忙しくてゴルフする気がしない。
明日もイベント立会いだし。

とか言いながら今週も火曜も木曜も一杯飲んで帰宅だ。でも金ないから安~いとこ。(笑)


で、このへんで、このブログで一番適当に書いてるコーナー
「一人レトルトカレー対決!!」パフパフ!!

前回に続きご当地カレー対決。

KOBE鉄人PROJECT MCC食品「美味豪傑 中華風カレー 神戸三国志伽哩」 200g ¥420
三国志

「中華の上質なスープ上湯をベースに、八角や山椒など中華を代表する香辛料とごま油、ねぎの風味を加えて仕上げたカレーソースと甘辛く味付けた豚肉、大きめな野菜が作り出す味の大河ロマン。」とパッケージに説明があります。

味は、豚肉と大きめな野菜の食感が少し変わっている。
そして独特なトロミ味。これが中華風なのか?

普通のカレーと違い、舌に少し残る風味は香辛料とゴマ油のせいかな?それが人によっては好き嫌いが分かれるかも。

神戸出身の漫画家横山光輝氏の「三国志」のイラスト入りパッケージが変わっているな。
この売り上げの一部を地元神戸に「記念館」と「鉄人28号の巨大モニュメント」建設・管理のための募金として寄付されるらしい。

余談だが、この漫画「三国志」は昭和47年から昭和62年まで「希望の友」(潮出版社)で連載され、全60巻累計発行部数は7,000万部という長編大作で、私も好きな作品ですな。


対するレトルトカレーは、
二幸 「軽井沢欧風カレー 中辛」 200g  504円
軽井沢カレー
「軽井沢欧風カレー 中辛 200g」は、信州産和牛の旨みが溢れるカレー(レトルト)です。まろやかな辛さにブイヨンの旨みとコクを加えた欧風カレーソース。さらに、信州産和牛と信州産のエリンギ、ぶなしめじのシャキシャキした食感がお楽しみいただけます。甘味と辛みのバランスがとれた本格的なカレーです。」とのパッケージ説明。

二幸の地方名産カレーシリーズはソースが特徴があってなかなかのカレーです。
ただ、逆にいえばこの地方名産カレーシリーズの違いは具だけになってしまうような気が。

カレーらしいカレーといえばやはりこちらだな。エンリギとぶなしめじの食感も良い。
信州和牛にはあんまり特徴を感じなかったが・・・・・


で、この対決は、二幸 「軽井沢欧風カレー 中辛」の勝ち!

三国志カレーはちょっと中華風にこだわりすぎていて、レトルトカレー本来の旨さで言えば、やはり軽井沢カレーに軍配をあげるな。やはりカレーソースが決め手ですな。

知り合い数人に「レトルトカレー食べ比べ」をしているって言ったけど、ワシは味のわからん人間として仲間内では有名なので味比較は信用はないっす。(笑)

しょせんヒマネタなんで。(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)