード飛ばすというとんでもない賭けをして大儲け。

そして、次は憎き宿敵の老練な取巻きペテン師達とのゴルフマッチ。
そのマッチでの対応が騙され騙して、そして騙して気に入られるというよく練った仕掛けで、
おまけが宿敵の美人の娘と付き合うことになる。(笑)

そしてゴルフ場を経営する次のペテン師との対決では、その時にはクリフの実力もハンディ0と知れ渡っていたために、何日も前から仕込んだ片腕の凄腕素人ゴルファーと組んでの18ホールマッチ勝負。

ベテランペテン師どもを騙すので、非常に練られた仕掛けとトリックが秀逸です。
ワシのようなゴルファーでも納得のトリックなんで、痛快なエンタメ小説を読んだような気になりますね。

またゴルフ以外にも競馬、カード、クラップス、ボクシングなど卓越したトリックと仕掛けでペテン師達を騙します。
本当にギャンブルの仕掛けのスケールの大きな面白さには驚かされますな。

まぁ最後のラスボス的仇敵ロイ・ロビンソンとの騙しあいのドンデン返しは、そこまで読んできてるんで流れは読めますがね。

え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★★です。(満点は★五つ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)