あ~あ、なかなか思い通りにならないもんだな。
月末のミッドパブ選予選に向けて猿のように練習しなきゃいけないのに出来やしねえ。


せめて素振りでもって思っていたが、今日も9時前に仕事を終えて帰宅して飯食ってたら10時過ぎるもんな。腹がこなれるのを待っていたらやる気が失せてくる。せめてストレッチだけして寝よう。


土曜のラウンドではDrは友人のアドバイスで復活のキッカケがあったが、狭いコースなので大事な3Wのティショットが左にヒッカケフックOB3発。それに相変わらず寄せの精度が低くてリズムに乗れねえや。







今日の映画は、あまり事前に映画評を読まないのでなんとなく勘で期待して選んだDVD

デート・ウィズ・ドリュー [DVD]デート・ウィズ・ドリュー [DVD]
(2007/06/22)
ブライアン・ハーズリンガードリュー・バリモア

商品詳細を見る

う~む、観た後読んだ他の映画評はおおむね好評ですが、私はどうももう一つの感じでしたな。

手持ちビデオカメラのためブレやライティングが雑なのを逆手にとって臨場感を出したドキュメンタリータッチの映画なんすけど、コメディタッチの映画にはこの手法は馴染めないな。

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」みたいな時間限定のシリアスなものと違ってコメディタッチの内容だと、どうも綿密に笑いとか反応を計算して撮っている感じが拭えない。たぶん私だけか?(笑)

監督・主演のブライアンは若い時のジム・キャリーみたいで表情豊かで前向きで良いんだけど、個人的にはあの毛深さが馴染めない。(笑)

ただドリュー・バリモアは非常に可愛いし、チャーリーズ・エンジェルプレミアパーティのシーンは結構良かったと思うが、なんせブライアンがキタナイ。しつこいか?(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)