えーと、10月中旬から11月一杯は激務が続くので、休めるうちに休んでおかないと体力が続かないわけで・・・

だから昨日もパチに出陣の予定だった。
先月は好調で結局約23諭吉勝ったので、現在ゴルフよりパチの方が優勢になってます。(笑)

しかし、昨日親戚が死んだので早朝より夫婦でバタバタして、結局午後3時間しかできず4千円勝ち。
今日も通夜、明日も葬儀なんで今日できるかは現在不明。



え~次は真面目に恒例のゴルフ本書評のまとめです。
基本的には3ヶ月ごとにまとめていたんだけど、4月から読んだ作品が少なくなったんで4-9月期としてまとめます。

結局23冊読破です。結局1~3月は12冊なんで、2016年は現在合計35冊。
2009年105冊、2010年48冊、2011年79冊、2012年45冊、2013年42冊、2014年58冊、2015年72冊だから、
今年は少ないようですが、もう絞りに絞った雑巾みたいなもんで、もうアップアップです。(笑)

どんなジャンルの本でも読むなら可能ですが、ゴルフ物に特化してるので、現在は前人未踏の領域。

書評ブログなんて世の中に掃いて捨てるほどあって、1日1冊読んでる人もザラで珍しくない。
そんな中で独自色を出そうと思えば、誰もやらない狭いジャンルを究めるしかないわけですが、

しかし、数合わせに、読みたくもなく面白くもないゴルフ本を義理で読みたくないという自負はある。


まぁいいや。そんなことはどうでも良くて、ゴルフ本の書評まとめ(平成28年4~9月期)

 評価 ジャンル    タイトル  著者
★★★スイング「なぜアナタは女子プロより飛ばないのか?」松吉 信 
★★★ルールコラム「マイク青木のゴルフルール事件簿」マイク 青木
★★★対談「杉原輝雄の枯れないゴルフ杉原輝雄、井関 真
★★★伝記「ゴルフ翔ぶが如く 赤星四郎・六郎兄弟の生涯」早瀬 利之
★★★自伝「ゴルフ一筋 宮本留吉回顧録」宮本留吉
★★★クラブ「今どきクラブの最新スイング理論―ゴルフの常識を疑え! !」関 雅史
★★レッスン「頭のいいゴルファーの習慣 ゴルフと深く、長く付き合うための上達指南書」金谷多一郎
★★★レッスン「考えないアプローチ」石井忍
★★★メンタル「ゴルフメンタルゲームに勝つ方法 スコアアップの最終結論」マイケル・T・ラードン
★★★自伝「不退転 尾崎直道 魂の自伝」尾崎直道
★★★スイング『強いインパクトから考えた! 今より飛んで曲がらない「自然体」スイング』三浦辰施
★★★レッスン「ナイスショットの法則 (にちぶんMOOK) 」あまくさ とあそ、張 慶二郎
★★★レッスン「飛ばなくても「パー」を取るゴルフ道」井戸木 鴻樹
★★★レッスン「本番に強くなる!アヤコ流 ゴルフがもっと楽しくなる45の心得」岡本綾子
★★★スイング「練習はインパクトゾーンだけでいい! 」栗林保雄
★★ゴルフ辞典「GOLF ゴルフ 本」ジョアンナ・リアル・シェパード、ナオミ・マシュー
★★★小説「遥かなるオーガスタ-若き獅子たちの旅立ち 」金住 年紀
★★★自伝「ゴルフから学んだ誇りある生き方―18ホールの中に、人生のすべてが集約されている」ゲーリー・プレーヤー
★★雑学「なぜゴルフ場は18ホールなのか ビジネスに使える、どうでもいい数字の話」 小野 博明
★★★小説「オーガスタの罠」三好 徹
★★★レッスン「最後の壁があっさり破れるウェッジワークの極意」永井 延宏
★★★エッセイ「アメリカゴルフの舞台裏」唐沢 憲正
★★★小説「ゴルフ場殺人事件」斎藤 栄

評価的には★3が20冊、★2が3冊という結果でした。
まぁ読む前にある程度選んで読んでるために、★1のような駄作はないです。

そこで今後は★での5段階評価にするのはやめて★3で評価することにします。
★がダメ及びもう少し、★★が普通及びまずまず、★★★が良本・お勧めとの評価に変更します。

まぁ過去に★5の評価を与えた本はなかったので、この3段階の方がやりやすい気がしますね。


それから色々考えたんですが、この期間のお勧めゴルフ本は、
宮本留吉の自叙伝「ゴルフ一筋 宮本留吉回顧録」にしたかったが、この本はなんせ30年前の本。

なかなか手に入りにくいので、お勧めしても読むのが困難なので、
マイケル・T・ラードンの「ゴルフメンタルゲームに勝つ方法 スコアアップの最終結論」にします。
81O2obxlrFL.jpg

ただ今回は「ワシのおすすめゴルフ本50冊」に追加するような本はなかったな。

そこで、この期間にせっかくですので、
8月25日87歳で逝去されたゴルフ界の巨星のアーノルド・パーマーの自伝をこの機会に読まれることをお勧めします。

その本は、ワシはだいぶ前に読んだのだが、中島常幸プロの愛読書でもあって、タイトルは、
アーノルド・パーマーの自伝「わがゴルフ闘争記」(共著/ジェームス・ダッドソン)です。
91499105.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)