やっと体調が戻ってきた。
先日の3連休は色々なことがあって非常に疲れたな。
特に10日なんて、息子の嫁の実家の秋祭りで、昼から夜9時までぶっ通しで呑み続けたもんな。

今度の土日は仕事だが、ゴルフの練習には必ず行く!と誓うワシだった。続く。



え~次はゴルフ本書評コーナーです。
結構新し目の本で、トップアマからシニアプロになったあの田村尚之さんの本です。

tamuraakirameru.jpg
田村流「あきらめる」ゴルフ 田村尚之 (著)
ゴルフダイジェスト社刊 2016年8月

<内容>
「ゴルフにセオリーはいらない!気持ちよく振ればいいんです。

前傾姿勢を保つ、体を捻じる、左手リードなど、
「ゴルフのセオリー」といわれるものに、しばられ過ぎていませんか?
実は、それが上達の妨げであり、無理な動きで体を痛める原因でもあるのです。

長くゴルフを続けたいなら、「無理をしない」「がんばらない」がいちばん! 
自然に立ち、「左向け左!右向け右!」の要領でスウィングするだけで、遠心力が働き、気持ちよく飛ばせるのです。

2016年レッスン・オブ・ザ・イヤーを受賞し、現在もシニアツアーで活躍している田村尚之プロの「超効率的ゴルフ」を、
マンガを交えて楽しく詳しく紹介します。」

<目次>
第1章 遠心力打法の基本 いかに気持ちよくスウィングできるかが大事ゴルフは定理や事実で考えたほうがやさしい、他
第2章 飛ばしと球の操り方 ドライバーからパットまで構えは変えない飛距離に悩んだら道具を調整してみる、他.
第3章 グリーン周りの攻め方 アプローチはフェースでボールを運ぶように打つアプローチの打ち方は1種類だけでいい、他.
第4章 田村流 トラブル解決術 フェアウェイバンカーもかかと体重で打つバンカーショットは「水切り」の要領で!、他.
第5章 田村流 心と体の整え方 スタート前の練習はしない「タムちゃん体操」で柔軟性と筋力を保つ、他.
第6章 Q&A 18ホール .コラム 「田村ゴ録」 ショットはすべてロブショットドライバーとアイアンの整合性をとる、他

<著者/田村尚之>
「プロゴルファー。ダイクレ所属。1964年、広島県生まれ。東京理科大学卒業。会社員ゴルファーとして長年アマチュアゴルフ界で活躍し、日本アマ23年連続出場、日本オープンローアマ(94年)、日本ミッドアマ2連覇(2002、03年)など数々のタイトルを獲得。アマチュア時代のハンディはプラス5.6。13年に49歳でプロテストを受け一発合格、プロ転向。14年にはシニアツアー参戦1年目にしてシード権を獲得し、15年シニアツアー賞金ランキング5位」






田村さんの本は、上杉隆氏との対話方式で、週刊ゴルフダイジェスト連載「がんばらないからうまくなった。」(2009年5月~2010年3月)をまとめ再構成した「がんばらないから上手くなった。 (ゴルフダイジェスト新書) 」を読んで★4つの高評価をつけた。

tamuraganba.jpgこの本はなかなか斬新的でワシには面白かったな。
ただ書評を読むと賛否両論ですが、これは上達を求める本というよりマンネリゴルファーターゲットですから。

で、今回の本は週刊ゴルフダイジェスト連載「脱力サロン」(2015年2月~2016年3月)とマンガ誌ボギー連載「田村ゴ録」(宮城シンジ作・2015年8月号~2016年5月号)をまとめ再構成したものとのこと。

しかし、前作に比べ、マンガを取り入れて面白そうに構成はされているが、前作ほど面白くなかった。
たぶん、前作ほどワシにとって目新しさがなく、逆にターゲットがアベレージ寄りになっていて退屈でした。


もしかしたら前書が気に入らなくてレッスン的なゴルフ上達を求めるアベレージには、こっちのほうが良い可能性もあるが。


田村さんのスイングの特徴は「かかと体重で遠心力を使って飛ばす。」ことです。

この本の中での特徴的な言葉として、

【シャットフェースに上げ、トップでは右脇が開いている「フライングエルボー」
そして切り返しは上げた右ひじを右脇の背中側に下すだけ。】

【グローブのサイズは20センチで握力は両手とも40キロに満たない非力。
サラリーマンだったから極力ゴルフをシンプルにするため、全ショットがロブショット。】

【オフの1月~3月はラウンドも練習もしない。シーズン中は週1のラウンドと練習、週1か2でジム。】

【3パットを恐れては1パッともありえない。ミドルパット以内は薄めに強く。】  などなどです。

ただ非常に興味があったのが、柔軟性と筋力を保つ「タムちゃん体操」
可動域が狭くならないように肩回りと股関節を伸ばすストレッチを毎晩しているらしい。
これは中年のワシには非常に興味があったのだが、スペースが小さすぎましたな。残念。

50過ぎたら、ゴルフはスイングうんぬんより、体力作り、ストレッチ、それからクラブです。(笑)

それから田村流ゴルフ最終理論である、
【ゴルフスイングに正解はない。自分に合ったスイングを見つける自分探しの旅。
スイングで直せるのはアドレスだけ。スイング中に意識できるのはせいぜい1ヵ所。
大切なのは「自分で考える」こと。】
 かな? 

これはベテランのアマチュアには良くわかります。

え~ワシのこのゴルフ本の評価は★★です。(★3の3段階評価)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)