左のブログパーツの「国盗りカウンター」。(再来は数えないカウント)

ほぼ1カ月がたち、やっと最後の高知県からも訪問者が来て47都道府県すべてから来場。
しかし、高知と山陰の鳥取・島根はやはり人口が少ないのかな?
まっ、こんな無愛想な独り言ブログに1日平均百数十人以上来てもらっているから文句は言えないが。(笑)

それにしても、土曜のラウンドは本当になにもかもが調子悪かったな。
GDOのスコア管理に2002年から90ラウンド分すべて入れていますが、まだ平均スコア86ということで以前の貯金に助けられていますな。

ハンディもダダ下がりで今が16、最盛期GDOで9、Gサークルで8。。。。落ちるばっか。
それにしても7年間でラウンド90回ということは年平均12.8回か?やっぱ月一ゴルファーですな。(笑)

今までゴルフ歴20数年で年間最多ラウンドは21回。その頃が一番調子良かったな。
上手くなるには短期間で集中ラウンドが必要ですな。私は20数年間のゴルフ歴でも総ラウンド数は300回以下だろうな。




言い訳はこれぐらいにして(笑)、今日のゴルフ本は書店で見つけて立ち読みしたゴルフ本。
すんません、立ち読みです。(汗)
爆笑!?キャディの真実―ゴルフがもっと楽しくなる!爆笑!?キャディの真実―ゴルフがもっと楽しくなる!
(2008/12)
小桜

商品詳細を見る

「キャディさんの本音」って佐藤えいちプロが帯で推薦文。

出版社の紹介は
「キャディになるまでゴルフ場でラウンドしたこともなかった著者が、キャディとして仕事を始めたが…。失敗あり、笑いあり、感動ありのエピソードをコミカルに綴ったエッセイ集。ゴルフに詳しい人も、そうでない人も、お客様に楽しく接する著者の姿を垣間見ることができ、元気をもらえる一冊。暑い日も、寒い日も、広いホールの中、ボールを追って空を見上げ、風を感じながら日々奮闘する様がすがすがしい。」

え~、作者はどこのゴルフクラブのキャディさんか書いてませんけど、読めばよくわかります。

そうです。岡山の瀬戸内海がよく見える有名T。(なぜコース名を隠すのかわからないが)

私もこのコースに通算10回はラウンドしてますので、色々なエピソードがよくわかりますね。

例えば、13番の池に落ちた客とか4番の右の小屋にスライスしてぶち当てたとか。(笑)
その他、岡山弁の「えー」、というのがアプローチの「A」なのか?クラブはいらないの「えー」
なのかとか、スケベな客、そしてあそこは毎年男子トーナメントが開かれていたのでトーナメントのキャディの話とか王子の話とか本当にキャディさんの本音の本ですな。

ただ、どういうルートで普通のキャディさんの話が単行本化されたのかその経緯はよくわかりませんな。

以前このブログでも紹介したキャディさん本の「キャディーさんのナイショ話」とかもお話は大変面白いのですが、普通のキャディさんの本がなぜ出版できたか?不明ですな。出版業界も不況で売れそうな本でないと難しそうですが・・・・。
それがわかるとブログ界によくいらっしゃるキャディさんのブログも出版可能かな?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)