さっき某候補の決起大会に業務として参加してきました。
で、やはり私のブログでは政治的なことは書かない主義なのでその話題はスルーする。

先日の対抗戦の結果は、スコア・内容とも非常に不満足ながら、ダブルペリアというルールが幸いして非常に良い結果になりましたな。賞品はまだ手元にないが。(笑)

・・・・・どうも仕事が忙しくなってきた。

来週のコンペのお誘いも断り、月末のコンペのお誘いも今のところ不参加の方向。

で、練習が出きてないのだが、ゴルフ本やゴルフ・映画他のネタのストックが増えてきたので徐々に書いておかなければ消化できないので書いときますわ。別にどうでも良い風呂の中で屁をこいてるような内容ですが。(笑)





さて、ゴルフが下手になってきている原因だが!

それは第一には熱意がなくなってきていることだが、もうひとつは身体の不調だな。
つまり歳だってこと。いろいろ身体に変調が出てきているな。
しかし、前回のラウンドは何も身体に変調はなく万全でした。言い訳にしたくないもん。
ただ検索で来られるワードに腰痛・肘痛・踵痛などが多いので少しでも参考になればと思い書きます。


まず「腰痛」
これは万年腰痛持ちのため治らない。
30分じっと立っていても腰が痛くなるし、ギックリ腰は過去に何回も経験済み。基本的には左腰が切れなくてそのまま飛行線に押し出し受け止める形で痛みを伴うわけだ。つまり自己流の歪んだスウィング。生来の腰痛もちがゴルフを始めてガラスの腰持ちになったというわけだ。

今まで数え切れないほど整骨院に治療に出かけていたが、少し根をつめるとすぐ骨がずれる。
まっ、これはずっと長いお付き合いをしないといけない。



次に「肘痛」
いわゆるゴルフエルボーってやつ。

肘痛は以前からアイアンを打ちこんだ時にたまにビリビリと左肘から指先まで電気が走りしびれていた。それを繰り返していてあるラウンド時にウェッジが抜けなくてドーンと衝撃がきて壊れた。左の肘が痛くて何も握れない状態になり、クラブを握れるまで3か月近くかかった。その後はDrエルボーという肘痛緩和ベルトを上腕部につけてスウィングをして段々と治っていった。

ドクターエルボー 
ゴルフ肘
今では問題ないな。
知り合いの工房の片手シングル社長には、だいたいゴルフ肘をする人間は硬いシャフトを使い出すとなるって言われたけど、一理あるような気もする。
 


そして「踵痛」
これはゴルフと直接には関係ないかも知れないが。

これは右踵。朝起きると何故だか踵が痛い時期が続き、段々と長時間運転したりゴルフしたりすれば踵が猛烈に痛みだし、最後の頃には痛くて歩けない状況だった。
それで仕方なく病院でみてもらうと踵の軟骨が変形しての痛み「踵骨棘」。
その前にアキレス腱を痛めてその影響があったのかも知れないし、整骨院に言わせるとすべて腰痛から原因がきているとのこと。

治療は踵内部なのでどうにも出来ないので、普段の日常は靴の中に痛み緩和のインソールと毎夜風呂上りに患部にサロンパス貼り。半年ぐらい続けたらしほとんど痛みがなくなってきたのだな。

ソルボヒールカップ
ソルボインソール
別にどんなインソールでも良いが必ずインソールは必要だな。あきらめず治療すれば(非常に安くだけど)治る。今現在はなんともない。 


まっ、このへんのところはブログ3年以上の中で色々書いてきたし、今から思えば良い思い出だ。

でもやっぱりこれらの痛みの原因は不摂生と歳だな。
40代後半からは身体に色々ボロが出だしたもんな。 そこの不摂生のあなた!気をつけましょう!(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)