まだ左胸が痛いので練習はしない。
で、ヒマなのでPに出勤?(笑)

それにしても疲れましたな。
10時間以上いて最終的に勝ったのはたった500円。
ゴルフに例えれば、最初はバーディがきたりして調子良かったのだが、結局やっと90を切ったって感じ。はぁ~疲れたな。







今夜TV「ブロードキャスター」で上田桃子の始動コーナーがありましたが、丁度読み終えたゴルフ本が、
ゴルフ 巧くなる人ならない人 (講談社+α新書 349-1D)ゴルフ 巧くなる人ならない人 (講談社+α新書 349-1D)
(2007/05/22)
江連 忠

商品詳細を見る


これは江連忠が上田桃子・諸見里しのぶに対する指導法を中心に、ゴルフを通じての人生論を書いてます。

これは今までの江連本とは違い、技術論・スウィング論はあまり解説してなく、江連氏が自分の指導法と考え方、そしてゴルファーとしての心構え・考え方によるゴルフ上達の分岐点などを優しく書いていますな。

第1章「心構え」自分の性格を知ることから始まる
第2章「トラブル」にどう対処する
第3章「ステップアップ」できる条件
第4章「成功」へのキーワード

この本は2007年5月発行なので、弟子の上田桃子の賞金王も諸見里のメジャー日本女子オープン優勝もこの時点では予想は出来ていない。が、この二人に対して教えていたことが正しいことが、二人の結果を見れば歴然である。

江連氏はあまり評価されないのだが、片山プロを賞金王にし上田桃子・諸見里しのぶを上記結果に導いたことを見ると、非常に優秀なコーチだということがわかる。
以前このブログで江連氏の本「確実に7打縮めるカリスマ江連 七つの知恵」の書評を書いて、近い未来に女子プロを賞金王に導いてまたそのプロセスを本にするであろうと私は予言したのだが、その通りになったな。(笑)

そういえば、最近坂田プロがしきりに坂田塾の時は上田桃子はこうだった、ああだったとか言ってますが、どうなんでしょうか?自分が育てたってことをアピールしたいのか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)