仕事の山でバテバテの中で19日に息子の結婚式、そして20日も休日出勤。
ほんまに疲れが溜まって溜まって、ユンケルやアリナミンを飲みまくったけど、あと25日が無事に終われば落ち着く。

え~結婚式と披露宴のことは、まぁノーコメントとします。(笑) 書くのが面倒くさい。



そこでポケモンのナイトウォーキングですが、
疲れと結婚式などがあって金土日と休んだが、昨夜の月曜から再開しました。

オッサンであるワシの「ポケモンGO」の状況を1か月ごとに書いていて、今回が4か月後になります。

ただポケモンGO、20代の利用率が激減〜やめた理由は「つまらないから」が最多を読むと、
pokemonreser.png
正直、今更ポケモンを真面目にやっているのは中高年のオジサンだけという結果がでていた。(笑)

ポケモンGO、中高年がハマる理由 若者は去ったのに…
ポケモンGO、まだやってるのは「中年だらけ」? 10、20代のプレー率「激減」を読んでみると、その理由がわかります。

【国内でのアプリ配信が始まるやいなや、瞬く間に「社会現象」となったゲームアプリ「ポケモンGO」。そのサービス開始から約4か月が経ったいま、10代と20代の若者の「利用率低下」を指摘する調査結果が出たことが話題を呼んでいる。

継続的なプレーヤーは23.7%

 インターネット上では、こうした調査結果が明らかになる前から「若者のポケモンGO離れ」を指摘する声が数多く上がっていた。そのため、ネット上の反応も「やっぱり」と頷くものがほとんどだ。

■10代の40%以上がプレーを止めた

 調査はソフトウェア開発会社のジャストシステムが行い、2016年11月16日に結果を発表した。スマホを所有する10~50代の男女を対象としたインターネット調査で、アンケート期間は11月10日から14日まで。1106人が回答した。「ポケモンGO」をはじめとした位置情報アプリの利用実態について尋ねたものだ。

 こうした調査で浮き彫りになったのは、若者を中心とした「ポケモンGO離れ」の実態だ。

 「ポケモンGOの使用状況」の設問をみると、以前プレーしていたが「今はしていない」と回答したのは全体の31.4%で、「継続的に利用している」の23.7%を上回っている。こうした傾向は10代で顕著で、44.7%がプレーを止めたと回答している。

 また、今回の調査では「ポケモンGO」の国内配信が始まった7月下旬の調査との比較も実施。その結果をみると、若年層と年配層ではゲームの「離脱率」に大きな開きが出たことが分かる。

 最も落差が大きかったのは20代。プレー率は7月の60.7%から29.9%へと激減した。10代の数字も54.2%から19.5%に落ち込んでいる。その一方で、年配層のプレー率の低下は全体的にゆるやか。とくに30代は継続的にプレーしている人の割合が多く、7月(25.5%)と11月(23.0%)の差はたった2.5ポイントだ。

 若者はすでに「ポケモンGO」に飽きている――そう読み取れる今回の調査結果を受け、ネット上で相次いだのは「やっぱり」という反応だった。ツイッターやネット掲示板には、

  「ポケモンGOやってるのは若くない人ばっかり」
  「都内だとポケGOやってるの本当に中年だらけ」
  「街歩くと年寄りほどポケモンやってるのに遭遇しまくる 万歩計ゲームみたいなノリなんだろ」

といった声が数多く出ている。一方で、「逆に50代の継続率がここまで高いのもすごい」「2割もやってりゃ凄いと思うんだけど」といった声も出ていた。

「ゴールが見えないから飽きる」

 実際のところ、「ポケモンGO」の人気は「長続きしない」とする予測はサービス開始直後から出ていた。その際に多くの指摘が出ていたのは、プレーヤーをゲームに惹きつける要素に欠けている、という問題点だ。

 こうした指摘はおおよそ間違っていなかったようで、アプリの配信から時間が経つにつれ、ネット上には「飽きてきた」との書き込みが目立つようになった。ツイッターには、

  「ポケGOはゴールが見えないから飽きる」
  「完璧に飽きた。 だって捕まえるだけのゲームなんだもの」

といった投稿が数多く見つかる。

 また、今回の調査では「ポケモンGOを辞めた理由」についても尋ねている。その結果、最も回答率が高かったのは「つまらないから」の53.3%。次点が「バッテリーの消費がはげしすぎるから」(40.9%)だった。

 そのほか、「電車など人の目につくところで『ポケモンGO』を開くことが少し恥ずかしいと思う』という質問に対しては、全体の52.1%が「あてはまる」(21.8%)か「ややあてはまる」(31.3%)を選んだ。さらに10代の場合、42.9%が「あてはまる」と答えていた。】




確かに夜に街中をアイテム補給のため約3kmウォーキングしているのだが、人影がグッと減った。
寒いのもあるのだが、ブームが去ったのはワシはヒシヒシと感じている。

が、これがウォーキングのモチベーションになっているのだから、これをしないでウォーキングをしろって言われても自信がない。

20161121dell.png 1122po.png


4か月後のワシの現状はレベル32の半分弱ってところ。
142種類ポケモンの制覇してから目標がなくなって、ボチボチマイペースで惰性でやってます。
ただ今は少しダレ気味です。(笑)

特に田舎じゃ若い者も中高年ももうやっていないような気がする。

田舎にはポケモンGOは不公平です。都会との格差が非常に大きい。その理由として、

①ポケスポットが少ないから、補給もできないし、ポケモンの出現率が低い。
②レアなポケモンが全くってほど出現しない。だから限界を感じる。
③田舎では車が足です。100m先のコンビニに行くのも車、通勤も車。まず歩かない。
 そのため卵を孵化するために歩くとか、30km以下でないとアイテムが補給できないなんて無理。


この先は不明です。まぁ適当にしますわ。(笑)

と思っていたら、明日からまたイベントがあるというお話がありましたので、少しテンションあがりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)