今日も練習290球。
知り合いにあって少しチャプチャプ言いながらいつもと同じ3W・6i・9i・SW。

今日の練習のお供は「パーフェクトローテーション」
パーフェクト
これは右手が悪さをすると打てない。久々に使ったがまあまあかな?
少し閃きがあったが、これはまた次回に練習しよう。


本来ゴルフの上達には、信頼できる片手ハンディの人かプロかインストラクターにレッスンを受け続けることが必要で、私もかつて何人かのプロやインストラクターに習ったけど、今の状況ではそんな定期的な時間が取れないので、こういう練習グッズを利用しているのだな。

プロにな習ってて上達しない人は、教えてもらったことを自習をしないか?練習しないか?どちらにせよ自分で考えよ!ってことだな。



私はおっさんだがコミック好きなんだな、
で、最近読み直したのが、ゴルフコミックじゃないけど、
ZETMAN 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)ZETMAN 8 (8) (ヤングジャンプコミックス)
(2007/10/19)
桂 正和

商品詳細を見る

現在11巻まで出てるけど、最新11巻の表紙は↓これだから、おっさんのオタクと思われてもいけないので(笑)
ZETMAN 11 (11) (ヤングジャンプコミックス)ZETMAN 11 (11) (ヤングジャンプコミックス)
(2008/12/19)
桂 正和

商品詳細を見る


と、amazonには最新25巻の表紙写真がなかったので24巻で、
GANTZ 24 (24) (ヤングジャンプコミックス)GANTZ 24 (24) (ヤングジャンプコミックス)
(2008/10/17)
奥 浩哉

商品詳細を見る



週刊ヤングジャンプ掲載の「ZETMAN 」は、作者桂正和の絵のセンスが上手いのが第一で、キャタクターデザインのこだわりの書き込みが気に入ってて、ストーリーも新たな生命体 Z・E・T とプレイヤーとの闘いシーンというのが見事なんだな。

ただ、おっさんのワシからすれば、このコミックのもう一つのウリの萌えが気に入らんのだが、出してる雑誌の読者層を考えれば、これもやむなしか?


もうひとつの「GANTZ」も同じ週刊ヤングジャンプ連載。
これも似たようなタイプのコミックに分類されるだろうけど、蘇らせられた死んだ人間を「星人」と呼ばれる正体不明の怪物と戦う任務で、そこに起きる死と戦闘シーンが見物。

登場人物の性格描写が見事で、ストーリー展開が読めないのが面白い。

ただ、どちらも掲載を待ってちゃ話の展開が遅いので、出版されたコミック本を読むのが正解だな。


え~と、私の息子が読むようなこんなコミックを読んでる私は、たぶん変ではなかろうかと。(笑)

それだけ日本の漫画文化がどの世代にも浸透しているだけで、読む気持ち・状況があるかないかだけ。どうでも良いけど。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)