左手首の痛みもひかないので、練習もする気にならず。

8月のお盆にラウンドの予定は決まってるが、50yのアプローチ以上は手首が痛いので練習もストップ。練習不足のため9月の県民ゴルフ予選もパス。

なかなか体の調子がままならぬ。(笑)




ところでブログはこのニュース一色ですが、祝!藍ちゃん米ツアー83戦目に初優勝!

07年後半からはドライバーショットが真っすぐ飛ばない大スランプに陥り、藍ちゃんの強みである「いつでもテンポが変わらないスウィング」が乱れた。
が、今季は14戦で予選落ちなし、トップ10入りが7度という安定感を見せている。


まっ、遠からず優勝の予測はあったな。

と言うのも、このコーナーでも紹介した2008年7月発行のゴルフ本「I am here.―「今」を意識に刻むメンタル術」に力強い言葉があったからだ。

「スコアはコントロール出来ないが、自分のゴルフを貫く態度。過去を憂うことなく、今この瞬間目の前のショットにいかに集中できるか?」

「もう少しの間、結果よりプロセスを大切にしていいですか?いずれアメリカで優勝します。 」という自信を取り戻した藍ちゃんがいたから。



まっ、そんな講釈を垂れながら、宮里パパのゴルフ本の紹介。
心の強いゴルファーをつくる! (「静筋」ゴルフ革命)心の強いゴルファーをつくる! (「静筋」ゴルフ革命)
(2006/12)
宮里 優

商品詳細を見る

GD新書の宮里パパ「静筋」ゴルフ革命」シリーズ 2006年12月発刊。

私は以前に宮里パパの「沖縄発ゴルフ世界流」という本に続きこの本も読んでいた。
が、書くタイミングをなんとなくなくしていたのだが、この優勝で書評をやっと書けるな。(笑)

これは基本的に週刊GDに書いたものを本にしたもので、今となっては少し古さを感じるが、宮里三兄弟で一番人気のある藍ちゃんの写真を多く使っている本ですな。

第1章宮里流「基本」のおさらい
第2章最大飛距離を引き出そう
第3章ショートゲームの精度を高めるには
第4章「静筋」を働かせた練習方法

宮里流は上半身2軸、下半身1軸という非常にオーソドックスな教え。
静筋=静かなる心がテーマです。
  
この中でドキッとしたのは、早食いする子はゴルフがうまい子はいない。という言葉。
ワシは早食いでドカ食いなんで。(笑)

非常に真面目で宮里家の強さがわかる本ですし、プロを3人も育てた実績があるわけですから説得力がありますな。

ただ、パパの人柄をあらわして真面目すぎる内容のため、ワシはアルバ連載の「漫画レッスン宮里道場」の方が面白いかな?というのも正直な感想です。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)