「昨日の書き残しの日記から」


左足の薬指の痛みの原因がわかった。

先日健康診断があって糖尿病も痛風もなく健康と診断され、それじゃって靴が原因か?って気づいたんだけど、以前から靴の中に踵痛対策用にインソールを入れていて指が圧迫されたようでした。


ということで今日の土曜日は朝から洗濯をしてゴルフの練習へ。

アプローチメインで後はFWを少し打ち込み。アイアンは調子が良いので少しだけの計200球。
DRを打ってないのは、もう今のDRは見限って現在新ドラ納品待ちってとこ。

そして午後から久々にパチヘ。
なんとか1パチだけど25,000発ほどゲットしたが、1パチは疲れるね。(笑)



それでは毎度おなじみの地味に細々続けているコーナー「レトルトカレー対決」

今回は少し毛色を変えてご当地カレー対決!! パフパフ!! 少し恥かしいが(笑)

「千葉 房総ポークカレー 中辛 」200g 315円
千葉房総
PRコピーによると、
「千葉で生まれた柔らかな房総ポークを多種類のスパイスで煮込んだこだわりのポークカレー(レトルト)です。水と緑の豊かな自然に恵まれた千葉県生まれの豚肉ブランド、房総ポーク。肉質はくせがなく、柔らかな食感が特徴。その房総ポークを5種類の野菜と多種類のスパイス、チャツネ、リンゴピューレ、トマトペーストのカレーソースで煮込み、香り高く仕上げました。」とある。


対するカレーは「愛媛 じゃこ天カレー 中辛」200g 315円
じゃこてん
このPRコピーは、
「愛媛特産のじゃこ天の旨みがきいた和風カレー(レトルト)です。瀬戸内海・宇和海で獲れた新鮮なじゃこを骨ごと石臼ですり潰し、すけそう鱈のすり身を加えてつくりあげたじゃこ天は、ぷりぷりした食感、小魚の美味しさがまるごと生きています。そのじゃこ天を絡みの効いたソースで煮込んだ個性派の和風カレー。魚の旨みが口の中で広がります。」とあります。

   
    この勝負の行方は?


え~、実は買ってみてから築いたのだけど、このご当地カレーはどちらも同じ会社の製品。(笑)

ということで非常にカレールーの味が似ている。っていうか具材によって若干変えているような感じ。
つまり、そうなると、どちらがおいしいかっていうよりどちらの具材がすきかってことになる。(笑)

房総ポークカレーの具であるポークは柔らかいが歯ごたえがあって味がしっかりしている。ただ辛さが少し薄いのが不満。

愛媛 じゃこ天カレーのメインの具であるじゃこ天の食感がモゴモゴ。味も形もはっきりしない。じゃこ天本来の味が薄い。しかし、辛さは後になってくる辛さでルーはこちら。

ただこのシリーズのカレールーの特徴が非常に好評価です。かなりうまいレベルです。


となると、具の差になってしまって、勝者は「房総ポークカレー」
             
            まっ、どうでも良いが。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)