まっ、巨乳のことは置いといて、今日もゴルフ練習へ。

ただ左手首の痛みが激しくなったので、アイアンはティアップし、寄せとR9の打ち込み150球。
なかなか体調がベストにならないのはオッサンだからでしょう。
そして偶然練習場で会社の者と会ったのでチャプチャプとゴルフ談義をしたりして。



このブログは巨乳も取り上げるが、本来はゴルフ本、ゴルフコミック、ゴルフ映画をメインに書いているので次のゴルフコミック紹介をば。

「ホアー!!小池さん」
小池さん
ホアー!!小池さん (1) (King series―ゴルフアルバコミック)

小池書院の「ALBATROSS-VIEW増刊号」のアルバゴルフコミックに連載(平成13年1月号からアルバゴルフ漫画に誌名変更)。平成13年3月号まで掲載。

説明PRは、
「―――ラーメン箸をクラブに持ち変えて、突如ゴルフに目覚めた小池さん。でるか!スーパーショット!?ゴルフに対する情熱は人一倍、正体不明のアマチュアゴルファー「小池さん」が巻き起こすゴルフストーリー。」

「正体不明の奇怪ゴルファー「小池さん」。興奮するとついつい一方的にゴルフ講釈を始めてしまう程のゴルフ狂。 時には素人も嘲笑するド素人ぶり、時にはプロも真っ青のプロフェッショナルぶり。 小池さんのゴルフの本当の腕前を知る者はいないが、ゴルフに対する熱意はいつも揺らぐ事はない。 コースで知り合った「多振玉雄・31歳・サラリーマン」と共に、今日も様々なコースで様々なゴルフを展開。」


作者藤子不二雄A先生は無類のゴルフ好きで知られゴルフ漫画『プロゴルファー猿』が有名です。

このラーメン大好き小池さんを主人公に、ゴルフへの溢れる思いとバカぶりをコミカルに描いていますね。薀蓄を垂れだすと止まらなくなり、50インチドライバーやヘンテコパターやシュミレーションゴルフとか基本はお笑いなんでしょうが、ゴルフに狂った人間がハタから見ればおかしいというという漫画です。

で、この主人公の小池さんが集中して打つ時に出す「コンセントレーション」って言葉と画が急に漫画のタッチが変わって線画になるというのがおかしいですな。

コンセントレーション
まっ、ヘタクソなんでミスもでるのですが。(笑)

たぶん、この主人公小池さんは、コミック界では無類のゴルフキチガイである藤子不二雄A先生の分身でしょうな。結構ギャグマンガとしても隠れたゴルフコミックです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)