え~ポケモンの状況は現在222匹ゲット(レベルは36の107.4万/200万XP)。
もう停滞ムードですが、田舎でマイペースでしてるので仕方ないな。(笑)

それから、昨日は週1の恒例ゴルフ練習140球。
14日の今年初ゴルフに向けて練習しているんだけどね、最近持病の腰痛が出てきて今一つ。
夜のウォーキングは大丈夫なんだけど、ストレッチに支障が出てるな。現在湿布張ってます。



え~次のゴルフコミック(漫画)評は、またまた古い、34年前のゴルフコミックです。
これが懐かしく思えるのは50代後半以上のおじさん達かな?

shibi11.png
「小池一夫のザ・シビゴルフ」 
小池 一夫 (著)、芳谷 圭児 (イラスト)
 小学館刊  1983年5月 



この古いゴルフコミック(漫画)は、コミック原作界の巨匠ながら、なかなか金銭的トラブルも多い小池一夫氏の絶頂期の作品です。

ゴルフコミック(漫画)評を細々と書きつらねているワシのブログでも、当然のことながらゴルフコミック(漫画)界の巨人小池一夫先生のことも色々書いてきてますな。
例えば、「拝啓 小池一夫先生 いかがお過ごしでしょうか?」とか、小池一夫「狼の夜話 俺、劇画、40年 [Kindle版] 」とか。

今回久々のゴルフコミック(漫画)評を書くために読んだのが、この大変古い「シビアゴルフ」。
昔に読んだような記憶があるのだが、正式に感想を書いてなかったので、かなり古い本ですが読みました。

これはあまりに昔過ぎてよくわからないのだが、色々調べてみると、1985年の2巻までは週刊ポスト連載だから出版元の小学館で。しかし、同じく2巻が1986年1月スタジオ・シップから出ていて、1986年3月3巻から1986年5月5巻までが小池書院、1986年5月6巻がスタジオ・シップとあるものがある。

どうも2巻までは週刊ポストに連載していたから出版元の小学館から出ているのだが、その後小池氏が作ったスタジオ・シップ(現・小池書院)から1986年1-5月に全6巻として再登場したような感じがするな。
そしてまた1989年にも「シビ・ゴルフ」が出ているのは、たぶん自社の1987年からゴルフ雑誌『アルバトロス・ビュー』を創刊し、そこでも連載してきたからのような気がする。

そこで小池氏のHPでこの「ザ・シビゴルフ」連載のことを調べてみると、

●「シビゴルフ 青筋立てて」(芳谷圭児)
     【掲載】週刊ポスト/1981年7月~1985年10月
●小池一夫のシビ・ゴルフ(芳谷圭児)
     【掲載】サンデー毎日(毎日新聞社)/1986年9月~1987年4月
●小池一夫の至美ゴルフ(芳谷圭児/やまさき拓味)
    【掲載】アルバトロス・ビュー/1987年4月16日号~1991年2月
●至美ゴルフインテリジェンス(芳谷圭児)
    【掲載】ビジネスインテリジェンス(インテリジェンス出版)/1989年7月~1991年2月 とのこと。

小池さんはゴルフ雑誌「アルバトロス・ビュー」の発行(毎日新聞社発売)やゴルフ関連書籍の発行し、1995年にスタジオシップから小池書院に社名を変更とのことなので、それ以前はスタジオ・シップ名義であるのが当然なので、その時代に小池書院とあるコミックは、間違いもしくは初版ではなく後年の増刷版のようか気がする。

それから、この本を読んでみると、タイトルの「シビ」とは「ゴルフにシビアに挑むことであり、かつまたシビれること」と巻頭に説明があり、あとがきには1981年(昭和56年8月7日号から1983年(昭和58年)2月18日号週刊ポスト連載分とあります。

そして内容は、出版社・漫画家・金田正一・長嶋茂雄・大橋巨泉・戸張捷・名球会・杉原輝雄などの有名人から、新クラブやスイングのコツから薀蓄まで描いたノンフィクション風のゴルフコミックです。
小池氏と画の芳谷圭児さんが漫画の中に主人公で語り部として登場して、ゴルフに関するお話を面白おかしく描いていますな。

「ゴルフの原点、ゴルフ愛を、ヒトの輪を通して喚起させるゴルフコミック」との紹介コピーもあるようで、著者とゴルフを通じた著名人たちの人間模様を描いているわけです。

shibi22.png shibi33.png

それで、このコミックを読んでみたら、懐かしいエピソードもあり、やはり昔むかしにワシは何度か読んだ記憶がありました。

そして色々よみがえった記憶の中には、後期から日本全国の政財界の「ホールインワンの輪?」とかいう流れがあって、ウチの会長もこの漫画に登場したことがあったことを思い出したな。

ちなみに、小池一夫ゴルフコミックでは最高作の「上ってなンボ!!」シリーズは、

●「キンゾーの上ってなンボ!!」(叶精作)  
   【掲載】週刊サンケイ/1984年9月6日号~1986年7月31日号連載
●「新上ってなンボ!!太一よ泣くな」(叶精作)  
   【掲載】アルバトロス・ビュー(小池書院・毎日新聞社)/1987年4月16日号~2004年1月
●「新々上ってなンボ!!太一よ泣くな」(叶精作)   
   【掲載】アルバトロス・ ビュー/2004年1月~2009年10月22日号

1987年ゴルフ雑誌「アルバトロス・ビュー」(毎日新聞社発売)を発行し、その目玉としてこの「シビ・ゴルフ」や「新上ってなンボ!!太一よ泣くな」などの漫画を連載していたわけです。またゴルフ関連書籍の発行も数多くあり、ワシも今までかなり読んで書評書いていますな。
 
なお、ウィキペディアによると、「至美(しび)ゴルフ」は、TBSテレビ「小池一夫の至美ゴルフ」・サンテレビ「週刊至美ゴルフ」・広島テレビ「小池一夫のシビ・ゴルフ広島奮戦記」として、テレビ化(TBSとサンテレビはほぼ同時期に放送)されている。
なお、同名番組だが、内容はそれぞれ全く異なり、また、ゴルフに関する情報をまとめたもので、原作となった劇画とは大きく異なる。」との注釈がありました。

まぁあの当時のゴルフ模様が楽しく描かれていますので、時代を感じさせるとともに今でも気楽に読めるゴルフコミックでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)