GWだが、別に家族で行くところもない。

なので、ヒマ。(笑)

ただ食っちゃ寝てのメタボ育成生活。


で、ヒマなのでゴルフ練習へ。

アプローチをメインに150球打ったが、どうも長いアイアンとウッド関係の球が上がらない。
そんなに悪くはないのだけど球の高さが出ないので面白くない。
う~む、やはりオッサンにはDGシャフトがきつくなってきたのか?


明日もヒマながらも期待のTV番組があるので観る予定。

『日テレでは7日からのワールドレディス・サロンパスカップを盛り上げるために、ニュース番組「ZERO」とのコラボを企画。同番組キャスターの小林麻央(26)と、大会初Vを狙うポーラ・クリーマー(22)=米国=がゴルフ対決を行い、開幕2日前の5日午後3時55分から「ZERO×GOLF」として特番を放送する。対決に向け小林は今週、美人プロの辻村明須香から特別レッスンを受けるという。』



まっ、そんなことを前フリにしていつものゴルフ本書評コーナーへ。
ゴルフの言霊―ゴルフ名言集〈2〉ゴルフの言霊―ゴルフ名言集〈2〉
(2008/06)
久保田 滋

商品詳細を見る

久保田滋氏の前作「ザ・ゴルフ―ゴルフ名言集」から2年後の名言集第二弾。

雑誌ALBA連載「緑のことば」第494号~507号を中心に、前作で取り上げていない名言の数々を書いているのだが、これは前作の有名な名言集とは違い、比較的新しい現代の有名プロ(ニクラウス、パーマー、プレーヤー、タイガー、AONなど)の言葉が中心になっている。

ただ、いかんせんその「ゴルフの名言」がほとんど面白くないのである。深みがないのである。

現代プロの名言が中心となっているために、前作の先人達のユーモア・エスプリなどの面白味と深みが感じられないのある。ふ~ん、あっそう!って感じの名言ばっか。

前作は摂津茂和氏、夏坂健氏の本から引用した名言の数々があり、久保田氏が英訳したわけではないので無断引用のマナーとして参考文献を記すべきだと書いた。特に夏坂氏が亡くなってから、著作権のグレーゾーンになっているようなこういう本を堂々と出版する神経が気に入らなかった。

せめてお二人にお礼ぐらい書いた方が良かったので、前作は内容以前に全然評価していないな。

今回は前作と違い、他の著作からの引用した名言の数々がなく、その意味ではマナーは改善されているのだが、現代の生存しているプロの言葉が多く、あんまり面白くないのだな。

聞けば、著者は前作発表後に脳内出血で倒れゴルフは出来なくなってしまっているらしい。
それなのに出版社から前作が意外に好評で次作の依頼があったので、病気のこともあり思い入れも少なくて今回は出来がよくないのだな。(作者談)

しかし、あえて、この本の中から1つだけ良い名言を選べば、
青木功プロの「ゴルフの技術は出来たのは終わりではなく始まりなのだ。」だな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: 「ゴルフの言霊―ゴルフ名言集(2)」

え~、このタイトルのことは忘れた。(笑)

今週末初ラウンドですか?
遅いねぇ。あんまりゴルフしていないのかなぁ?
笑い話のネタ待っています。(笑)

URL | dell ID:-

Re: 「ゴルフの言霊―ゴルフ名言集(2)」

なんだか懐かしい気もするタイトル。。。

私もメタボGWでした。(笑)
渋滞の中出掛けてった人は凄いと思うよ。

今週末はなんと今年初のラウンドです。
全然練習もしてないし、いくつ叩くんか想像もつかんです
こんな時は迷言が生まれるかもね…。

URL | Rui ID:mQop/nM.[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)