え~クソ暑い中で毎晩20時頃から大汗をかきながらウォーキング(withポケモンGO)をしてます。

恒例のポケモンGO1ヵ月ごとの経過の現状ご報告ですが、明日でちょうど1年、
え~とうとう1周年を迎えました。よー続いたな。


去年の7月末からウォーキング(withポケモンGO)を始め、途中2週間2回ほどスマホの故障で出来ず。

それから相変わらずウォーキングの友として淡々とやってますが、
現在レベル39(141万XP/500万XP)の232匹で変化無し。


レイドバトルがはじまったけど、ワシら田舎ではジムにボスポケモンが出現しても、
ほとんど誰もバトルするヤツもいなくて、虚しくボスポケモンが鎮座してます。

ワシも3000XP(+アイテム)目当てに、たまに時間が合えば★とか★2までの弱いポケモンとはバトルするけど、
ワシ一人で★3や★4のボスポケモンには勝てるわけもないな。ムナシイな。

まぁ、ポケモンGOについてはあまり話すことがなくて、あのピゴサも7月23日で閉鎖になるし、
あとは最終レベルの40だけが目標です。(寂)




え~ポケモンGOについては変化がなくて書くこともないので、練習中のカラオケのこと書いてみます。
過去に書いたように、カラオケ趣味なんで、同世代のオジサンとは違い、色々な曲に挑戦してます。(笑)


今までにも下記のように色々カラオケについて書いていますが、
「中年カラオケ事情(ワシの場合)」「奥さんがいない夜に一人カラオケ。」
「おじさんのカラオケレパートリー+3曲でOK説」
NHKのど自慢チャンピオン大会の優勝曲「化粧(清水翔太カバー)」 を練習中!

ワシのカラオケはウケル曲と歌いたい曲を練習してるわけで、
基本は車で通勤途中に何度も流して歌って、たまに一人カラオケで練習してます。(笑)

yosokono.png


ウケル歌として、住友生命ワンアップCM.で有名な
2015年11月発売の竹原ピストル作詞・作曲の「よー、そこの若いの」




とかく忘れてしまいがちだけど
とかく錯覚してしまいがちだけど
例えば桜やらひまわりやらが
特別あからさまなだけで
季節を報せない花なんてないのさ

よー、そこの若いの
俺の言うことをきいてくれ
「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。」

よー、そこの若いの
君だけの花の咲かせ方で
君だけの花を咲かせたらいいさ

とかく忘れてしまいがちだけど
とかく錯覚してしまいがちだけど
例えば芸能人やらスポーツ選手やらが
特別あからさまなだけで
必死じゃない大人なんていないのさ

よー、そこの若いの
こんな自分のままじゃいけないって
頭を抱えてるそんな自分のままで行けよ

よー、そこの若いの
君だけの汗のかき方で
君だけの汗をかいたらいいさ

よー、そこの若いの
俺の言うことをきいてくれ
「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。」

よー、そこの若いの
君だけの花の咲かせ方で
君だけの花を咲かせたらいいさ

君だけの汗をかいたらいいさ




そして、もう1曲は古いけど、気持ちよく歌いたい曲として、
尾崎豊の「Forget-me-not」です。

3枚目のアルバム『壊れた扉から』(1985年)に収録されていたバラード曲で、
2001年4月 「OH MY LITTLE GIRL」と両A面でシングル発売された有名な曲です。
    
この清水翔太のカバーバージョンを練習してます。
もう何回か人前のカラオケで歌ってるんですが、もう少し精度を高めようとしてます。

清水翔太のカバー曲は原曲より、カラオケで歌いやすいので、オッサンながら(笑)、
「化粧(中島みゆき)」、「白い恋人達(桑田佳祐)」、「366日 feat.仲宗根 泉(HY)」なども歌います。

この「Forget-me-not」(フォーゲット・ミー・ノット)は、
本家尾崎豊より、清水翔太のカバー曲の方がメロディラインが歌いやすいんだよね。
まぁ軽いから尾崎ファンは怒るかもしれないけど、この尾崎豊の原曲は重すぎてカラオケじゃ歌えんもんな。(汗)




小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて
流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人
窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた

幸せかい 昨晩のぬくもりに
そっとささやいて 強く君を抱きしめた

初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの
空をいつまでも さがしてた
君がおしえてくれた 花の名前は
街にうもれそうな 小さなわすれな草

時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど
僕の胸でおやすみよ 二人の人生
わけあい生きるんだ
愛の行く方に答はなくて
いつでもひとりぼっちだけど

幸せかい ささやかな暮しに
時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた

時々僕は無理に君を 僕の形に
はめてしまいそうになるけれど
二人が育くむ 愛の名前は
街にうもれそうな 小さなわすれな草

行くあてのない街角にたたずみ
君に口づけても

幸せかい 狂った街では
二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる

初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの
空をいつまでもさがしてた
君がおしえてくれた 花の名前は
街にうもれそうな 小さなわすれな草




で、本家尾崎豊の方はカラオケなんぞでは歌えんわ。魂のこもった歌だもんな。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)