どうも痛みは移動するみたいで、腰の痛みが安らいだら今度は左胸が強烈に痛くなってきた。
深呼吸をしても少しかがんでも左を向いても痛い。


まっ、なんとか仕事はやっているけれど幸先悪い新年だな。(笑)

今月中旬ごろからゴルフ練習を再開しようと思っている。

例年初ラウンドは3月の東児が丘GCから始まるので、それまで地道な基本練習&トレーニングをやろうと思っている。
今年の練習テーマは「振り幅でなく体の回転スピードでコントロールショットを打つこと」でラインの出る球筋の習得かな?







ここで楽しみにしていた映画がDVDレンタル開始ということで、
ボルベール<帰郷>コレクターズ・エディション ボルベール<帰郷>コレクターズ・エディション
ヨアンナ・コバ、ロラ・ドゥエニャス 他 (2008/01/01)
ギャガ・コミュニケーションズ

この商品の詳細を見る

「オール・アバウト・マイ・マザー (1998)」、「トーク・トゥ・ハー (2002) 」、「バッド・エデュケーション (2004) 」のペドロ・アルモドバル監督がペネロペ・クルスのために作った映画で2006年カンヌ国際映画祭で女優賞と脚本賞を獲得した話題作。

これは女たちの映画。女は強いな。(笑)
女の気持ちが良くわかるホモのアルモドバル監督だから出来た作品ですな。

特にペネロペが非常に美しく素晴らしい演技をしていますな。
ハリウッド映画じゃただの美人って役しかやってないけど母国&アルモドバル作品じゃ別物です。大女優ですな。

特にレストランで料理をするシーンと「ボルベール<帰郷>」の歌を歌うシーンは監督の原色センスとあいまって美しさが際立っていました。

ただこの映画はハリウッド的な大掛かりなものは一切ない人間ドラマなので、ヨーロッパ映画が好きな人でないと良さがわからないかもしれないな。ラストの終わり方も余計に余韻を誘いますな。なかなかの作品でした。ハイ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)