土曜夜から腰が痛い。

寒い中で練習したからなのか?いつもの腰骨の違和感とズーンとくる重さ。

痛くて仰向けに寝れやしねえや。(笑)



今回はバランス上ゴルフコミックで、ゴルフコミックに関して追求するブログ(冗談ですよ)として紹介。
バーディーバーディー
バーディーバーディー 1 (1) (月刊マガジンコミックス)バーディーバーディー 1 (1) (月刊マガジンコミックス)
(1992/11)
中西 やすひろ

商品詳細を見る


月刊少年マガジン連載 1992年2月号~1994年3月号で、月刊マガジンコミックス 全6巻 中西やすひろ作品。

月刊少年マガジンなんてマイナーなマンガ誌なので、「なんと孫六」「海皇記」は以前は連載読んでいたが、最近読んでるのは「鉄拳チンミ」だけ。

でもゴルフ漫画で6巻も出ればたいしたものです。まずまずの連載ですな。

内容は簡単に書けば、中3の小暮大介が最初バカにしていたゴルフに魅入られ熱中して猛練習し、初ラウンドでその飛ばし屋の才能を自覚して、その後大介のために手作りでコースを作ってくれた先生のいる高校に進学し、関東ジュニアに出場するって流れ。

以前、先生がゴルフコースを手作りで作るあたりを連載で読んだ記憶があるが、全編を読んだのは今回が初めて。

で、結構読めます。
まっゴルフ漫画にありがちのありえないほど難解なホールが続くのはご愛嬌ですから。(笑)




ところで、このタイトルを聞いて思い出したのが、作やまさき十三・画芳谷圭二の「バーディ・バーディ」全10巻、双葉社アクションコミックス。 

1985年ごろの作品だから画像もマンガも見当たらないけど、主人公ジョージだったか?が青木プロを彷彿させるプロからもらった5番アイアンで賭けゴルファーになり、試合と恋に負けて逃亡し、アメリカで修行して帰ってくるというスジ。

なんだか時代を感じさせるゴルフコミックでしたな。

たぶん昔(若いころ)に読んだマンガは印象に残りやすいということですかね。



まっ、いい歳こいたオッサンが、こんなふうにゴルフコミック(マンガ)にまつわることを書いていきます。
いつまで続くのかは誰も知らない。本人さえわからん。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)