昨夜は100切りに燃えてるにーちゃんと練習120球。
そして今夜も仕事帰りに一人で練習125球。

別に燃えてるわけではない。
23日の月例にも出ないし、次のラウンド予定は今のところ10月6日のお気楽ゴルフだし。


昨夜は100切りに燃えてるにーちゃんがあまりしつこく教えてって頼むので、気分が向いて今までのホメから少し方向転換。

私は教えるほど上手くはなく自分のことで精一杯だし、100切りレベルでスウィング云々もなかろうし、例え教えたとしても彼が地味で退屈な練習を地道に努力するとは見えなかったので今まではほとんど教えてなかったのだが。

でも教えたっても、数ポイントだけと考え方だけ。(笑)


それより自分の目の前の蝿を追えない。
が、昨夜も今夜も数球しか打たなかったが、もう売却寸前のDrが何故だか以前ほど曲がらない。WHY?別にスウィングを変えたわけでもないのに。








さて、今日のDVDは、
ストーン・カウンシル [DVD]ストーン・カウンシル [DVD]
(2007/09/07)
モニカ・ベルッチカトリーヌ・ドヌーヴ

商品詳細を見る


モニカ・ベルッチとカトリーヌ・ドヌーヴという新旧美女競演映画で待望のモニカねえさんの新作。っても2005年公開。

「クリムゾン・リバー」のジャン=クリストフ・グランジェの作品の映画化ということで期待はあるが、映画評を読めば非常に悪い。

       が、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱり面白くない。(笑)

出演者良し、原作者良し、だけど映画悪し!って感じ。
物語の展開がグダグダでスケールも小さい。

それに期待していたモニカねえさんのセクスィーヌードシーンも何これって?感じ。
セクスィーシーンで白目むかれてもねぇ・・・・・・・あんた、ねえ。。。

ただ、モニカファンなら色々面白いです。
珍しいショートカットに薄いメーク、新しいモニカさまのお姿を拝められて新鮮ですな。

今まで「ティアーズ・オブ・ザ・サン」のように例えジャングルの中でもメイクをキッチリしていたモニカ・ベルッチが自然なメーク。母親の愛情というテーマもあるので、ちょっとデブっとしたムチムチボディと質素なファッションが新境地へのチャレンジですな。

それにもう一つ、モニカ・ベルッチとカトリーヌ・ドヌーヴいう新旧美女の競演。
かつて映画界最高の美女と呼ばれたドヌーヴも撮影当時62歳。そして現代の最高のセクスィー美女モニカが37歳。
ドヌーヴもさすがに歳は隠せないが老いたりといえど今でも十分トップ女優。モニカも彼女のように今後女優人生を辿るような予感をさせましたな。ただモニカ様の場合は、かなりの歳になっても脱ぐような気もするが。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)